« ワルボロ | TOPページへ | 最近のCM7本(4月24日) »

2008年04月24日

● 転々 DVD再見


映画「転々」のDVDを入手したので再見した。



転々

DVDが出るのを楽しみに待っていただけの事はある。


見直してみてあらためて痛感したが、この映画は やはり私の中では「名作」の一本だ。


転々

ある日、突然主人公の目の前に現れた取り立て屋(三浦友和)の突拍子も無い提案から始まった散歩 その道中の中で取り立て屋が語るいろいろな話が 雑談の様に見えて、それぞれに含蓄がある。


転々

こんな感じの立ち食いの焼き鳥(焼き豚?)屋が身近にある地域で生活している人には 何でもないごく普通の景色でしか映らないであろうが 田舎から大学進学や就職で上京し、こういった立ち食い屋が殆ど無い北海道の私が 故郷に帰って、東京での生活を思い出す時に ふと、思い浮かぶのは 実はこんな立ち食い屋だったりする。


大学生の頃、アパートと大学、そしてバイト先 この3ヶ所を結ぶ移動経路は4年間 通い続けたから どこにどんな店や公園があるか…とか、当時の景色は 今でもよく覚えている。


けどね、数年の後 札幌に居を戻してから 東京に出張した折りに ふと気が向いて、学生の時に住んでいたアパートや通学路を訪ねてみて初めて気がついたのは 通学路の風景は記憶にあるけれど アパートの周辺は全く覚えていない…という事。


そりゃそうだ、だって その頃、私はアパートの周辺を歩いたり 見て回る事など殆ど無かったのだ。


別に、生活に必死で…なんて理由なんかじゃ無い。


興味も関心も無かっただけの事だ。


でもね、引っ越してから数年後に ただ懐かしさだけでアパートの周辺を徘徊した時、知っているのは ごく限られた周辺だけで、何も知らない事を自覚し愕然とした。


そして、「もっと歩き回っておけば良かった…」と思った。


見て歩く時間なんかいっぱいあったのに…とも。


まぁ、見て歩いて そして記憶してたからって それが何かの得になったり、役に立つのかなんて きっと無い事の方が多いだろうけど、そこに4年間いた事の自分にとっての意義が欠けていたなぁ…と 少しだけ思った。


…なんて事を ついつい思い出させられたのが この映画だった。


さて、そんな個人的な思い入れはともかく…^^;


転々

「松重豊」や


転々

転々

「平岩紙」


転々

転々

「麻生久美子」の出演がスパイスの様に効いてはいたが


転々

圧巻なのは「三浦友和」の醸し出す雰囲気だ。


と、同時に


転々

「小泉今日子」と「オダギリ・ジョー」達との疑似家族が 実に ほのぼのとした良い家族像であり、ゆえにラストシーンでの余韻となるわけで…


その疑似家族を導き出した最大の要因が


転々

転々

転々

転々

転々

「吉高由里子」の存在だ。


この娘の底抜けさが全てを良い方向に変えている。


転々


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『三木聡』関連の記事

コメント

なんかとてもいい感じでした。

「紀子の食卓」のパロディというかオマージュというか、
あの確信犯的な演出にもやられましたww

で‥

perfumeとはまったく別の角度から私の魂をぶち抜いたあの歌がサントラに収録されているようなのですが、劇中と同じバージョンなんですかねぇ?
ちゃんとお風呂場エコーなのかなぁ‥

大変、気になっていますw

★ さんばるばり さん

>あの歌がサントラに収録

へぇ、そりゃ知りませんでした。

はじめてコメントします。多分ブタネコさんは僕と同世代のようですが、いつも楽しく拝見させていただいています。実は私は生まれも育ちも吉祥寺で大学も吉祥寺です。「転々」は「時効」や「亀速」などの三木ワールドのファンである僕にはたまらない映画でした。それに加えて二人の出発点が吉祥寺の焼き鳥屋「いせや」の前とは。実は現在海外在住ですが昨年一時帰国の際この映画を見ました。この風景は僕の原風景です。

★ takeshi さん

こちらこそはじめまして コメントありがとうございました。

「転々」は 私も大好きな映画の一つです。^^


返信大変ありがとうございます。現在オーストラリアのシドニー在住ですが、日本のDVDを売っている店がありまして、そこで仕入れた「時効警察」シリーズを繰り返し見るのが疲れたときの特効薬です。「転々」はまだ出ていませんが、出たら買うつもりです。こちらでは相変わらずモンティー・パイソン(ブタネコさんの年代ならご存知でしょう)が人気です。なんか小ネタの多さなんか似ていると思いませんか?

★ takeshi さん

>モンティ・パイソン

妹が好きで よく見ていたのを思い出しました。^^  懐かしいなぁ…


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。