« 人のセックスを笑うな | TOPページへ | 純喫茶磯辺 »

2008年08月06日

● 大人の修学旅行2 奈良編(その3)


さて、そろそろ脂っ濃い部分を語るとしよう…




私がroadraceさんに ブタネコが奈良で行きたい場所として指定したひとつが


奈良

ここ。


奈良

そう、ここは 藤原君と小川先生の下宿先(外側のみ)となったところ。


この建物がある一帯は奈良の下町って感じの場所で 猛暑じゃなければまったりと散歩して廻りたいロケーションだった。


で、ここを訪れた後にroadraceさんが「近くに2ヶ所、行きたい所があるんで…」というのでついて行った最初の先が


奈良

酔っぱらった藤原君と小川先生が一服した宿となった場所。


そして、もう一軒が


奈良

ここは 第6話で佐々木蔵之介が扮する重さんが個展を開く店。


奈良

(このシーンである)


ここは喫茶店なので中に入って一服したのだが…


奈良

奈良

奈良

何も知らずに この店に入ったのだが、店内を眺めていたら何かが引っかかり なので、従業員の女の子に聞いてみた


「このお店って 河島英五と何か関係があるの?」と。


すると、従業員の女の子が


「ええ、奥さんが経営者なんです」


だから、店内には河島英五の写真やCDなどが沢山展示してあり 入り口の提灯もそうだが


「酒と泪と男とぜんざい」


なんてメニューがあったりしたのだ。^^


「へぇ~」


と、感心しきりの私にroadraceさんが小声でコソッと私に聞いた


「河島英五って 何の人ですか?」と


思いっきりジェネレーション・ギャップに襲われた瞬間だった。orz


  【補記】

   このお店の「柚子ソーダ」が とても美味しかった。^^
 



その後、


奈良

東大寺の大仏殿を見学し 私が奈良で行きたいと思っていた二つ目の場所へと移動した。


奈良

ここは「若草山」


奈良

上のシーンなどが撮影された場所。


奈良

奈良


最初、この場所にroadraceさんと到着した時 この場所に おそらくは旅行者であろう初老の夫婦がいた。


夫人は


奈良

上の画で「綾瀬はるか」と「玉木宏」が立っている場所に ひとりで座っており、旦那はデジタルカメラで周囲の景色や鹿を撮影するのに夢中になっていた。


やがて、roadraceさんも周辺をあっちへこっちへと歩き回りながら撮影を始め 私は、持参した携帯灰皿を片手にタバコを吸いながら 夫人が立ち上がり、その場所から移動するのを待った。


だが、しばらく待っても夫人は動かない。^^;


三本目のタバコを吸い終わっても まだ、夫人は動かない。


なので、意を決した私は ポツンと座って無邪気に撮影に没頭する旦那を眺めている夫人に近づき 一枚のプリントアウト(上の画)を差し出しながら声をかけた


私「あのぅ… すいません

  実は この場所が あるドラマのこのシーン(プリントアウト)のロケ地でして…

  ちょっと、この画の様に撮影をしたいのですが…」


すると夫人は 私が差し出したプリントを見た途端


「あら、”鹿男あをによし”よね? これ

 あらあら どうしましょ、私 似てないわよ この女の子に

 あ、後ろ姿でいいのね? あらあら はいはい どうぞ…」


(そうじゃないんだババァ 邪魔だから、いい加減、そこをどけって言ってんだ俺は…)


心の中で そう怒鳴りつけながらも、必死の作り笑顔を(ひきつりながら^^;)私は浮かべて


「いや、ちょっと…

 ほんの数分だけで結構ですから ここをよけて頂ければ…」


すると、夫人は


「あら、嫌だ 私ったら…

 そうよね? いくら後ろ姿って言っても 全然、似てないモノね私」


と、気持ちよく立ち上がって旦那の方に歩いていく


お陰で ババァ抜き 夫人の御協力で写せたわけで…


ただちにroadraceさんを呼び寄せ


「ババァどけたから 今のうちだよ 撮っちゃいなよ」


と、言ったのは言うまでも無い。^^;




撮影を終えて 私とroadraceさんは まったりと、そこで時を過ごしたわけだが…


それは、その日の天候から 巧くいけば良い夕陽が拝めるんじゃないかと期待していたから


その結果が


奈良

奈良

奈良


気がつくと さっきの初老の夫婦も まだ傍にいたのだが…


御主人は


「お~ 夕陽が綺麗だぞぉ~」


と、写真を夢中で撮りながら夫人に声をかけるのだが、夫人は どこかで仕入れてきた”しかせんべい”を 周囲の鹿に見せてしまったばかりに 今までオマエら何処にいたの?ってビックリするぐらいの鹿が集まり、夫人を取り囲んでいて それはまるで夫人に群がるピラニアの様な鹿の群れ


「もう、止めて! 放して! 助けて!」


半分、鳴き声の様に叫ぶ夫人だったが 旦那はカメラのファインダーから目を離さず 景色を撮るのに夢中。


もちろん、私とroadraceさんは そんな仲睦まじい御夫婦の邪魔をしちゃいけないと とっとと その場を立ち去ったので、後は どうなったか知らない。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『2008年修学旅行2』関連の記事

コメント

ブタネコさん 我々の世代にとって
♪酒と泪と男と女・・・河島英五の存在って大きいです。
そっかぁ・・・roadraceさん 知らないんですね。
まさしく ジェネレーション・ギャップだ(^^;)

若草山の見事な夕陽に辿り着くまでの話にも
おかしくて笑っちゃいますが、
オチもお見事ですね(^^;)
私は奈良に行った時には絶対に鹿せんべいは買いません!

