« 本仮屋ユイカ & 菊池麻衣子 in Qさま!!(7月14日放送) | TOPページへ | 石原さとみ in 徹子の部屋♪ »

2008年07月31日

● 大人の修学旅行2 東京編


東京でも こんな景色が見れるんだねぇ…^^




この旅行の際に 都内某所でちょっとした会合があったのだが…


東京

上の画は その会合場所に到着して間もなくに見た景色。


この日は都内全域に靄がかかったような状態で 小雨もパラつき、北西部では盛んに雷が鳴っていた。


そんな状況のまま時が経ち、ふと窓から西の空を見ると…


東京


山並みと雲の間に 空の亀裂があり、そこに夕陽が差し込んでいる。


そして、夕陽の赤みを靄が反射し…


東京


東京

こんな幻想的な光景を しばしの間、楽しめた。


やがて、陽は山の稜線に没したが、


東京

そのぶん 雲に夕陽が反射し…


東京

町並みには灯りが点り、夜へと変わる。


東京でも こんな光景が見れるんだね… つくづく、そう思った。^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『2008年修学旅行2』関連の記事

コメント

富山だけ歩いた事がないと言うのもすごいですね!ほぼ全国制覇していますね(゜д゜)
東京は修学旅行で一度しか行った事がありません(;´д`)
人の多さに驚きました。さすが都会!!!!

★ 七世 さん

>お願いの件

直接リンクじゃなければ 御自由に


いやあ、これはちょっと凄すぎますね!
お話には聞いていましたが、これほどまでとは。
百聞は一見にしかずとはいいますが、
やはり写真が伝えるその力強さを感じざるを得ません。

霞がかったソラと地上に強い夕陽が光を差し込んで作られた不思議な情景。
そして下から2番目の燃えさかるようなソラと雲。
そして日没が作り出す暗闇の世界。

天候の変化が激しい時はこういうものが見れることもあるのでしょうが、
なかなか狙って撮れるものではありません(^^)。

すごい写真だな~~~!感動だ~~~~!

ジブリ映画の「耳をすませば」の最後のシーンを連想しました。
あれは朝焼けだったけど、この夕日の風景。凄い色だなあ。

視覚からいろんなことが連想されて、心が動きますわ。

は~、文章も写真も、パワフルです。ブタネコ力をいただきました。多謝。

ブタネコさん、こんばんは。

まさに幻想的で、そしてまさに夕焼けですね!

感動です!

★ roadrace さん

なかなか、良いでしょ この写真^^


★ kotetsu552005 さん

変なエネルギーですが 有効利用してください^^


★ イエローストーン さん

お褒め頂き恐縮です。^^

自然って本当にすごいですね。
こんな霞がかった空で雷まで鳴っていたというのに
時間を経て こんな素晴らしい空間を作り出すのですから。

この景色って建造物が邪魔しない場所からだったら
どんな風に見えたんでしょうね。
あ、でも、この空間ならでこその素晴らしさかもしれません。

ブタネコさん この写真欲しいな(^^;)
全部本当に素晴らしいですが、
私は2枚目の写真がとてもお気に入りです^^
東京もまだまだ捨てたもんじゃないですね。

★ Nob さん

ですよねぇ… なかなかな雷だったんですけどね…


はじめまして、いつも楽しく見させていただいています。
東京の空の写真とってもいいです。
私は東京のマンションに住んでいるので(西向き)、ブタネコさんが撮ったと同じ空を同じ気持ちで見ていました。空気が澄んでくれば富士山も見えるし、東京の空もいい仕事してますよね。

★ こったんママ さん

こちらこそはじめまして コメントありがとうございます。

ブログ拝見しました 同じ夕陽を眺めていたんですね^^

この時は東の空の稲光ばかりに気を取られていて 西が夕陽なのに気づくのが遅れました。^^;

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。