« ノソブランキウス・ラコビー | TOPページへ | 0093女王陛下の草刈正雄 »

2008年03月10日

● 東京少年 東京少女


「決して逢えない二人」 それが共通のテーマの映画らしい。




どちらの映画も 日本国内の一部の地域では既に公開されたらしいが、北海道ではこれからだ。


先日、なにかの映画を見に行った際に 劇場予告が流れているのを見た。


東京少年

まずは「東京少年」から語る事にしよう。


東京少年

主演は「堀北真希」


東京少年

東京少年

東京少年

人格障害なのか 主人公の女の子の中に別の男の人格が宿り、男の人格は別人格の女の子を愛し、女の子には別の彼がいる…


そんな複雑怪奇な三角関係らしい。^^;


「花ざかりの君たちへ」というドラマで 男の子を演じる堀北真希を見たが、その経験が生きているのか、短い予告編の中ではあったが、TVドラマよりもクールな男っぽく見えた。


なので、劇場公開になったら見に行こうかな…なんて思ったが、


東京少年

脚本「渡邉睦月」と知り 見に行く気は失せた。^^;




東京少女

次に「東京少女」を語る事にする。


東京少女

主演は「夏帆」


東京少女

東京少女

何故か落とした携帯電話がタイムワープして 明治時代の男の子が拾うらしい。


で、何故かその携帯が通じて、会話を重ねるうちに主人公の女の子と 明治時代の男の子が恋に落ちるらしい。


東京少女

「夏帆」は 最近、私の中で花マル急上昇中だが、「君にしか聞こえない」を超えそうにはないので 劇場で見る事は無いだろう。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『堀北真希』関連の記事

コメント

ブタネコさん初めまして。

『東京少年』を観るのを断念されたようですが、「勿体無い!」と言わせて頂きます。

ブタネコさんがただの「頑固で偏屈なオッサン」だけならば、こうしてしゃしゃり出る気にもならないのですが、堀北真希がカナーリお好きとの事ですので。

映画については『私。恋した』よりは…とか、短時間制作の低予算にしては、とかの感想に留めます。しかし、かのドラマより先にこの男の子を演じた堀北真希を見逃させてなるものか! なのであります。
一瞬の目の表情の変化だけで、女の子から男の子へと豹変して見せるシーンに「堀北真希、恐るべし!」とハートを射抜かれた者として、お勧めざるを得ません。
どこの馬の骨? である私に言われても「なんだかなぁ~」と思われるのは重々承知でありますが、それでも尚、「騙されたと思って」観て頂きたい!

と、ここまで書いて、既に貴地では終了してることに気がつきました_| ̄|○
まったく「使えないオヤジ」でありますw

blog巡りの習慣がなく、『東京少年』をググって本日早朝にブタネコさんのblogに辿り着いた者ですので、吾ながら「遅かりし~」と残念です。DVD化された時には是非、レンタル屋さんの店長より入手されんことを願って止みません。

★ ちゃめラ さん

こちらこそはじめましてコメントありがとうございます。

「堀北真希」は良いなぁ…と かねがね思っております。

しかしながら、

>脚本「渡邉睦月」

と知った以上、見る価値が私にはありません 悪しからず。^^;

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。