« きよしとこの夜 in 塚本高史♪ | TOPページへ | 女子大生会計士の事件簿 »

2008年10月26日

● フレフレ少女


先日、映画館で「フレフレ少女」を見てきた。




フレフレ少女

フレフレ少女

公開前から それなりに予想がついた、青春ドタバタ・コメディである。


フレフレ少女

フレフレ少女

フレフレ少女

フレフレ少女

フレフレ少女

フレフレ少女

フレフレ少女

フレフレ少女

フレフレ少女

なので、内容について いちいち文句を言うつもりは無い。


…というか、私は この映画の後半を見ていて


フレフレ少女

フレフレ少女

応援団に扮する「新垣結衣」の応援動作型が 何とも言えない程、見事で 物語なんかどこかにブッ飛んじゃうぐらいに視覚的に惹き付けられたしまった点。


ここだけは どうしても褒め讃えておきたくて記事にした次第だ。^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『新垣結衣』関連の記事

コメント

映画を見ました。
私は尋常ではない新垣ファンのため、舞台挨拶の新垣を見に行ったと言っても過言ではなく。
まず、可愛い新垣の魅力は引きだされていないことに全く憤慨しながら応援演舞のカッコよさに「さすが」と思って帰ってきました。
しかし、連れが見つからず連れ出した70代の母親の全く冷静な『感想はない。見る人の立場で感想が変わる、コレは青春映画だ』の目線に衝撃を受け。
もう一度一人で見に行って青春目線で見てきて泣きました(笑)。
初回にも真面目に見たのに、最後の新垣の感涙の意味がわからないほど何かに血迷っていました。
いや、ちゃんと見ないとファンなんだから。と思ったくだり。
しかし肉体訓練なんかどの程度しているか不明なのですが、なんて新垣はできる女優なのだと思いました。

★ 朱鷺野つばさ さん

良かったですね。^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。