« 特急「はるか」 | TOPページへ | 黒川智花 in 新・堂本兄弟♪ »

2008年08月17日

● 篤姫 第33回


篤姫 第33回を見た。




篤姫篤姫

とりあえず、「篤姫」をずっと見続けているわけだが…


篤姫篤姫


とうとう今回から「堀北真希」の和宮が登場した。


が、なんか イメージが違って見えて私にはハマって映らない。^^;


中盤まではそんなに違和感を覚えなかったこのドラマの人物設定だったのだが、このところ なんか違和感ばっかりな設定が鼻につく。


誤解の無い様に付加しておくが、役者そのものが嫌いというのでは無い。


例えば、島津斉彬と篤姫を描く上で親娘で旅した逸話が欠けていたり 井伊直弼の描き方が悪人としてなのかそうじゃないのかが完全にボカされ 若き日の大久保利通の描き方にも なんか「う~ん」って感じを抱く。


基本的には 中盤過ぎの今の時点で語るべき所では無いとも思うのだが、仮に それらが後半での布石の関係で…というのなら どうも悪しき感想を抱きそうで恐い。^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『篤姫』関連の記事

コメント

ブタネコさん、こんにちわ。


私も「篤姫」観ています。
堀北和宮は、私もちょっと違うなーと思っていたのですが
うちの母が「目が大きすぎねぇ。もっと宮顔の人を使えば
よかったのに」と言ったとき、「多部美華子」さんを思い出しました(^^

多部和宮、どうでしょうか?

★ junchin さん

どうでしょうね^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。