« 不肖・宮嶋 戦場でメシ喰う! | TOPページへ | 車の中で聴く曲(別バージョン) »

2008年09月10日

● 車の中で聴く曲


「よく車の中で聴いてる曲は何ですか?」という御質問が寄せられたので応えるついでに思い出した事を記してみる




今から30年近く前、私の人生の中で 初めて運転した左ハンドルの外車はベンツの560というタイプ。


見栄っぱりなベンチャー会社の社長が特注でフル装備にした車で 当時の水準として無駄と言っても良いぐらい内装は異様に豪華 車載電話はもちろんの事、後部座席にはマッサージ機能の付いた総革張りのシートに缶ビールが4本冷やせる小型の冷蔵庫、ビデオデッキにモニター そして、今では普通と言えるCDデッキだが、カセットデッキが標準だった当時においては 車載CDデッキなんてまだ見た事が無い代物だった。


しかしながら、そんな贅が尽くされた車が納車されたのと その社長の会社の経営が急激に悪化したのがほぼ同時で 納車されて2000kmも走らぬうちに会社は倒産した。


その会社に対する債権を持っていた運送屋のNさんを筆頭の喫茶「職安」の常連さんたちが 債権回収に乗り出し、まず最初にNさんは そのベンツに目をつけ、


「ちょうど、乗る車が欲しかったから これ頂戴」


と、O弁護士を代理人にして取り上げたのだ。


その頃、私は東京でのサラリーマン生活を辞め、喫茶「職安」の常連さんたちが「屯田兵のご隠居」の遺産である不動産や債権の管理をしていたする仕事を引き継ぐ為に 札幌に戻って自分の会社を興し、登記上は私が社長で Nさんが専務だったのだが、容貌や人格 それに人脈など 全ての面においてNさんが社長で私は お付きの秘書にしか見えないし、実際 私は勉強中の身だったから 私はいつもNさんやOさんの運転手兼使い走り役として そのオッサン達から薫陶を受ける日々を過ごしていたので、必然的にNさんが取り上げたそのベンツは私が運転する羽目となったのである。


まぁ、それだけの車だった事もあるしNさん自身が強面の人だったから 債権者として債務者のところに乗りつけたり、銀行やヤクザを相手に交渉に出向く際には この時の560なんてベンツは実にうってつけの車だった。


が、まぁ、今回は車の話をしたいのでは無く 車の中での話をしようと思う。




Nさんは 元々、長距離運転手として身を興した人で Nさんが現役の運転手だった頃は まさに東映映画「トラック野郎」の時代で 多くの長距離運転手達は 運転中にラジオから流れる曲を歌手と一緒になって大声で歌うのが好きな人が多かった。(ジャンルは特に演歌)


だからなのであろう、Nさんも普段の自分の愛車に 自分の好きな曲のテープを10本入るケースいっぱいに詰め込み、積んでいた。


で、私が先に述べたベンツでNさんの運転手をする事になった時 Nさんは


「俺の好きな曲の殆どが まだCD化されてないんだよ

 だから、どこかの車屋に頼んで このベンツにカセットデッキを付けてきてくれ」


最先端の機器揃いなのに そんな事を平気で言う剛胆な人だった。^^;


で、時折 Nさんが打ち合わせの途中に私用で買い物をする時など 私はベンツの中で待つ事が多く、そんなある日の事 Nさんのお気に入りの曲ってどんなのだろうと 車に置いてあったケースを開けてみると…


まず、「えっ?」と思ったのは「世界のマーチ集 演奏:陸上自衛隊中央音楽隊」というタイトルで、入っている主な曲は「星条旗よ永遠に」「威風堂々」「タンホイザー」など


他にワグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」やラヴェルの「ボレロ」など オーケストラやブラスバンドの曲が半分以上を占め、長距離運転手御用達の演歌は一本も無く、日本人の歌手によるテープは「森繁久彌」の一本だけで Nさんらしいなぁ…と思ったのは 軍歌のテープが一本入っていた事だ。


