« 近未来予報 ツギクル #11・12 | TOPページへ | 男の歩き方 »

2008年07月18日

● 大人の修学旅行 第1日目 京都(その3)


さて… 今回で京都編を書き終えるにあたり 無謀と自覚しつつroadraceさんに挑戦してみようと思う。^^;



【注意!!】

この記事の画像はクリックすると大きなサイズで鮮明な画像を見る事が出来る様になってます。




今だから正直に言うが…


私は かねがね、roadraceさんに対して敬服している事がいくつかある。


まず、第一はTV版「世界の中心で、愛をさけぶ」のロケ地である 松崎で彼が写した数々の写真のクォリティの高さ。


例えば、DVDでキャプ画を撮り、ロケ地の場所でそのキャプ画と カメラのファインダーを覗きながら その画角を合わせて写す事が どれだけ大変な事か…


これは、やった事のある人でないと、その苦労は判らないであろうし、それが一枚とか二枚であれば大変と思う程度ではないかもしれない。


けれども、彼が御自身のブログで掲示している枚数を考えると その熱意は想像を絶する。


第二に 彼が写す飛行機の渋さ。


彼の写した飛行機は その機体の質感や色の風味が独特で なかなか真似が出来ない。^^;


私が昨年 デジタルの一眼レフを購入して いろんな写真を撮り、ブログに掲示するにあたって お手本であり、目標と思ったのは 南東北のtakuちゃんであり、roadraceさんの掲示した写真だったのだ。


だから、もしroadraceさんにお会いする事が出来たなら 聞いてみたい事、確認してみたい事、そして試してみたい事が それぞれいくつか私の中にあった。^^


で、聞きたい事は 個人的な事もあるので置いておくが、確認してみたかった事は 彼がロケ地を撮影する時 どんな感じで撮影するのか?…を 眺めてみたかったわけで、それは伏見稲荷で じっくりと観察させて頂いた。^^;


で、試してみたかった事は 彼と並んで同じ被写体を同時に写した時に それぞれの写真がどの様に写り、どの様に違いがあるのかを比べてみたい…という事だ。


だから、さりげなく 何カ所かで何枚かの写真を 彼の横で撮ってみた。^^;


京都


京都



京都


京都


上の4枚は おそらくほぼ同じ場所でroadraceさんも撮影している。


そして、最も比べてみたいのは 伏見稲荷を見終えた後に、タクシーの運転手に


「京都で夕陽を見るなら ココ…って お薦めのポイントに連れていけ」


と、言って 連れてってくれた「将軍塚」という場所で


京都

ちょうど良い具合の夕陽を撮影したのだが…


京都


さて、roadraceさんの写真は どんな案配なのだろう…


決して、写真を比べて勝った負けたを言いたいのでは無い。


同じ条件で同じ被写体を撮り比べれば 私に何が足りないのかを知る大きな手がかりを得られると私が勝手に考えているだけの事。


けど、私はそれが知りたくて 秘かにワクワクしながら楽しみにしている。^^


【追記】

   roadraceさんの記事


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『2008年修学旅行』関連の記事

コメント

ブログを通して、密かにお慕いしている方々が、集合・会談されている体験を、こちらも共有させていただいております。
それぞれの方の、感激ぶりに、こちらもまた感激し、ブタネコさんのワクワクぶりに、こちらもまた、楽しみな気持ちを持たせてもらっております。
roadraceさんとの写真も、いやあ、ほんと楽しみになってきました。

大人って、いいな~。こんな楽しみ方って、心が贅沢でいいな~。

こんな気持ちにさせてもらえる、おすそ分け、本当にありがとうございます。楽しいなあ~。

ありがとうございますm(_ _)m。

・・・、もう・・・挑戦だなんて、逆に恐縮します(^^;。

でも、私も無謀ですが、受けて立ちます!
ただ、そんなに違いはわかんないかも(^^;。

遅筆ですので、今しばらくお待ちを(^^)。

★ kotetsu552005 さん

>こんな楽しみ方

そう、こういう楽しみ方もあるんです。^^


★ roadrace さん

ええ、いつまでもお待ちしますよ 佐々木小次郎の気分です。^^


…というか、このたびは 本当に引きずり回してごめんなさい。^^;

私は roadraceさんの「松崎に行きたい」というブログを拝見するまで「世界の…」のロケ地を実際に訪ねてみようという考えが 今だから正直に言いますと思った事がありませんでした。

でも、roadraceさんの記事 特に写真を拝見した時に 札幌という地に住む自分の環境が ちょいと気軽に…と行ける場所でないから嫉妬しました。^^

でね、その時から ずっと興味を抱いていたんです。

「この人は 松崎をどんな風に楽しんでいるのか?」と。

だから、無理矢理にでも 一緒に何処かを歩いてみたかった。^^;

今回、その念願が叶い 実は京都よりもroadraceさんを楽しんでいました。

本当に楽しかったです ありがとう。^^


PS、また 意表を突いて引きずり回しますから覚悟しておいて下さい。^^

ブタネコさん こんばんは^^

素晴らしいエントリーですね~
このエントリーを作成するにあたって
ブタネコさんの心意気まで伝わってくる感動的なエントリーです^^

私もroadraceさんのブログ『松崎に行きたい』に感銘を受けた一人であり、
ブログに掲載されている写真の一枚一枚に
彼ならではのこだわりを感じていました。
単純ですけどね、「すごい!」その言葉しか出てきません。
ブログタイトル通り『松崎に行きたい』そう思わずにはいられませんでした。

ブタネコさんからroadraceさんにお会いしたという話を聞いて、
今回のエントリーの件もすごく楽しみにしていました^^
私なら カメラを構えた彼の横に立つなんて出来ません(^^;)
でも、それをブタネコさんは実践されたんですよね。
これもすごいことです!

>大人って、いいな~。こんな楽しみ方って、心が贅沢でいいな~。
kotetsuさんのおっしゃっている通りですね^^
大人の楽しみ方そのものです。

夕陽と言えば、自分の中では松崎のイメージがありましたが、
山に沈んでいく夕陽も素晴らしいですね。
最後の一枚 WPにまた欲しくなりました(^^;)

PS:先日のエントリーのおかげで彼に会えました^^
心から感謝致しますm(_ _)m

★ Nob さん

やっぱ、roadraceさんのセンスには脱帽しました。^^;

試しに並んで撮った写真もさることながら、彼のブログの記事で 最後に京都駅に反射する夕陽を写した一枚 これを見て もう、苦笑して誤魔化すしか無いと思いました私は。^^;

あんな反射 全然、気にもしてなかったもんね。

結局、takuちゃんが言ってたんだけど 写真ってセンスなんだな…

それを つくづく実感しました。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。