« SP スペシャルアンコール特別編 | TOPページへ | アテンションプリーズSP »

2008年04月14日

● 2008年春の旅(富士山編)


今回の旅において その道中で撮影した富士山を記しておこうと思う。




2008年春の旅

上の画は 千歳空港を発ち、羽田に向かった飛行機が千葉上空に達した時に機窓から見えた富士山を写したもの。


かつて、第二次大戦時に硫黄島やサイパンから日本本土を爆撃に向かったB-29のパイロット達は 富士山を目印に利用した…という話を聞いた事があるが、上の画の様な光景を見ると悲しいかな「成程…」と思う。


しかしながら、そんな目的で飛行した米軍のパイロット達ですら 富士山が美しい山として記憶に焼き付いているともいう。


2008年春の旅

上の画は 聖地・松崎の「アジサイの丘」から松崎の街を望んだ画だが…


遠くの山々の中に 富士山の山頂が覗いているのが判るだろうか?


というわけで、


2008年春の旅

望遠レンズに換えて撮ったのが上の画


なんて言うか、富士山ってのは やっぱ、日本の山として心をときめかせる何かがある。




2008年春の旅

上の画は TVドラマ「HERO」のロケ地(キムタクが綾瀬はるかの目の前で海に飛び込む防波堤)で撮影した富士山


少し、霞がかかってるのが残念だが 威圧感が違う。




2008年春の旅

で、上の画は羽田から鹿児島に向かう飛行機の機窓越しに写した富士山。




さて…


ちと事情があって どういう状況で撮影したかは伏せさせて頂くが…


2008年春の旅

長野県南部(南アルプス上空)から見た富士山


2008年春の旅

甲府北方上空から見た富士山


上の2枚は夕暮れ時に写したモノなので 鮮明度が足りないが、自分なりに満足しお気に入りの写真である。


写真家の中には いろんな山だけを写す事に専念している方がいると聞くが、たしかに山の写真というのも魅力を感じるなぁ…と、思った。




さて… 富士山とは関係無いのだが

2008年春の旅

上の画は札幌で 千歳空港から札幌に向かうJRの列車内で 新札幌駅を過ぎると見える藻岩山の姿である。


私の世代の札幌っ子の多くは 大学や就職で故郷・札幌を離れ、本州方面で暮らした経験を持つ者が多い。


そんな彼らが盆暮れの休みに札幌に帰省した際、上の画の様な情景で藻岩山を見て 初めて


「札幌に帰ってきた…」


と、実感が沸いた…と感じている者が多いのだ。


「故郷は遠きに在りて想うもの…」という言葉があるが、帰郷を楽しみに夢見た札幌っ子が「札幌に帰ってきた…」と実感するのが「藻岩山」の姿を目にした時。


札幌に限らず、他の地方都市出身者においては それぞれの故郷のシンボルとなっているのが故郷の山である事が多いんだよね。


これを国に置き換えると 日本人の故郷感のシンボルが富士山になるわけで、普段 富士山の見える地域に住んでいる人は 何気ない風景の一つなのかもしれないが、私の様な地方の人間には つい、両手を合わせて拝みたくなる程 富士山の流麗な姿は気高く感じるんだな^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『2008年4月春の旅』関連の記事

コメント

ブタネコさんへ
寒暖の差が激しい今日この頃です、体調にお気をつけ下さい。富士山の記事を読んで思い出したエピソードがあります。40年も前のもので今もいきているかどうか分かりませんが、それは受験のために上京する受験生が富士山を見ると受験に失敗するというものです。2年の療養生活を終えて受験のため上京する時に東京で待ってくれている仲間が教えてくれました。今のすっかりへその曲がった僕なら最初から最後まで意地でも富士山を満喫するでしょうが、当時うぶそのものだった僕は新幹線の海側の席をとったものです。最近では麓での芝刈り時に見上げる機会が多い富士山ですが、やっぱり無心でつい眺めてしまうのが富士山です。

★ タンク さん

私は 普段、富士山を見る事が出来ないので 見える所に行くと タバコ一本分は ついつい眺めてしまいます。^^


こんにちは。
無事に札幌へ戻られた様でほっとするとともに、御挨拶が遅れました無礼をお許し戴ければ幸いに存じます。
富士山は、矢張り日本の象徴たる存在ですね。
しかし、飛行機ヲタである私にとって、富士山は「魔の山」とも感じてしまうのです。
富士山のように単独で聳える山の上空周辺は、山岳波がありますので…。
富士山北側空域は比較的安全と一般的に認識されておりますが、それでも個人的には『そんなに富士山に近づかないで下さい。できれば更にフィートを得て富士山から離れたルートを管制にリクエストしてくれ~』と思う事も多々あります。
ですから、富士山を拝むのは陸上から、と決めております。

★ Andrew さん

こちらこそお騒がせして申し訳ありませんでした(蕎麦が食いてぇ…など^^;)

飛行機は「揺れてナンボ」だと私は思っております。

ゆえに、グラグラきたら燃えます というか、盛り上がります。^^

しかしながら、巡航中の揺れよりも さぁ、アプローチだ…という状態の時に「フワッ」と機体が傾くとゾクゾクしちゃいます。^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。