« このブログのイラストについて | TOPページへ | 風のガーデン 第1話 »

2008年10月09日

● 七瀬ふたたび 第1話


「七瀬ふたたび」第1話を見た。




録画に失敗し 前半分、見損なった。^^;


そこに「小日向文世」が出演していたらしいが 見逃した。


「七瀬ふたたび」は筒井康隆の傑作シリーズのひとつで 30年近く前に発表された作品であり、懐かしい。


七瀬ふたたび

主演の「蓮佛美沙子」


「蓮佛(れんぶつ)」という名字が珍しいので 前から名前だけは記憶していたのだが、いざ出演作は…と記憶していたのは大林宣彦の「なごり雪」


なので、ついでにキャプを…と、思ったら「なごり雪」は「須藤温子」が主演で いつのまにか記憶が混じっている。^^;


で、ネットで検索してみたら…


大林宣彦が2007年にリメイクした「転校生」の主役だったのね。^^;


この映画は 最初から見る気が無いので、未だに見ていないし これからも見る予定は無いのだが、なんで覚えていたんだろう?


で、そのネット検索で「蓮佛美沙子」の出演作を検索したところ…


バッテリー

バッテリー

バッテリー

2007年に公開の映画『バッテリー 』における「矢島繭」役の女の子


で、ビックリしたのは 2007年にリメイク公開された「犬神家の一族」にも出演していたとあり… 早速、調べてみたら


バッテリー

たしかにエンドロールに女中役で名前がある。


でもねぇ… この映画、大好きで何度も見直した映画だから 相当、細かい所まで覚えていた自信があったのだが、女中って深田恭子しか思い出せない。


なので、再見したところ…


バッテリー

映画の初めの方で 遺言状を読みに犬神家に参上した金田一と古館弁護士を案内する女中が一瞬だけ映るシーンを見つけた。


キャプを見れば判る通り この映像だけでは断定出来ないが、他に該当する場面がないので きっと、これで間違い無い。


資料によると これが彼女の映画デビューという事だそうだが、ほんの一瞬とはいえ 我が敬愛する横溝正史先生が原作で 市川崑監督の遺作となった映画がデビュー作という事は とても名誉な事だと誇りに思って欲しい。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『小日向文世』関連の記事

コメント

こんにちは。七瀬ふたたび私も見ました。
どこか見覚えがある風景と思ったらこのドラマも松崎町でした。

★ つっちー さん

>このドラマも松崎町でした

へぇ…

終わりの方の電車の中から以降しか録画出来てないので 判りませんでした

ブタネコさん 以前メールを送らせていただいた事はありますが
一応 初めましてです。

このドラマは偶然観ていたのですが松崎町繋がりでもうひとつ
サイコパス?の力がある少年の役名は「ひろせあきら」でした、
原作を未読などで小説の方はどうだかわかりませんが
妙に興奮してしまいました^^;      

★ けんしろう さん

こちらこそ はじめまして コメントありがとうございました。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。