« ちりとてちん 第21週 | TOPページへ | ロス:タイム:ライフ 第4話 »

2008年02月23日

● フルスイング 第6話


フルスイング 第6話を見た。




フルスイング

実に良いドラマだった。


ドキュメンタリーじゃないから、どこまでがフィクションで どれだけがノン・フィクションなのか判らない。


けど、真実は小説よりも含蓄が多い。


きっと、モデルになった高畠氏から 沢山の生徒や教師が 沢山の事を学んだのであろう事は充分に判る。


フルスイング

「高橋克美」は また良い仕事をしたなぁ… 本当に、そう思う。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『過去の名作ドラマ』関連の記事

コメント

高橋克美の張りのある声・・・とても身のあるドラマでした。

人はいくつかの出会いと別れを経て、大人になっていくもんなんですが
どんな出会いがあり、どんな別れ方をしたかがその後の人生に大きく関わってくるのだな~と
このドラマの卒業式シーンを観て心新たに感じましたね~。

★ Wen さん

知覧の桜は いつ頃が見頃でしょうか?

ご覧になっていたのですね。
ブタネコさんが観ていらしたということを知っただけで嬉しく思いました。

おっしゃるとおり、どこまでがフィクションかノン・フィクションなのか判らず、それゆえ決して不満ではないモドカシサを感じたりもしましたが、教師と生徒との関係、教師と教師との関係の描き方に、どこかしら新鮮なものを感じました。
高橋克美は本当に良かったと思います。

★ HAZUKI さん

高畠氏に指導を受けた選手達が 今後、コーチになった時 きっと、その中から何人も素晴らしいコーチが現れるだろうと思います。

人を教える…ってのは そうあるべきものなのでしょうね。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。