« 石原さとみ in HiwayWalker 7月号 | TOPページへ | 魔王 第1・2話 »

2008年07月11日

● 2008年7月夏の旅(尾道編)


鳩間島に続き、今回の私の旅の もうひとつの目的地は「尾道」だった。




尾道

この「尾道」という町は 大林宣彦による「尾道三部作」と呼ばれる映画のロケ地として おそらく私と同世代の人々には わりと印象深く記憶にあると思う。


尾道


尾道


尾道

上の三枚は 高台から尾道市街を見下ろしながら写したもの


見知らぬ旅行者には 一見、川の様に見えるが 実はそれは海で、向こう岸は島


尾道

その島と こちら岸を結ぶ小型のフェリー乗り場がいろんなところにあり、水面は実に賑やかだ。




基本的に「尾道三部作」と呼ばれているのは


 ● 1982年公開「転校生


 ● 1983年公開「時をかける少女


 ● 1985年公開「さびしんぼう


という3本。


そして、


 ● 1991年公開「ふたり


 ● 1995年公開「あした


 ● 1999年公開「あの夏の日」


という3本が「新・尾道三部作」と呼ばれている。


足の裏の負傷の為、某国立大学理工学部教授だけ予定を変更して沖縄から札幌に帰り 私と二代目開業医と気の弱い弁護士の三人が新幹線の「新尾道」駅に辿り着き ワガママで態度のデカイ三人が 1台のタクシーに乗り込む。


「どちらまで?」


行き先を尋ねる運転手に


「とりあえず @@@@まで」


と、ホテルの名前を告げ 動き出した車内で


「やっぱ、”転校生”の階段だろ?」


「いや、”さびしんぼう”の寺だ」


「”ふたり”の坂道だね」


と、3人は口論を始める。


しばらく黙っていた運転手が 我々の話を聞いて


「お客さん達は 映画のロケ地に行きんさるんかの?」


と、聞き


「そうだよ」


と、私が応えると


「じゃぁ、観光って事で安う貸し切りで案内してあげようか?」


と、運転手


「なに? アンタ、映画のロケ地 詳しいの?」


と、弁護士が聞くと


「わしゃぁ 大林映画を人生のバイブルと思うとりますけぇ…」


というわけで、その場で商談は成立し 運転手の案内で尾道市内を巡る。


尾道

転校生




尾道

「転校生」の男の子の家




尾道

転校生

「転校生」のラストシーン




尾道

尾道

画像

「さびしんぼう」の寺(主人公の家)




尾道

画像

「さびしんぼう」の どうでもいいシーン。^^;




さて…


タクシーの案内でまわってみて思ったが、この尾道という町は 道は細く急坂が多く、似た様な路地や景色も多く 単独で目的地を それも短時間で探すのはとても無理。


たまたま巡り会った 良い運転手のおかげで本当に助かった。


ただね…


札幌に帰って 写真の整理をしながら思ったんだけど…


尾道

画像

なぁ、運転手さんよぉ…


本当に 上の場所、「ふたり」の坂道なのかぁ?


が、まぁ、そんな事はどうでも良い。^^;




以下の写真は 翌朝、見た 尾道の朝焼けである。


尾道

尾道

尾道

尾道


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『2008年7月夏の旅』関連の記事

コメント

ブタネコさん、お久しぶりです^^

毎日更新されている旅行記楽しく読ませていただいています。
今朝開いたら、私の好きな尾道の風景がアップされているので、うれしくてコメントしています。

尾道の風景を見るとなぜか落ち着きます。
私の住んでいるところからだと新幹線で1時間30分で行けるんですが、なかなか足を運べません。
同じ中国地方ですが、尾道は時間の流れ方が違うんじゃないかというくらいゆったりした気持ちになります。
『転校生』の階段は同じ角度で写真を撮ったことがあります^^
私は『時をかける少女』が好きだったのですが、初めて行ったとき路地を歩くのがとても楽しかったことを思い出します。
どこもかしこも芳山和子が歩いたんじゃないかと思ってしまったんですよ、若かったなあ^^;

朝からなんだか懐かしい気持ちになりました。

「ふたり」という映画が大好きです。ロケ地、観に行きたいですねえ。
写真は違うような気がします。(笑)

★ slan さん

>尾道は時間の流れ方が違うんじゃないか

たしかに そんな感じがしますね


★ スミゴルフ さん

>写真は違うような気がします。(笑)

ですよねぇ…^^;


はじめまして ブタネコ様
たぶん わたくし 管理人様とは同世代かとおもいます。
中江有里から偶然Blog拝見したしだいです。
わたくしも昨年初めて尾道を訪れ(春)、以来”のすたるじー”にやられてしまったオッサンです。
今年こそは夏の尾道を...と思いつつ9月とあいなりました。
来年かなぁ~と弱気がさしてたところでした。
なんとか目の前の仕事をやっつけて尾道、竹原、鞆に参ります!
後日、再度お便りさせていただきます。

★ アポロ さん

私が この夏二度目に尾道に出かけた際、新幹線の「新尾道」駅構内にある観光案内所に 大林映画の簡単なロケ地マップが無料配布で置いてある事を知りました。

もし、それが アポロさんが行かれた時にまだあれば、散策の手がかりに重宝すると思います。^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。