« 貫地谷しほり in 食わず嫌い♪ | TOPページへ | 犯人に告ぐ »

2008年03月21日

● 雑感(3月21日)


ヲタが2匹 北海道にやってきた。^^




最初に断っておくが、この記事で以下に登場する「ヲタ」という言葉は 俗に「オタク」と呼ばれる性質の もっと濃いレベルを示す。


私は それをけっして批判するつもりなど毛頭無く 自らもいくつかの「ヲタ」である事を自認しており、親愛の情を込めて使用するものだと どうか御理解願いたい。^^;




さて、「綾瀬はるか」が来道した。


彼女が出演した映画が夕張の映画祭で招待作品となり、その映画の監督が 元々、映画祭の審査委員である事もあって その招待作品の上映にあたり もう一人の出演者である「小出恵介」と共に舞台挨拶をする為にだ。


すると、それにつられるかの如く、普段は本州在住の「綾瀬はるか」ヲタが二人 わざわざ、その上映と舞台挨拶を観る為に北海道にやってきた。


一人の大好きな女優を追いかけて関東から北海道へと簡単に駆けつける…


文章にすれば たった1行の事だが、これを実現するのは お金もかかるし、ともすれば時間も消費してしまう。


でも、映画祭において舞台の上と それを見上げる客席 いわゆる閉鎖された空間で大好きな女優と時間を共に過ごす… これって、理由もなく 生きる目的すら見失って部屋に引き籠もったり、ダラダラと習慣になってしまったパチンコ屋や競艇場に出かけて ただ、負け銭ばかりを増やし、時間も金も無駄にするのと外見上は変わらない様に映るかもしれない。


けれども、ヲタの追っかけには「想い出」という記憶が残る。


他人から見れば とてもクダラナく無意味な想い出であっても 本人にとっては人生が大きく変わってしまう出来事に化けたり、一生大切に 心の支えとなる様な「想い出」へと昇華する事だってある。


実際、私にも そういう記憶がいくつかあり、それらの記憶は おそらく他人から見れば滑稽だったり、無意味に映ったとしても 私にとってはその後の生き方が変わったモノであったり、その記憶を得た事で それまで無駄で無意味にすら思えた人生の一部の時間が かけがえのない結果を招く為に貴重な時間だったと有意義だったと解釈できるようになったりした経験を何度もしたからだ。


だから、今回の二人のヲタの様に ポ~ンと飛んでくる行動力には理解も出来るし、応援すらしたくなる。


そんな二人に 私は


「せっかくやってきた甲斐がありましたか?」


と 聞いてみたのだが、すると二人は


「いやぁ…、実に来た甲斐がありましたね^^」


と、目をキラキラと輝かせて即答した。


本人が それだけの満足感を得られていれば 他人がとやかく言えるモノでは無いのだ。


… こう述べると、例えば 今回の夕張の映画祭に「行こうか否かどうしようか」と迷い、結局、夕張に行くのを止めた人や 何らかの理由で行きたくても行けなかった人は 少なからず、後悔や嫉妬の気持ちを抱くかもしれない。


よく「経験や想い出は 金を出して替えるモノでは無い」


という人がいる。


でも、私は それは違うと個人的にだが思っている。


今回の事を例にとれば 競馬やパチンコで数万円負けるのと 北海道に来る旅費や宿泊費が同等の額だとすれば、これって言い換えれば 博打でドブに捨てたのと 記憶や想い出を その金額で買ったのと 他人から(理解出来ない人から)見れば「無駄遣い」と似ている様に見えても 残ったり得たモノがあれば それを買ったのと同じ…という強引な解釈も成立する。


