« リアル鬼ごっこ DVD再見 | TOPページへ | HAPPY!(8月29日放送) »

2008年08月29日

● 死神の精度 DVD再見


映画「死神の精度」のDVDを入手したので再見した。




【注意!!】


 この記事には作品ストーリーのネタバレが含まれておりますので 映画本編を未見の方は 先に本編を御覧になる事をお薦めします。


死神の精度

主演は…


死神の精度

「金城武」だが、まぁ、それに関してはさておき…


主な出演者は


死神の精度

「小西真奈美」


死神の精度

「光石研」


死神の精度

「富司純子」


死神の精度

「吹越満」


DVDを見た感想を一言で言えば「とても惜しい」


何が「惜しい」のか あくまでも個人的感想を述べると…


主役である死神を「金城武」 OL役に「小西真奈美」を配したのは悪くない、というか「小西真奈美」に関しては 意表をつかれてとても良い。(その理由は後述する)


が、それだけに 後半の老美容師役の「富司純子」 このキャスティングがイタダケ無い。


演出側は 極力、OLと老美容師を整合させようとした意図はなんとなく判る。


と、同時に 簡単にそれが実は同一人物である事がバレないように意図していたのであろう事も推察する。


けれども、「富司純子」という人は その期待を見事に裏切る棒なのだ。^^;


なんとなくなのだが、富司本人も その意図を意識している様な気は好意的に見れば伺える部分もあるのだが、彼女の棒ぶりは それを見事に場外にカッ飛ばし 蓮っ葉な物の言いとさえ思える台詞回しが 元歌手ではなく 元・緋牡丹のお竜である事しか出せていない。


が、そのせいか否かは別として 「光石研」と「石田卓也」が見せたヤクザは 久しぶりに良い任侠映画を見た思いがしたのは事実で、それに関しては作品全体の印象として良い方向に作用している。


つまり、全体を3つのパートに分けて考えると 最初のOLの部分は可もなく不可もなく 2番目のヤクザの部分はとても良く 最後の3番目でババァが台無し…という展開に感じたという事である。


私は伊坂幸太郎の書いた原作を読んでいるから 結果的に物語の時系列を知っている。


けれども、原作を知らずに映画を先に見た人は その時系列を知らないので、それをどう描くか…が重要なのだ。


ゆえに、最も大事な最後の部分にロボットと思える女の子を登場させたのも そういう理由なのであろうけど、ババァが緋牡丹のお竜で時代が止まっている某役者を起用してしまったが故に台無しとなった部分は大減点するしか無い。




さて、後述する…と述べた「小西真奈美」をキャスティングした事だが


死神の精度

劇中で小西真奈美は「藤木一恵」という歌手になる


で、映画のエンディングに流れる曲


死神の精度

「Sunny Day」


これが、なかなか良い。^^


だから、音楽プロデューサーである大町(吹越満)が言う台詞

  まだ、何にも影響を受けていない 歌うために生まれてきたような 本物の声だよ


この台詞に 大きな説得力を感じた。



だって、私は かねてより、「小西真奈美」の声が大好きだったからだ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『伊坂幸太郎』関連の記事

コメント

Sunny Day・・・原田知世バージョンもあればいいなって思ってしまいましたヾ(´▽`;)ゝ

★ Wen さん

たしかに、小西真奈美と原田知世の風貌や声質の相似を考えると そちらの方が魅力あるキャスティングと私も思います。

が、問題なのは カイデーとチャイチイ問題でしょうか?^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。