« 石原さとみ in 徹子の部屋♪ | TOPページへ | 大人の修学旅行2 長崎-羽田 空の旅編 »

2008年08月01日

● 大人の修学旅行2 長崎編


今回は 修学旅行で是非、行って欲しい場所「長崎」について記してみる。




私の心の中に「佐世保に行きたい」という気持ちは かなり前からあった。


ただ、残念な事に その機会が私には今まで無かった。


佐世保

佐世保

佐世保


写真中央、ひときわ大きな艦は補給艦「おうみ」


佐世保は呉、横須賀、舞鶴、大湊とあわせて帝国海軍以来の5大基地のひとつ。


自衛隊マニアとしては一度は訪れたいと考える場所であり、私は 物覚えがつかない時期に僅かな期間だが住んでいた場所でもある。


昔、私の両親が生きていた頃 何度か、その住んでいた場所の住所や そこがどんな場所だったかを聞かされており、大学生の時に 今は「一級建築士の資格を持つ詐欺師」と呼ばれる友人と二人で訪れ その時に かつての私達の家族が住んでいた場所を訪れ、既に 何もかもが変わってしまっていた事を知った。


その時に写した数十枚の写真を見た私の両親は その変貌ぶりにショックを隠さず、佐世保が両親にとって どれだけ思い出深い場所だったのかを知った。


私は 先にも述べた様に物覚えがつかないほど幼い頃の事なので佐世保に関して全く記憶が無い。


けれども、佐世保に住んでいた時の思い出話を二人で楽しそうに話し合う両親の姿を 佐世保に来て 私は思い出す事が出来た。


言い換えれば、数年ぶりに 今は亡き両親に再会した様な気分だ。




大村湾

さて、佐世保から一路 大村湾沿いを南下し 


大村湾

新谷郷にある「特攻殉国の碑」を参拝し


長崎

長崎に至る。




以前から このブログで語ってきた事なのだが…^^


最近では戦後60周年という節目ということで いろんな戦争映画やドラマやドキュメンタリーにみせかけたプロパガンダ番組を見たが…


どうも、メディアは 原爆の話題を持ち出す時「ヒロシマ」ばかりに集中し「ナガサキ」をおざなりにしている感が 私は強く感じ、その偏向ぶりを不愉快に感じていた。


なので、私は 私自身の目で長崎を訪ねる事にしたのだ。


でね、私は以前 長崎出身の知人から


「長崎に行ったら @@天主堂を訪ねてみると良いよ」


と、言われたのを思い出したのだが、肝心の「@@」の部分が思い出せない


この時に利用したタクシーの運転手は 私が観光客だと知ると


「じゃ、大浦天主堂でしょ」


長崎

と言って 連れてきてくれた所は グラバー園が横にあったり、オランダ坂があったりで 平日の昼間なのに 観光客がいっぱい。


そんな人混みの中を タクシーでは入っていけないとの事で 坂道を歩いて上がっている時に 先に述べた知人が


「大浦は いっぱい人が見にいくとばってん

 おいは わいに(ブタネコに)は 浦上のマリアさんば 見て欲しかち思っとるんよ」


そう言ったのを思い出し、

長崎

平和祈念像や


長崎

長崎市原子爆弾無縁死没者追悼祈念堂、


長崎

そして、タクシーの運転手が教えてくれなかったら 全く気づかなかったであろう「爆心地」を参拝して行った先が


長崎

「浦上天主堂」


でね、、古くから このブログを愛読されている方々は御承知の事だが、私は 基本的に宗教とか神様に対して「クソクラエ」と思っており、そんなモンに頼ったり縋るくらいなら死んだ方がマシという信念の持ち主である。


しかしながら、知人が私に見ろと勧めたマリアを実際に見て 私は綺麗だなぁ…と本当に思った。


長崎

それが上の写真


浦上天主堂の入り口横に立つ上の像は「マリア観音」と呼ばれているそうな。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『2008年修学旅行2』関連の記事

コメント

長崎は何度も訪れています。
やはり大浦の方が有名で記憶もあるのですが、
浦上はたぶん行ったことはあると思うのですが、
マリア様のことはあまり記憶に残っていません。
とても美しい彫像ですね。

平地の部分が少ない長崎ですから、坂道が多く、
自転車に乗れない人が多いと聞いたことがあります(^^;。
写真で見ただけでもそれがよく分かります。
確かこの地形こそが、投下地にあの国が選んだ理由の
ひとつだったように記憶しています。

佐世保の軍艦は、ただひたすらカッコイイです(^^)。
体験乗艦の様なイベントで一度乗ってみたいです。

浦上天主堂は爆心地の近くにあったのですが、壁が一部奇跡的に残っており、今はそれが原爆資料館に保存されています。

レンガの壁に爆風で飛び散ったガラスが突き刺さっていて、かなり...

それと、観光ルートにはないので、あまり知られていないのですが、「片足鳥居」も是非観て頂きたいですねえ。(挑戦状?)

小学2年生まで長崎市郊外に住んでいたのですが、夏休みの登校日は原爆投下の日と決まっていました。体育館に集まって、サイレンの音をただただ待ち、原爆投下時間に町に流れるサイレンが鳴ったらみんなで黙とうしていました。

そのあと、被爆体験者のお話を聞いたり、戦争に関するアニメや映画を観るのですが、長崎を題材にしたものが少なく、皆で歌う歌も「そしてあの日のヒロシマを許してはいけないと」という歌詞があるのを長崎で唄っているもどかしさを、子供心に感じておりました。

ブタネコさん、こんばんは。

記事をよませていただいいる途中に、ちがう!「浦上天主堂」だよ~と、叫んでいたのですが、無事いかれたよかった。

私も以前の仕事の関係で長崎は何度もおとずれましたが、その度に思っておりました。
なぜ、広島ばかりがああもと・・・。

当然、地元の人々も思っているようで、ガイドなどは力説している方もいました。

同じ被爆地なのにね・・・・。


この写真のマリア像をみていると、平和の尊さを強く感じます。

★ roadrace さん

>体験乗艦の様なイベントで一度乗ってみたいです

そうですか、んじゃ 今度はそれを餌にアナタを引きずり回して差し上げましょう。^^


★ スミゴルフ さん

>挑戦状

たて続けは 受け取りません


★ イエローストーン さん

>長崎

ですよね? 私も不思議でなりません。

長崎編 嬉しいエントリーです^^

実は自分は長崎出身で3歳まで過ごしました。
その後、大阪に3年、広島にも3年、
それからはずっと東京暮らしですが、
一緒になった妻も偶然同郷の佐世保出身です。

広島に住んでいた頃、呉にも一度行ったことがあるのですが、
結婚してから何度か訪ねた佐世保と比べて
幼い記憶が曖昧でとぼしいためか、
スケールが全然違って見えました。
エンタープライズだったかな?一度だけ見たことがありますが、
途方もなくでっかかった!大きいというレベルじゃありませんでした(^^;)

長崎、広島ともに関わっているので
メディアなどの扱いの違いには同じく戸惑いを感じます。

>「長崎に行ったら @@天主堂を訪ねてみると良いよ」
イエローストーンさんと同じで
私も「ブタネコさん!浦上天主堂だよ~」と叫んでました(笑)
感慨深くゆっくりスクロールしながら
マリア像の写真が登場してきた時は
ぐっと・・・胸が・・・目頭も・・・熱くなりました。
本当に綺麗な・・・写真じゃなく、
まるで立体画像のようです。心が洗われました^^

★ Nob さん

>エンタープライズ

歳がバレますね^^


>マリア

へっへっへ… 良い写真でしょ^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。