« 最近のCM7本(3月19日) | TOPページへ | 東京大空襲 前・後編 »

2008年03月19日

● クワイエットルームにようこそ DVD再見


映画「クワイエットルームにようこそ」のDVDを入手したので再見した。




この映画を映画館で見た時の感想は『クワイエットルームにようこそ』という記事で述べた。


クワイエットルームにようこそ

で、今回 DVDを入手したので腰を据えてジックリと見た。


ストーリーに関しては 敢えて、この記事では触れずにおくが あらためて見直してみて つくづく感じた事は この映画のキャスティングの絶妙さだ。


クワイエットルームにようこそ

主人公の「内田有紀」


クワイエットルームにようこそ

「看護師」役の「平岩紙」


クワイエットルームにようこそ

「入院患者」の「中村優子」


クワイエットルームにようこそ

同じく「入院患者」の「高橋真唯」


クワイエットルームにようこそ


同じく「入院患者」の「筒井真理子」


それぞれがそれぞれの持っているポテンシャルをいかんなく発揮しており、この映画には私の大嫌いな「大竹し○ぶ」も出演しているが 彼女を含めて実に適材適所の配役だと思う。


で、特に

クワイエットルームにようこそ

「蒼井優」の見事さは この上無い。


クワイエットルームにようこそ

今まで彼女が演じてきた役柄を冷静に眺めると 実に幅が広いのは周知の事実なのだが、この「クワイエットルームへようこそ」で見せた彼女の役柄は 新たな「蒼井優」の姿。


クワイエットルームにようこそ

メイクのせいだけでは無く、台詞も言わない段階で 全身で狂気のオーラを醸し出せているのが判る。


これって、演者として凄いテクだと思うんだなぁ…


私は「内田有紀」が好きだから、彼女をけっして批難するつもりは無い。


けど、そんな私でも 主人公の「内田有紀」より、「蒼井優」の演技が数段、上をいっている事を讃えずにはいられない。


この「クワイエットルームへようこそ」は「蒼井優」ヒャッホイには必見の作品である。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『蒼井 優』関連の記事

コメント

ブタネコさん、お久しぶりです。
私はこの作品の原作を読んで、嘔吐するシーンがあまりにも多くて
とても映画だったら見られないだろうなーって思って
未だに見てません。
でも蒼井優ちゃんの演技はすっごく見たいんです。

ところで確かクドカンも出演していましたけど
どうやらブタネコさんは、クドカンがお嫌いなようですね。(笑)

★ Mint さん

脚本家としてのクドカンは高く評価しております

が、役者としては 今二つぐらいに感じております。^^;


やっと見ました。(^^♪

ブタネコさんの仰るとおり、全ての役者さんが、役にピッタリはまってましたね。
内田有紀は、今までで一番良かった気がします。
ラストの筒井真理子・・・爆笑でした。^^;
そして、蒼井優、やはり天才ですね。

★ あかり さん

ホント、凄いとしか思えませんね「蒼井優」は^^


当時の映画の記事にコメントしてしまいました。

こちらにコメントすれば良かったなぁ・・・と反省。

ただ、当時、映画を一度観ただけであそこまで深く考察できるとは・・・

★ 大阪だい さん

いえいえ、どっちでもかわりません。

”深い考察”なんて褒められると恐縮至極です。

ただ、見て感じた事を記しただけですから。

蒼井優って 初期の出演作は「虐める側の子」とか「性格的に問題のある子」なんて役を見事にこなしており、ふわっとした笑顔の素敵な子を演じる事もあれば、この映画の様に「怖い」役も巧い どうせ惹かれてファンになるのなら それらを堪能すべきだと思ったので これを御推薦申し上げた次第です。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。