« 堺雅人 in チューボーですよ! ついでに 篤姫28話 | TOPページへ | 大人の修学旅行 第2日目 伊豆(その3) »

2008年07月21日

● ヤスコとケンジ


ドラマ「ヤスコとケンジ」の関連記事です。




ヤスコとケンジヤスコとケンジ


ヤスコとケンジヤスコとケンジ

ヤスコとケンジヤスコとケンジ

「多部未華子」が出演していると聞いて 秘かに楽しみにしていた。


が、今のところ「山田太郎ものがたり」で既に見た「多部未華子」ばかりなのが とても残念。


しかしながら、年頃の娘を二人持つオヤジとして 兄であるケンジに激しく共感するところがあり、このドラマに対してケチをつける気は全く無い。


まぁ、しいて一つだけ言えば 広末涼子の演技の所々に引っかかるモノがあり、あくまでも個人的な好みと願望で言わせてもらえば「木下あゆ美」を使って欲しかった。




あ、そうそう…


旅行中に放送された


ヤスコとケンジ

「嵐の宿題くん」という番組を録画しておいたんだ。


ヤスコとケンジヤスコとケンジ

あらためて記事にするにはタイミングを失したので ここに添付してわ。^^;



● 第3・4・5話



ヤスコとケンジ

ヤスコとケンジヤスコとケンジ

内容については 特に語りたい部分は無い。


ヤスコとケンジヤスコとケンジ

ヤスコとケンジ

「多部未華子」PVとして見ているのだが…


ヤスコとケンジヤスコとケンジ

「東亜優」が出演していたのに気づき楽しみが増えた。^^




● 最終話




ヤスコとケンジ 最終話


この番組に関しては最初から


ヤスコとケンジ 最終話ヤスコとケンジ 最終話


「多部未華子」PVとしてしか見ていない


だから、ストーリーに関しては期待していないぶん、今更 文句を言うつもりも無い。


で、違う視点から思った事を少しだけ述べておくと…


松岡や広末は悪い出来では無かったと思う。


けれども、二人とも 今までの出演作の関係からか それぞれ固有のキャラを持っており、(ともすれば その固有のキャラしか持っていない) そのキャラを見せただけで、演技が巧いとか、幅が…という問題じゃなく 極論すれば、ただ、そこにいただけ


で、何が言いたいかというと「多部未華子」の演技は 以前に彼女が出演した「山田ものがたり」でのキャラのままで これまた、なんの進捗もない。


まぁ、これは役柄がそうなんだから仕方が無い事ではあるけれど 先に述べた二人はどうでも良いが、「多部未華子」に関しては もっと違うキャラを演じ分ける姿が見てみたいと ファンとして願うばかりだ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『多部未華子』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。