« ICHI 番宣 | TOPページへ | 札幌上空(6月9日) »

2008年06月09日

● アフタースクール


映画「マジックアワー」を映画館に行って見た際に、映画「アフタ-スク-ル」をハシゴで観てきた。^^




アフタ-スク-ル


本当を言えば もっと早い時期に観に行きたいと思っていた映画なのだが、体調が思わしくなかったり、色々と予定があって観れずにきたのだが ようやくこの時期になって観る事が出来た。


で、個人的な結論から言えば 最近、映画館へ行って観た映画の中で この「アフタースクール」がズバ抜けて面白いと感じた一本だった。


アフタ-スク-ル


物語は 平凡な中学校教師(大泉洋)、エリートサラリーマン(堺雅人)、それに妖しげな探偵(佐々木蔵之介)、大泉達の中学時代のマドンナ(常盤貴子)、写真の女(田畑智子)の五人がメインで織りなすサスペンス


単純に「大泉洋」と「堺雅人」と「尾上寛之」が観たいと思っていただけで 何の予備知識も持たずに見始めたのだが、エンドクレジットを見ていて「監督:内田けんじ」という名前を発見し


「あ~、なるほどな」


と、思った。


この「内田けんじ」という監督の映画には 以前にも一度、腹の底から唸らされた事がある。


それは「運命じゃない人」というタイトルの映画である。


この監督は 脚本・構成・カット割りが実に巧妙に計算されており 自意識過剰の表現をお許し頂けば さすがの私も最後にどんでん返しが来る事を予測していながら その返し方までは読めず、「くわぁ~ そうきたか」と今回も唸った。


特に、常磐と堺の中学生時代を演じた二人の子役が抜群に良い。


で、サスペンス作品なのでネタバレ記述は控えようと思っているので ひとつだけお許し願えば 常磐が演じる女が出産する際、堺が何故 病院に来なかったのか…


その理由に関して 大抵の方が応える理由が二つある。


けれども、私には もうひとつ 三番目の理由が感じられ、そこまで監督は計算していたのか否か、たぶん無いとは思うけど もし機会が在れば聞いてみたいと思っている。^^


ちなみに、この映画は 私が観に行った映画館では 今月の20日までの上映だそうだ。


もし、未見の方で興味のある方は 是非、御覧になる事を強くお薦め申し上げる。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『大泉 洋』関連の記事

コメント

私も観てきました。
前作『運命じゃない人』同様、気持ちよく騙してくれましたね。

え?3番目の理由?!
なんなんでしょう?全然思いつかない・・・・気になる~~~!!(>_

自分もアフタースクール興味ありです。
まあ大泉洋さんと尾上寛之さん目当てだったんべすけど・・・。
でもブタネコさんがそんなにお勧めしているのなら
是非見に行かなきゃと思いますね^^!
なんでも尾上さんは佐々木蔵之助さんの後輩?役で
出てるとか・・・見たいですねー。

★ あかり さん

3番目の理由も含めて ネタバレ記事を掲示しておきました^^


★ ここ さん

是非、御覧になるべきです。^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。