つまり、「金で経験や想い出を買う事は出来る」のであり、さらに言えば「時には金を費やさないと得られない記憶や想い出や感動がある」とすら 私は感じている。


この二人のヲタは 昨日と今日を北海道で過ごし、それぞれがそれぞれにとって素敵な想い出を得て 今夜、千歳から飛行機に乗って自宅へと帰途についた。


二人が別れ際に見せてくれた満足そうな笑みを見て 私は「あぁ、良かったね」と 心から祝福を送るし、私自身も妙に嬉しくさせて頂いた。


で、何が言いたいかと言うと…


このブログでは 沢山の俳優のカテゴリーを設けて 見た映画、その出演者という形で記事をカテゴライズしているが、「綾瀬はるか」という女優さんだけは やはり、他の女優さんとは別格、一挙手一投足、表情や仕草や、そして彼女の声は 私にとって まさに別格の存在なんだ…という事を 昨日、私自身が痛感し、再確認した…という事だ。


「今まで生きてきて良かった、そして これからも もう少しだけでも生きていこう…」


本当に そう思わせてくれた事に深く感謝する次第だ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『雑感(2008年)』関連の記事

コメント

競馬でかなりのお金をドブに捨てる破目になり

ブタネコ さんの 先の観戦記と今回の記事を

ただ、ただ 指をくわえて読んでいます^^;


綾瀬はるかに逢えて ほんとうによかったですね。


★ 虎馬 さん

頂戴したコメントを拝読し「あ!!」と夜中なのに大声を出してしまいました。^^;

虎馬さんに対して 当て擦る意は全くありません。

なので、どうか虎馬さんにおかれましては「競馬」を「飲酒」に置き換えて お心穏やかにお受け止め下さる様お願い申し上げます。


はじめまして。 
いつも読ませて貰っています。
今回はあまりにも同感!!!すぎて涙がポロリ。です。
 

★ yosi2 さん

そりゃ、良かった。^^


その濃ヲタ2匹の内一匹は、*****の方ですか?(* ̄m ̄) ププッ

ブタネコさん含め、三匹の濃ヲタ乙でした(´ー`)ノ

しかし正直ららやますぃ~ぞ(T^T) グスグス

>「金で経験や想い出を買う事は出来る」のであり、さらに言えば「時には金を費やさないと得られない記憶や想い出や感動がある」

読みながら、「うんうん、そうなんです!まさにそう!!」と頷いてしまいました。
そして5回くらい読み返しちゃいました(笑)

関東から北海道まで遠征・・・その気持ち、行動、すごくよく分かります。
なぜなら・・・自分もある芸能人を追いかけてあちこち遠征するからです^^;
去年の夏、ボーナスを丸ごとつぎ込んで、関東を拠点に北から南の各地へ遠征しました。
時間とお金、体力と気力、休暇を申請する勇気、そして何より追っかけ対象への並々ならぬ想い、
これら全てがそろったとき、信じられないくらいのパワーを発揮するようです(笑)

とても楽しくて最高の思い出が出来たのですが、
その後しばらくは財政難&体調不良で大変でした^^;

★ Wen さん

へっへっへ…^^ 

あ、そうそう… 知覧の桜の咲き具合と 私の体調とスケジュールの調整が 未だに定まっておりません。^^;

どうです、そろそろ咲きそうですか?


★ みず さん

ども、お久しぶりです。^^

>自分もある芸能人を追いかけてあちこち遠征するからです^^;

ほう、そうでしたか^^

最近では誰を追いかけているのか ちと興味が…

こんにちは。
過日は御多忙にも拘わらず拝謁の機会を頂戴し感謝申し上げるとともに、当宗教呆人への寄進を賜り重ねて深甚なる謝意を申し上げる次第であります。

>「金で経験や想い出を買う事は出来る」
まさにその通りであります。
寧ろ「金員を支出して、経験や想い出を買わなくてはならない」と思う事すらあります。
「支出を要する金員の苦悩」と「得られるかもしれない利益」とを比較衡量し、後者が勝ると思えば積極的に支出する。
そうしなければ後生きっと後悔する事があるでしょうから。
ちなみに私の信条の一つは。
『距離に負けるな、好奇心』
でありそれを実践しているところであります。

★ Andrew さん

ども、先日は こちらこそありがとうございました。^^

Andrewさんと話して 私も少し、行動しようかな…と思いました。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。