« 大人の修学旅行 第1日目 京都(その2) | TOPページへ | 近未来予報 ツギクル #11・12 »

2008年07月17日

● 雑感(7月17日)


ちょっと、タバコに関して私見を述べてみようと思う。




つい、先日


私は調子にのって日本国内各地を旅してまわったわけだが…


鳩間島、石垣島、沖縄、鹿児島、岩国、尾道、京都、犬山、名古屋、東京… そして、自分が住む札幌


実際に これらの地域を旅して 愛煙家の私が感じた事を好き勝手に語ってみようと思うのだが…


「タバコは身体に悪い」


そう騒がれ、今では


「タバコを吸う本人だけじゃなく 副流煙による、第三者被害が…」


と、問題視され すっかり、「タバコを吸う人=悪人」という図式が構成されている。


たしかに、以前の愛煙家の多くは タバコを吸うマナーがなっておらず、ポイ捨てなどは同じ愛煙家の私ですらも眉をしかめる事が多かったのは事実。


それに対して なんらかの制裁や処罰が与えられるのも当然の事だと思っている。


でもね、今の「タバコを吸う人=悪人」という図式に関して 私は納得できない部分がある。


例えば、バブル気前後に生じた「禁煙ブーム」 なぜ、ブームになったのか?と言うと 諸説色々あるけれど、私がその時代を実際に生きた一人として感じている ブームの火付けとなった原因は二つ


ひとつは「プレジデント」など 経営者や自分はエリートだ…と思い込んでいる連中が愛読しているエグゼクティブ向けの雑誌で


「欧米の企業では ”タバコを吸う人”と”デブ”は 自己管理が出来ない人と判断され出世できない」


という内容の特集が 面白可笑しく誌面を飾り、それらに感化され、真に受ける自称:エグゼクティブが増えた事。


ふたつ目は 結婚を機に 嫁さんにいろんな制約を課され、小遣いはもちろんの事 タバコやクレジットカードを取り上げられる亭主が増えた事。


で、健康を理由に…という部分は 肺炎や気管支炎を患った人がドクターストップされて というケースは沢山あったけれども 実際には上記二つの理由ほどの数字は 少なくても私の周囲ではあまり聞いた事が無い。

(上記は 1980年代初頭から1990年代中頃までの話)


その後、タバコによる健康被害が メディアで騒がれ今日に至るわけだけど 常に、愛煙家が主張する言葉を メディアやタバコが嫌いな人は 冷静に考えてくれた事は無い事に


「タバコを吸うと 肺ガンになる人が多い」


と、健康被害を訴える人が多いのだが


たしかに、統計的には 肺ガンになった人の多くが喫煙者だった…という数字があるから そういう主張になるのは理解出来るのだけど


「煙草を吸っている人の 何パーセントが肺ガンになっているのか?」


という数字は 統計的に多くは無い…って事をしってるのかい? って事。


判りやすく言うと 肺ガンになった人の多くは喫煙者だけども その数字は喫煙者全体の割合を分母で考えると数パーセント つまり、タバコを吸っている人全部が肺ガンになるかのごとき煙草批判は 数字のマジックに過ぎない…という事。


…と述べると 目を三角にして嫌煙家の方は「何言ってんだブタネコ!!」と怒鳴り出すのだろうけど その数字のマジックに関する論議は今始まった事では無いし 今回、私が述べたい主旨でも無いから議論に応じる気は無い。


で、何が言いたいか…と、いうと


近頃、メタボだ、糖尿だ、成人病だ…と健康番組で取り上げられる事が多いのだが それらの発病の原因の多くは「肥満」にあると言われている。


で、もし アナタの周囲にそういった具合に健康を害した人がいるならば 試しに聞いてみると良い


「もしかして、アナタは前に煙草を吸っていて でも、今は煙草を止めた人じゃない?」と。


というのは、禁煙した人の多くは 禁煙後3ヶ月以内に体重が10~15kg急増するケースが多く、そんな急激な肥満が引き金となってメタボだ、糖尿だ、成人病だ~が発症したケースが実に多いという 統計的数字が実際にあるからだ。