御婦人の写っている写真って一枚もないんでしょうか?(笑)
これ見たかったなぁ

夕陽の素晴らしい写真 本当に素晴らしい!
ぼーっと眺めています。
また コレクションが増えそうかな?(^^;) よ・ろ・し・く

>個展のお店
河島英五さんの奥さんが経営者なら、探しやすそう!情報ありがとうございます!!!

若草山のエピソード、お腹抱えて笑ってしまいました ^0^

おはようございます。お久しぶりです。

奈良に来られてたんですね!^▼^

若草山から見下ろした町、空の色、山並み、見事に奈良の雰囲気をそのまま切り取った感じがしてほんわかします。
鹿男を見て思ったんですが、奈良の風景はどこも水墨画にしやすそうな色をしてるなーって。

明日香は行かれましたか?
なぜかあの辺りに行くと気持ちがざわざわするんです。

大人の修学旅行in奈良 ブタネコさんの中で素敵な思い出になっていますようにー。

★ Nob さん

私は 基本的に人を写すのが好きじゃないので ババァは写してません。


★ スミゴルフ さん

「鹿男あをによし」のDVD-BOXには 特典DISKにロケ地紹介映像があり、別途MAPもついてますから ここに限らず、大まかなところはすぐに判りますよ


★ ユウ さん

当初は飛鳥方面に行く気持ちがあったのですが、近鉄の奈良駅前のタクシーの運転手に

「時間と料金 どれくらいかかるの?」

と、聞いたところ

「電車で行ったほうが 安くて早いわ」

と そっけなく回答されたので そのヤル気の無さに行く気が失せました。

鹿男以来、奈良近辺で綾瀬はるかを知る人が増えましたが、若草山の困った人のようなことも・・・ありましたか。今頃は、また、九州で困った人が増えているかもしれませんね。
実は奈良は近くで、学生時代を過ごしています。若草山のシーンを見てから、3?年ブリに「行かなイカン」と思っているのですが・・・。

すみません。追加・・。
roadraceさんて、若いんですねー。

河島英五さん、顔だけは見たことがあって、
あれ俳優さんじゃなかったっけかなあ・・・、と思っていたのですが、
先ほどYoutubeで見てきましたよ。「酒と泪と男と女」。
この歌はさすがに知ってました(^^;。
これを歌っていた人だと知っていれば、またあの喫茶店の印象が
違っていました・・・。
私は一応この歌が出た時には、とっくに生まれているようです(^^;。

それにしてもあの夫婦の話、現地でブタネコさんに聞いて
本当に笑わせて頂きました。
いや、本当に関西らしい話だと思います(^^)。

若草山の夕陽、満足させていただきました。
待った甲斐がありました(^^)。

★ モノヒーヤヂヲ さん

>困った人

意味が判らないので どうお応えすれば良いのか判りません。^^;


★ roadrace さん

>またあの喫茶店の印象が違っていました・・・。

でしょ?^^


・・・・・・・・。

そのタクシーのおっちゃんの顔まで浮かんできそうです・・・。
グラサンとかかけてませんでしたか・・・。

奈良県民として私も何だか恥ずかしいし腹がたつし何というか。。


明日香は不思議なエネルギーを秘めた場所だと思います。

何もないですが何もかもそこに在る気もします。
 
ブタネコさんの明日香の写真見たかったのに・・・。

おっちゃんに懲りず、お近くまで来られた際はぜひ立ち寄ってください。(>_

★ ユウ さん

サングラスはかけてませんでしたよ

熱心にスポーツ新聞を読んでましたね

窓越しに話しかけても 新聞から目を離さずに応えてましたから 余程、何か大事な記事でも載っていたんじゃないでしょうか^^

まぁ、これも巡り合わせですからね お互いに運が悪かったという事でしょう


一瞬・・・
「酒と泪と男とぜんざいはないだろっっ(怒)」と、
写真を見たとき思いましたが、
経営者が奥さんと聞いて、なるほど。
そうでないと、河島英五ファンにとっくに堤燈引きちぎられてますよね。

しかし、お茶目な奥さんで、なにやら深い想いを勝手に感じてしまいます。

★ カルチェ さん

>酒と泪と男とぜんざい

私も 店の前で提灯を見た時に「ん?」と思ったんですよ

だから写真を撮ったんですけどね。^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。