« 週刊真木よう子 第8話 | TOPページへ | 綾瀬はるか in いいとも♪ »

2008年05月27日

● イヴの贈り物


「イヴの贈り物」というタイトルのDVDを入手したので見た。




イヴの贈り物

イヴの贈り物

イヴの贈り物


W○W○Wで制作・放送されたドラマ


一流商社に勤め エリート街道をまっしぐらだった主人公の男に「舘ひろし」


彼は出世争いに夢中になるあまり、娘が病で亡くなった時も家庭を顧みなかったのだが 結局、彼は派閥争いに敗れてしまった。


そんな状況に落ち込んでいる時 喫茶店で出会ったウェイトレス(貫地谷しほり)に 亡くなった娘の面影を見つけ その女の子と関わっていくうちに娘への思いはより一層つのる…


物語の構成上、ネタバレになるので これ以上のあらすじをは述べないが…


見終えて感じた事は


「舘ひろし」や 彼の所属する事務所が最も得意とする典型的なワン・パターン・ストーリーで しかも、数十年前の様な画質やBGMなどをわざわざ用いる意味が私には判らない。


普段の私であれば


「特定の人達が 殆ど自己満足で仕上げたドラマ」


と、評するだろう。


もちろん そんな自己満足がダメだ…なんて言うつもりは無い。


ただ、今回の場合は その自己満足の結果が私は好意的に受け止める事が出来なかった。


言い換えれば、「つまらなかった」という意味だ。^^;


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『貫地谷しほり』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。