まぁ、好きな曲というのは人の好みであるから 私がとやかく言うのはお門違いの話ではある。


で、ベンツに乗り出してからしばらくして…


何処かへと向かってNさんを乗せて車を走らせると Nさんはケースの中から


「よし、今日はこれにしよう」


等と独り言を言いながら 自分で選んだテープをデッキにかける。


それが、ヤクザとの打ち合わせの時は「ワグナー」を聞きながら まるで指揮者にでもなったかの如く両手を振り回し、債務者を追い込みに行く時は口でリズムをとりながら「マーチ」、そして債権者集会の時には「軍歌」をかけて一緒に歌う…というパターンがある事に気がついた。


なので、その事について 私はある時にNさんに聞くと…


「まぁ、判りやすく言えば ムードづくりだな^^

 ヤクザ相手の時は 勇壮な気分になる為にワグナーを聞く

 債務者を追い込む時は 自分のテンションを上げる為にマーチ

 債権者集会は 言わば戦場だから軍歌しか無いべ」


と、さも当然と応える。


これね、後年になって 実際にやってみると「なるほどなぁ…」と本当に思った。


変な例えかもしれないが…


昔、「タイガーマスク」というアニメがあり、そのテーマ曲の歌詞に


「虎だ!、虎だ!、オマエは虎になるのだ!」


と、自己暗示にかかれとでも言う様な台詞がある。


ヤクザ如きに迫力負けしてなるものか…


「ワルキューレの騎行」や「ニュルンベルクのマイスタージンガー」などを聞きながら指揮者になったつもりで手を動かしていると その気になってくるから不思議だ。^^


「ワルキューレの騎行」


「ニュルンベルクのマイスタージンガー」


「威風堂々」


「歩兵の本領」


「月月火水木金金」




さて…


Nさんのケースの中には そういった曲の中にあって一本だけ 異色とも言える「森繁久彌」


これをどういうタイミングで聴くのか 好奇心でNさんに聞いても 最初、Nさんは何も応えてくれなかったのだが、数年後 O弁護士が亡くなった時に その理由が初めて判った。


Nさんにとっての「森繁久彌」は 友人が死んだ時に偲んで聴く曲だったのだ。


   参考『森繁久彌「知床旅情」

   参考『森繁久彌「海ゆかば」


これって、人生のBGMという捉え方にもなるのかな…


だから、凹んだ気分の時には明るい音楽を聴いて紛らわせる…ってのも大いにアリだと思う。




今、私の愛車にはHDDのナビ・コンポがついているから 50数枚分のアルバムがセットされている。


このところ よく聴いているのは「Perfume」だが、Nさんが好きだった曲も入っている。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『喫茶「職安」の話』関連の記事

コメント

「月月火水木金金」懐かしい曲です。失礼しました。はじめましてzippotakaという者です。20数年前よく先輩期に声が枯れるまで歌わされたものです。私は昔は多分、ブタ猫さんの父上の相当後輩に当たる者だと思いますが、海に関わり有りますがどちらかというとブタ猫さんの義弟さんのように空に少し関わっていました。海に関係有りながら空に関わっていた者と致しましては、海に関係有りながら空に関わり始めた頃よく先輩期に声が枯れるまで歌わされたこの様な曲には何故か異常に反応してしまいす。また宜しければこの様な歌を取り上げてください。そして若い頃には意味も分からず先輩期にどやされて歌っていた自分達同期や先輩、後輩を思いながら歌ったりしてみたいです。陸さんの歌は全く知らないのでまた機会が有れば取り上げてください。軍歌はどちらかといえば世間の人より好きな部類だと思います。

★ zippotaka さん

こちらこそはじめまして コメントありがとうございます。^^

「軍歌」と聞いただけで眉をしかめる人がいますが、単なるひとつの曲として 何故、味わえないのか不思議に思います。

多分に主義主張の問題では無く、先入観とかイメージから そういう受け止め方になり、嫌悪感へと繋がる… その点を眉をしかめている方々に再考願いたいと思う次第です。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。