« 週刊真木よう子 第4話 | TOPページへ | ショコラの見た世界 »

2008年04月30日

● ジーン・ワルツ


海堂尊:著「ジーン・ワルツ」を読んだ。




ジーン・ワルツ

今回の主人公は産婦人科の女医 今までの田口公平のシリーズとは別線。


中だるみも感じず、飽きる事もなく ラストまで読み切れた…というだけでも「面白かった」と感想を述べる値は充分にあると思うが 物語の本線とは別に 地域医療の崩壊の原因を医師側の目線で語っている部分が とても興味深い。


現役の医師が厚生省への不満を こういう形でぶつけるのは大いにアリだと私は思う。^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『海堂尊』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。