これを判り易く言うならば


「肺ガンになったり、心筋梗塞が怖くて煙草を止めました」


って人が、数ヶ月の間に体重が急増し


「糖尿になっちゃいました」


とか、


「心臓肥大になっちゃいました」


と、違う健康を害してる…って事。


個人的な事を言えば 私の両親や祖父母は 皆、糖尿がもとで脳梗塞や心筋症などで他界しており 言わば、遺伝的に私は糖尿になる確立が高い体質


私は酒は飲まず、アンコやチョコなど甘いモノは嫌いだが、どちらかというと肥満系のボディ


しかしながら、今まで 血液検査で糖やタンパク、血中脂肪、それに肝臓の数値などは極めて良好で 主治医をはじめ二代目開業医の病院にいる医師達は全員が首を傾げる程 血液成分は良好。


ゆえに 主治医である二代目開業医は私に


「オマエが煙草を止めて太ったら 間違い無く、即 糖尿発症だな

 だから、オマエの場合 健康の為、適度に喫煙した方が良いな

 タバコ止めたら死ぬぞ きっと^^」


とすら、言う。


実際、私の様なケースは少なくないそうなのだが そういうケースが巷で話題になる事は無い。


だって、嫌煙運動を推し進めているのは 厚労省や大手生保だけじゃなく、「ブーム」という世論なのだから。




さて、前置きが長くなってしまったので そろそろ本題に入るが…


今年の7月1日より、札幌市内のタクシーではタクシー協会での申し合わせにより全面的にタクシー車内は禁煙となった。


自治体によっては条例で禁止になったところもあるそうだが、この傾向は ほぼ日本全国に広まっている。


が、今回 私が旅してまわった地域の中で「大阪」と「京都」に関しては まだ多くの「喫煙可」タクシーが走っている。^^


数年前より 私はタクシーに乗ると


「運転手さん この車、禁煙?」


と、まず聞くのが「こんにちは」みたいな挨拶代わりの言葉になっていたのだが 全国的禁煙のおかげで それすら聞けなくなっていた。


けど、先日 大阪の伊丹空港に飛行機で降り 乗ったタクシーで思わず


「運転手さん この車、禁煙?」


と、聞くと


「へ? お客さん ワシの車、どこにも禁煙なんて貼ってまへんで」


と、いかにも大阪人らしい返事


「京都の@@ホテルまで行ってくれる?」


と、料金が明らかに1万円を超える行き先を告げると


「あ~ お客さん京都でっか、そら 辛抱できまへんやろ

 どぞ、存分に吸ってかましまへんで」


とまで言った。


もし、嫌煙家の方が聞いたら怒るのであろうけど…


例えば札幌市内で


「なぁ、運転手さん

 これから俺、千歳空港まで行きたいんだけど…(料金1万円超)

 この車、やっぱ禁煙か?」


と、運転手に聞くと たいがいの運転手がダッシュボードから空き缶か携帯灰皿を取り出し 


「外から見えない様に 窓を開けて吸って下さいね

 時々ね @@タクシーの¥¥号車がタバコ吸ってたぞ…って

 会社やタクシー協会に密告する奴がいるもんで…^^;」


と、吸わせてくれる。


この札幌と同じケースは 石垣島、沖縄、鹿児島、岩国、尾道、京都、犬山、名古屋、東京… そいった地域の殆どで共通であり、目安としてはメーターで4・5000円以上 時間にして30分以上の距離を利用する場合に限り 殆どの運転手さんは隠れタバコを黙認してくれる。^^;


で、その時に いろんな地域の運転手達から聞いた 何故か共通の話を紹介すると


(その1)


「よく、タクシーに乗った途端、

”この車 タバコ臭い”って文句を言うお客さんがいるんですけど…

 そういう人の多くが 物凄く香水臭いお客さんだったりするんですよ」


もしも、アナタがタバコの匂いが大嫌いで不快に思う人だったとして…


そんなアナタが 香水の常用者だとしたら、一度、自分の香りを御一考願いたい。^^


(その2)


