« 死神の精度 | TOPページへ | 白い巨塔 考(その1) »

2008年02月09日

● 笑顔の法則


このところ、北海道地区ではTVドラマ「笑顔の法則」が真夜中に再放送されているので見ている。




笑顔の法則

率直に言って とりたててこのドラマに思い入れがあるわけでは無く、実はオンタイムでは見ていなかったので 今回、再放送で見るのが初めて。


笑顔の法則

主演は「竹内結子」で 彼女は漫画誌編集部のバイト社員


笑顔の法則

人気漫画家の「阿部寛」の担当として張り付いている。


阿部は とある事情で自分のマンションから逃避し、


笑顔の法則

笑顔の法則

伊豆のとある旅館に身を潜めて漫画を書いている。


笑顔の法則

その旅館の女将が「野際陽子」


笑顔の法則

板長であり竹内結子の兄役に「陣内孝則」


笑顔の法則

番頭に「高橋克美」


笑顔の法則

旅館の面々


笑顔の法則笑顔の法則

笑顔の法則笑顔の法則

笑顔の法則笑顔の法則

まだ、最終回まで見たわけじゃないけれど…


内容的にはとりたててどうこう感じるモノは無いが、目くじら立てて文句を言いたくなる部分もなく、ほのぼのとした雰囲気のドラマとして楽しめる。




さて…


ちょいと竹内結子ヒャッホイ視点で語らせて頂くと このドラマは2003年の4~6月期にTBSの日曜劇場で放送されたモノ


このドラマの前は「ランチの女王」で その前は「白い影


同時期の出演映画は「星に願いを」(2003年)、「黄泉がえり」(2003年)、「天国の本屋~恋火」(2004年)


何を言いたいか…というと、女優「竹内結子」がブレイクしたのは この時期と言ってたぶん怒られる事は無いと思うのだが、問題は どの作品がキッカケでファン度がグンと増したのか?と 竹内結子ファンに問うた時、上に挙げた作品のいずれを挙げるかがファンそれぞれバラバラだという事。^^


ところがね、竹内結子がそれぞれの出演作で演じた役柄は どんな感じ?と眺めると「白い影」は それまでの竹内結子が演じてきた女の子のパターンである、清楚で口数の少ない どちらかと言えば内向的な女の子 3本の映画は映画自体が似通っていて変わり映えがせず、強いて言えば「ランチの女王」だけが ちょっと特殊。


にも関わらず、いずれを挙げるかがファンそれぞれバラバラだというは 思うに、竹内結子の女優としての端境期とブレイク時期が重なった結果なのであろうけど、これって考えてみると実に興味深い。


つまり、似たり寄ったりの作品・役柄でありながら それぞれを微妙に演じ分けているからこそ、ファンは そのそれぞれのいずれかの部分がキッカケとなりヒャッホイ度が上がって…って事を推し量れるのかな?と。


そういう意味では この「笑顔の法則」を見ず、語らずに置くのは竹内結子ヒャッホイとしては片手落ちになるので記しておこうと思ったわけだが…


笑顔の法則笑顔の法則

このドラマには ロケ地の伊豆長岡の風景が ところどころに映っている。


伊豆長岡と言えば…


そう、個人的に思い入れのある地域。


これは 私にとってはとても重要なファクターとなる。^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『竹内結子』関連の記事

コメント

私が竹内結子と言う名前を意識したのがサントリーのC・CレモンのCMで、その後白い影をみたときにあぁあのCMに出てたなという感覚でした。
そして「ランチの女王」観て、いいなぁこういう自分の言いたいことを言える女の子って、と感じて身近なある女の子を思い出しました。控えめも良いけど自己主張のできる子も良いなぁと。

たぶん竹内結子という名前自体はNHKの朝ドラ関係で知ったと思いますが、その時は朝ドラ見てないし出演者なんか興味ないから単語として覚えてたんでしょうね。
でも輝く物は自ら光を発するんでしょうか、こちとらが意識しないでも向こうからやってくる様な具合でいつしか私の心の中に刻み込まれてしまった。

付け足しですがその後、C・CレモンのCMでは相武紗季にやられてしまいました。昔っからサントリーはCMうまいね~、C・Cレモン自体は別に美味くないけど。

結論は「ランチの女王」の竹内結子が好きですね、ドラマの内容なんて覚えてないんですが。(笑)
あ、「笑顔の法則」も記憶にない。

★ あらん さん

なるほど^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。