« 客のステイタス | TOPページへ | 医者のI »

2008年09月08日

● 扉は閉ざされたまま DVD版


「扉は閉ざされたまま」というタイトルのDVDを入手したので見た。




扉は閉ざされたまま

このドラマの原作に関して 実は、以前「扉は閉ざされたまま」という記事を掲示した事がある。


で、その記事でも述べた事だが サスペンスとしては一風変わっていて興味深く面白いが 殺人の動機に説得力が全く無い…という奇妙なアンバランス作品。


特に ヒロインの女の子の性格や考え方に違和感というか 理解し難い部分があり、それを映像化する際に どう見せるのか興味があったので このDVDを見た。


で、そのヒロインを演じたのが


扉は閉ざされたまま

「黒木メイサ」なのだが、私には 率直に言って この子にはナンの魅力も感じず、ゆえに もう、その時点で期待はずれなDVDとなる。^^;


が、しいて言えば


扉は閉ざされたまま

「和田聰宏」が また、これまでに彼が演じて見せたキャラとは違う 新たなキャラを見せてくれたのが 最大の救い。^^


それと、もしかしたら記憶違いかもしれないが 原作とこの映像はラストが微妙に違う…というか、原作のラストに対して映像が「その後」を付け足した…感があるのだが、これに関して見た感想を 映像の制作者達に率直に言うとするならば


「つまんねぇ見方しか出来ずに原作を扱うアホが作った映像で カッコつけたふりすんな」


と、言っておきたい。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『サスペンス』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。