「タバコが吸えない…って 暴れる客には遭った事が無いし

 ダメです…って言えば 殆どがおとなしく聞いてくれるんで揉め事になった事は無いです

 私ら(運転手)に言わせれば タバコなんかより”酔っぱらい”をどうにかして欲しいですね」


青少年の健康被害抑制の為にタスポを導入… だったら、自分で金を稼いでないガキに酒を飲ますな と、言いたいな私は。




さてさて…


タバコが一箱1000円とか1500円に値上げしよう…という話があるらしい。


あくまでも個人的意見で申し上げれば 一箱1000円や1500円にしたければすれば良いよ… と、私個人は思っているし、どんなに値上げしても 前述の理由(健康の為に適度な喫煙をする)により、私はタバコを吸い続ける。


でもね、かつてタバコから得る税収を国鉄の赤字穴埋めに使うと称して タバコを値上げした事があるが、喫煙者に それだけ迷惑をかけておきながら 後のJRの喫煙者に対する仕打ちを考えた時、大幅値上げをするなら「吸って良い場所では 堂々と吸わせろ」「喫煙者=悪人」みたいなプロパガンダを止めろ せめて、その二つは履行して欲しいモノだと思うし、喫煙以上に問題の多い酒類への値上げもしては如何?と提案したい。


それが 私の本音である。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『雑感(2008年)』関連の記事

コメント

お久しぶりです ちょっとコメントさせてください。
 私もこどももぜんそくなので、たとえ残り香でも苦しい思いをしたり、低気圧や調子の悪いときに喫煙スペースを通りがかっただけで、運が悪いと発作を起こします。
それで病院に行く為乗ったタクシーがタバコ臭かったら悲しくなるな、、
 子連れでマックに行ったら奥の座席が禁煙席なので、トイレに行くにも外に出るにも煙を浴びなければ行けなかったり。
 ブタネコさんはしないとは思うけど、歩き煙草の人にこどもがやけどさせられそうになったり、、
酔っぱらいも迷惑だけど、私にとっては煙草を吸う人も迷惑です。
 吸ってもいい場所ならどうぞ!と言いたいけど、喫煙スペースとされている場所にも問題はあるよ。健康被害にもいろいろあるよ。速攻で具合悪くなる人もいるんだよ。と言いたかったのです。

★ リリー さん


コメントありがとうございます。

タバコを吸いたい者としての意見を述べると 今回のリリーさんの様な御意見が寄せられ、

「あぁ、やっぱ タバコって駄目じゃん」

と言う方向に帰結するのが 一般的な図式ですよね。^^


もし、私が模範的で 上辺だけ取り繕うタイプの人間であれば

「そうですね タバコはいけませんね」

と、レスすれば きっと当たり障りも無いでしょう。


ですが、せっかく頂戴したコメントでありますし 私は模範的なタイプの人間ではないので 出来るだけ挙げ足取りにはならないように私見を申し上げたいと思います。


>病院に行く為乗ったタクシーがタバコ臭かったら悲しくなるな


タクシーってのは 不特定多数の客の乗り物ですよね

だから、リリーさんの様な状況の方が タバコの匂いを嗅いだら悲しくなる…という気持ちは理解出来ますが、では 酒臭かったら? 香水臭かったら? 

今回の私の記事で申し上げたいのは「タバコを吸わせろ」ではないのです

私は 乗ったタクシーの車内が 酒臭かったり、香水臭いと悲しくなるんです。

だから、匂いに敏感に反応するのなら タバコに対するのと同じ様に 香水や酒にも反応しないのは何故? って事なのです。

もちろん、タバコには健康被害という問題があり、酒や香水の匂いには「気持ち悪い」という部分を覗けば健康被害は少ないと反論される方も多いでしょうし、それも理解した上で

「酔っぱらいが起こす事件や事故」という意味で 私は酒はタバコ以上に害のあるものじゃないの?と思っておりますので タバコに対して害だと騒ぐ方々は 何故、酒に対して 同様の不満を述べないのと?
 

それに、


>子連れでマックに行ったら奥の座席が禁煙席なので、トイレに行くにも外に出るにも煙を浴びなければ行けなかったり。


と、ありますが、ぜんそくのお子さんを連れてマックに行く… そもそも その部分の方が私には問題なんじゃないの?と、思います。

あ、誤解しないで下さいね 差別とか区別とかの意味で申し上げるのではありません

タバコの臭い… それに関して「ぜんそくの子供」を例として持ち出すぐらい お子様の事をお考えなのであれば マックなんてタクシー以上に恐ろしい場所なんじゃないのか?と愚考します。

タバコの臭いどころの騒ぎじゃないでしょう?

