« チーム・バチスタの栄光 映画版 | TOPページへ | あしたの、喜多善男 第7話 »

2008年02月19日

● L change the world


映画「L change the world」を見てきた。




L change the world

個人的な感想に徹して述べると…


「松山ケンイチ」という役者は実に芸達者だなぁ…と思った。


まぁ「L」というキャラクターが特異で個性的だから いったんハマってしまえば文句のつけようが無いと言ってしまえばそれまでなんだけどね。^^;


この映画はスピンオフ作品という事で 原作には無いオリジナルストーリーであるから そこに新鮮さを求めて期待度は高かったわけだが、物語的な部分の感想を言えば、「L」の最大の特徴である「頭脳戦」が 全く活かされていないストーリーには 唖然とした。


しかも、引きこもり系で 太陽とか運動には無縁である「L」が走り、ジャンボ機に飛び移るアクションは「なんだかなぁ…^^;」である。


L change the world

キャスティング的な部分の感想を言えば、久しぶりに見た「工藤夕貴」に「ほぅ」と思いつつも 相変わらずの棒ぶりに複雑な思いを感じ、高嶋(弟)の筋金入りの棒ぶりと合わせて この映画の制作者は「デスノート」を喜劇で終わらせたいのか?とすら思いつつ…


おそらくはコミカルさを求めての起用(あくまでも好意的に考えれば…の話で)と思われる南原は「完全にイラネ」だった事は強い口調で指摘しておきたい。


L change the world

さて、そんなイタダケナイ話とは真逆で まず、「福田麻由子」について語ると…


この娘はホント 良すぎるわ。^^


特に、今回は怨みを込めて睨みつける表情を初めて見せて貰ったが これが実に良い。


どれだけ、女優としての幅の広さを 今の時点で見せつければ気が済むのだろう。


そして、「佐藤めぐみ」の なかなか良いキレっぷりも讃えておかねばなるまいて^^


死体を足蹴にする時のふくらはぎに 思い切りの良さを感じたよ。


で、もうひとり 褒めておきたいのは「鶴見辰吾」の死にっぷり。


素晴らしい断末魔を見せてもらったよ。




で、最後に総論的な事を述べると…


日本テレビは この出来で客から入場料を取る「映画」と称するのは 実に片腹痛い行為だと猛省を求めたい。


これがルパン3世のアニメの様に2時間スペシャルのTVドラマで放映したのであれば文句も言わずに済む。


フジ系が映画で儲けているのに対抗したい気持ちは判らなくも無いが、であれば 料金に見合うクォリテイぐらいは見せて欲しかった。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『松山ケンイチ』関連の記事

コメント

ブタネコさんへ
体調を少し崩されているとか、寒い中千歳にいって写真を撮った影響が出ているのかも知れません、お気をつけ下さい。21日に確定申告も終わったので久しぶりに映画でも見ようと府中のシネコンに行きました。この映画とバチスタを見ようと思っていたのですがブタネコさんの評価があまりよくなかったのでこの日はエリザベスゴールデンエイジをみて帰りました。衣装やCGは中々見ごたえはありました。翌日、やはり日本映画も見て自分なりの感想を持たなくてはと思いこの映画とバチスタの二本を見てきました(暇なもので)。昨日の映画と比べて(比べてはいけないのかも知れません?)やはりなんか安っぽく作ったと言う感は否めません。いくら映画と言っても、もう少し現実味を持たせろよと言いたいです(FBIが一人だけ?etc.)。バチスタの方も映画としては楽しめましたが、小説を読んだ時の面白みが半分も伝わってこなかったというのが正直な感想です、ちょっと言いすぎですかね。

★ タンク さん

タンクさんが映画の記事にコメントを下さるのは とても珍しいですね。^^

>安っぽく作ったと言う感は否めません。

そうなんですよねぇ 邦画って本当に安っぽいモノが多いですね

>ちょっと言いすぎですかね。

いえ、宜しいんじゃないでしょうか^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。