« 吉瀬美智子 in サラリーマンNEO SEASON 3-5♪ | TOPページへ | 週刊真木よう子 第5話 »

2008年05月05日

● ゴールデンスランバー


先日、買いだめしてきた本の中から伊坂幸太郎:著「ゴールデンスランバー」を読んだ。




ゴールデンスランバー

新潮社:刊 ISBN978-4-10-459603-4


パッと読み終えた感想を簡単に言えば「面白かった」


不満と言う程 大げさなものでは無いが、個人的に気になったのは「首相暗殺の真相は?」という部分。


なんとなくなんだけど、もう一冊 別の本として既に書かれているのか、さもなくば、これから書かれようとしているのか… そんな感じがするので敢えて批判する気は全く無いが、もし そうではなく、著者としては「この本1冊で完結です」と考えているのであれば 好意的では無い批評が寄せられそうな気がする。^^;


が、他人がどう思おうが 私にはどうでも良い。


「面白かった」と感じたから そう述べるしか無いもんね。^^


で、書棚を眺めてみると これまでにブログに感想記事を掲示していない作品も含めて 伊坂幸太郎の著作を 私は、案外読んでいるんだなぁ…と気づく。


で、このブログに掲示した伊坂幸太郎の著作関連の感想記事を読み直すと 批判的な記述が多い事に気づく。^^;


しかしながら、私は伊坂幸太郎を嫌っているわけでは無く だから、これからも新刊が出たらきっと必ず買って読む。


にも関わらず、これまでの私の感想記事を読んだ人の多くは「ブタネコって伊坂が嫌いなんだろ?」と思っておられるらしい…


難しいもんだよね 想いを文章で伝えるのって^^;


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『伊坂幸太郎』関連の記事

コメント

こんばんは(^^/

「ゴールデンスランバー」 本屋さんの店員さんたちが選ぶ本屋大賞を受賞しましたね。

これまで、なんども既刊小説がノミネートされていて、でもいつも1位はとっていなかったんです。

新聞記事で(うちは、読売なので、たぶん読売に・・・)

「ゴールデンスランバーという作品自体ではなくて、今までの全ての作品も含めて、
伊坂幸太郎という作家に本屋大賞をとらせたいという書店員さんたちの愛が受賞の
大きな理由であろう」というようなことが書かれていたのを、とてもよく覚えています。
その記事に、すごく納得したので。

そして、私は、ブタネコさんの伊坂本レヴューにも、いつも伊坂作品への愛を感じています。

この作品で伊坂は何を伝えたかったのか!?果たしてそれは、読者にちゃんと伝わっているのか!?
っていうところからみえてくる、矛盾や破綻してるところへの指摘は、伊坂作品への深い愛だと
思っていたのですョ!

私も、これからも伊坂氏の新刊が出ればきっと必ず買って読みます!

★ すもも さん

>今までの全ての作品も含めて、伊坂幸太郎という作家に本屋大賞をとらせたいという書店員さんたちの愛

成程、それは私も判る気がします。^^

最近、いろんな作家の新刊本を読んでいて つくづく思うのですが、「その本一冊だけ」で 物凄い感動や、面白さを感じる事って 殆ど無いんです

同じ作家の本を数冊読んで初めて「面白い」と思える事は よくあるんですけどね。^^;

少しでも面白いと思ったから その作家の新作は読もうと思い、気がつけば「あれ? この作家の本
こんなに読んでたんだ」と。

で、「きっと 次はもっと面白いはず」と期待もしてしまう

でも、今 私が一番出会いたい本は それ一冊で魂が揺さぶられる様な傑作

ワガママというか欲張りなんだと自分でも判って入るんですが…^^;

こんにちは!

決して、ブタネコさんにお薦めするということではないのです・・・ただ、

>今 私が一番出会いたい本は それ一冊で魂が揺さぶられる様な傑作

私の場合、吉田修一『悪人』が、それにあたるかも・・・と思ったのです。
ただ、私、この作家が好きで既刊全て読んでいるので「それ一冊で・・・」という条件は
クリアしていないかもしれませんが(^^;

もしも、書評や実物をご覧になる機会があったら「あー、これ、すももが言ってた本かいなぁ~」と、
ちょっと思い出していただけたらいいなぁと思いまして。

もし、既読でしたらゴメンナサイ m(_ _)m

★ すもも さん

>吉田修一『悪人』

未読なので 早速、読んでみようと思います。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。