もちろん、リリーさんは あくまでも「一つの例」として言われたのにすぎないと思います。

だから、先にも申し上げた様に 挙げ足取りでの反論をするつもりではありません。


私が記事で申し上げたかった事は タバコの臭い、煙 そういったものが問題であり、喫煙に対して制限を与える事に 私は同意した上で、嫌煙権を主張される方々の意見には タバコと同様、もしくはそれ以上に問題の多い臭いについて問題意識や不満を述べないのは何故か?  それが不思議でならない…という点だという事を御理解願いたいものと存じます。


自分はタバコを吸いませんが、周りで吸われても特に気にしません(食事中は遠慮していただきたいが)
ただポイ捨てする人には吸ってほしくはないですね、当方大阪在住ですが、まあ公園の汚い事汚い事、
たまにお昼で利用しますがベンチ周りは最悪です。それと犬山に祖母の墓がありまして名古屋経由で行くんですが栄とか町並み綺麗ですよね、あの綺麗さは見習いたいです。

こんにちは。いつも拝見させていただいてますが、
はじめてコメントさせていただきます。

私もタバコの話はブタネコさんと同意見です。
歩きタバコやポイ捨てなどマナーは大事なので、喫煙場所を制限するのはいいことだと思うのですが、
どこもかしこも禁煙にすると、喫煙場所じゃないとこで吸う人がでてきてしまいますよね。

値段もあんまり高くして、タバコ辞める人が増えて、そしたら他から税金とらなければいけなくなりますよね?
せめて500円がいいとこだと思います。

健康がどうとかもおかしいですよね、だったら車の排気ガスは?
など、体に悪いことなんてもっといっぱいあるのに・・・。
健康健康って国民をそんなに長生きさせて、高齢化社会で、また年金問題なんかもありますし、
タスポも無意味ですよね、そんなもの作っても未成年はタバコを吸いますよ。

こういう意見はいったいどうすれば伝わるのでしょうか。

チェンジというドラマを見て、こういう総理大臣が本当にいればいいのに・・・と思いました。

ブタネコさんこんにちは
私はタバコも酒も好きで飲んでいます。
タバコに関しては、1000円になったら正直キツイなとは思いますが、やめようという考えは持っておりません。
喫煙、禁煙とエリアを分けることに関しても文句を言うつもりはサラサラありませんが、最近では屋内だけでなく屋外の駅周辺でも禁煙エリアが拡大している始末。
非常にやりずらくなってきました。
自販機で売っているようなものに対する仕打ちとは到底思えません。
taspoを導入しようが、値上げしようが構いませんが、せめて青空の下では吸わせてほしいものです。

★ sato さん


そうですね、吸い殻の始末はちゃんとしないといけませんね。


★ リサ さん


ですね^^


★ とし さん


ホント、吸える場所が激減してますね。^^

それだけに、吸う人間は吸える場所を大事にしていかないといけませんね。


ブタネコさん、こんばんは & 暑中お見舞い申し上げます

鳩間島の空の五線譜、日焼けした鳩の「音符♪」がすてきでした(^^

ところで、煙草・・・

私は、16年間吸っていた煙草を諸々の事情でやめたのですが、
最終的には、

『リセット!』 磯村毅 幻冬舎 

という本にまんまとやられた(?)かたちで完全禁煙とあいなりました・・・
(やめようと思いつつ1本2本からひと箱・・・が、何ヶ月も続きました^m^;)

もし、機会があったらこの本、ブタネコさんにお手にとっていただければと思って
紹介してみました。

もちろん、禁煙をすすめるためではないですよ!

私は、被暗示性が強くて、
この本に書いてあることにすっかり思考回路がはまってしまったのですが、
(反論できる、論理性が私には足りず ^^;)

ブタネコさんなら、この本に書いてある「禁煙の理論」の破綻ぶりやら矛盾を見つけて
くださるかも・・・と、いう純粋な興味です!

いずれ、何かたまたま機会があったりとか、気が向かれたときにはということで。
かなり、時間的に出遅れたコメントとなってしまい失礼致しました~m(_ _)m

★ すもも さん

>『リセット!』

ほい、今度 本屋に行ったら探してみます。^^

 

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。