« 大人の修学旅行2 プロローグ | TOPページへ | 銀色のシーズン »

2008年07月28日

● 青い車


2004年公開の映画「青い車」のDVDを入手したので見た。




青い車

この映画を見ようと思ったキッカケは…


青い車

「麻生久美子」が出演していると知ったからで それ以外の予備知識は全く無い。


ゆえに、主演が「宮崎あおい」だと見てから知って「あ、痛っ!!」と思ったぐらいだ。


で、見た感想を 率直に言えば


青い車

このシーンで 麻生久美子が目の動かし方だけで 何が起きるか、どうなるかを予見させる演技が秀逸だなぁ…と、思ったのみ。


それ以外の内容については 格別、記憶に残っていないし もう一度見たいとも思っていない。




とある映画サイトにおいて この映画に関する解説として


既に失ったものや今失われつつあるものを目の前に。”いま”を生きる彼や彼女、その絶望の先に見えたほのかな希望としての、不器用な恋と優しさ、心地よく続く音楽のように、柔らかく、繊細に描き出した、2000年代を生きる僕たちの物語、誕生!


という文章を見かけたのだが、この文章を書いた人は 本当にこの「青い車」を見て書いたのか?と疑問に思いつつ、提灯記事として こんな文章をまとめられるのは大したモンだと恐れ入った(皮肉です)


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『麻生久美子』関連の記事

コメント

ブタネコさん、こんにちは^^

私も麻生久美子目当てでずいぶん前に観ました。

そして、”なんじゃこりゃぁ~”とちゃぶ台をひっくり返したくなりました。

★ slan さん

もう、全然記憶に残っていません。^^;


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。