« 銀色のシーズン | TOPページへ | HAPPY!(7月26日放送) »

2008年07月28日

● 大人の修学旅行2 高知編


まぁ、聞いて(読んで)やって下さい。^^;




今回の「大人の修学旅行2」では まず、尾道に残してしまった悔いを清める事。


それを終えた私は 魂の再生を図らなければいけない。


それに相応しい場所は何処か? そう私は考えた時、最適の場所に気がついた。


私が まだ、訪れていない場所で、私らしく生きる為に どうしても一度は行っておかなければならない場所… それは高知だ。




というわけで 尾道から不本意ながらJRで高知県のとある駅まで移動し、駅前のタクシーに乗り込むと 札幌から持参した地図のプリントアウトを運転手に渡し


「その印の場所に行ってくれ」


とだけ告げる。


そのとある駅から5分ほど車で走ったところに 目的の場所があった。


高知

それが 上の写真だ。


これが、何処で何のロケ地か…


ポカリCM

ポカリCM

ポカリCM

ポカリCM


2005年の3月 その前年の暮れにTV版「世界の中心で、愛をさけぶ」により 完膚無きまでに打ちのめされた私が 1本のCMにより


「亜紀が… 亜紀が元気に走ってる…(ToT)」


と、喜びの様な 感動の様な 少なくてもハッキリしている事は、壊れた精神を立ち直る方向へと導いてくれた ポカリスエットCM「走る春編」


そのロケ地である。


数枚、プリントアウトして持参したCMのキャプ画と 周囲の景色を検証し


「ここで間違いない」


そう確信した時、


高知

CMと同じ方向から 電車が走ってくるのが目に入った。


その電車は 誰が見てもアンパンマン


でも、その時の私にはポカリブルーの車体に見えた。


目頭が熱くなる… そう思った時には 両の目から涙が噴き出していた。


頬を伝う涙を拭いもせず、私の横を通過していく電車が小さくなるまで見送った。


そんな私に 待たせてあったタクシーの運転手が


「お客さん どうしたの?」


と、声をかけ それに対して


「バカヤロウ、男には 時に泣きたい時があるんだ」


と、怒鳴る私。


精神が浄化された瞬間だった。





お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『2008年修学旅行2』関連の記事

コメント

久しぶりにこのCMを見て、
当時の自分の気持ちを思い出していました。

しばらくTVでその姿を見ることもなく、
このCMでその元気な姿を見せてくれた時、
やっぱり素直にうれしかったですね(^^)。

それにしてもこの現地の写真。
写りにもすがすがしさが現れています。

あの~、そういえば路面電車と一緒に走るという話は・・・、
いえ、なんでもありません(^^;。

★ roadrace さん

この日の高知も暑かった…

アスファルトが 本当に焼けており、流れ落ちる涙と共に 電車と走る事などすっかり忘れておりました。^^;

高知に来ていたんですね。高知に住んでいるバリバリの高知県民なので、この記事を見た時とても親近感がわきました。高知は、暑かったでしょう…。鰹のタタキは食べましたか?もう少しでよさこいが始まるので、ますます暑くなりますよ。田舎ですがまた、いらしてください。
長々と失礼しました。

こんにちは。
私が拙電脳日記を始めたきっかけは、まさに「この場所を参拝した時の、自己の感動と感涙」を何とか後世に残そうと愚考した事でありました。

私も現場に立ち、CMに登場する「600形電車」がこちらに向かって来る光景を目にした時、涙を流す事しかできませんでした。
しかし。
私は並行道路における車列の切れ目を狙って。
走りました…

勿論所詮はメタボオヤジのかけっこ故に、勝負にはなりませんでしたが…


今度は是非。
当該CMの後半部分で登場した「男子学生からポカリを窃取する」坂道に行くことをお薦め致します。
それが更なる「魂の再生」を図る一助となるでせう~。

アンパンマンがピースサインしながら「ごめん」って・・・何故かブタネコさんにみえました(* ̄m ̄) ププッ

こういうものまで見せていただいた以上、肉球スタンプをつけた上でピースサインも入った

DVDを希望いたします。

★ 七世 さん

ええ、高知にお邪魔しました。^^

暑かったですねぇ… でも、思った程 湿度は感じなかったです。

(他が凄かったから^^;)


★ Andrew さん


ええ、ここも聖地でした。


>今度は…

さりげない挑戦状

そして、さりげなく「そこにも行かなきゃ」という嫌味^^

たしかに受け取りました。^^


しかしながら、坂道には私は興味がありません。

もちろん、石垣にも


これ以上魂を再生させたら 身体がもちません。


★ Wen さん


ん?


★ kotetsu552005 さん


そうですか…

じゃ、事務所と相談してみます。^^


あれ?
「も~らいっ」の坂の写真は行かなかったんですか?
電車の場所からタクシーで15分ほどのトーメン団地なんですけど・・・

★ 地元A さん

ええ、場所は存じておりましたが、自分の判断で行きませんでした。


何ていうのか・・・
このCMを初めて見た時の感動が蘇ります。
電車と一緒に走る・・・
かけっこじゃなくてひたすら走る姿 ほんと感動的でした^^

そうだよな・・・この場所にも行かなくては・・・

自分は何とか電車と並んで走ってみたいです。
後はゼーゼーで大変でしょうけど(^^;)

★ Nob さん

>自分は何とか電車と並んで走ってみたいです。

車にはねられない様に気をつけて下さい。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。