« ある方からの手紙 | TOPページへ | Yuming Films »

2008年02月04日

● ロス:タイム:ライフ 第1話


TVドラマ「ロス:タイム:ライフ」 第1話を見た。




ロス:タイム:ライフ

第1話を見て思った事は 設定が斬新だなぁ…と、思ったとこ。


ただし、銃を撃った人物だけが ロスタイム中、ずっと固まっているのが納得いかない。^^;


が、そんなとこにケチをつけたら 根底から終わってしまってうので放っておき、違う所にケチをつけると 相手役が吹石一恵だったのが判った瞬間に 私の中で この第1話は終了した。^^;


ロス:タイム:ライフ

ロス:タイム:ライフ

唯一の収穫は「小市慢太郎」だが、この第1話での使われ方は 勿体ない。

お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『小市慢太郎』関連の記事

コメント

久しぶりにコメントさせていただきます(^^)
確かに、設定が斬新ですよね。
ただ私は、「ライカ」が出て来て、話しの流れに入ってきたところが印象的でした。
ブタネコさんに、「少女ライカ」を進めていただいて読んでいたので、「ライカ」というカメラが手巻きのカメラということは知っていたのですが、映像で出てくるとまた、素敵なカメラだなと思いました。
昔、父のカメラがやっぱり手巻き(何処のカメラかまでは、覚えていないのですが)のカメラで、
小さい頃は、ピントを合わせたり出来ないからという理由で、写したりはしなかったのですが、
手巻きだけはやらせてもらえていて、その「ガション」っていうかなんというか不思議な手の感覚が好きだったことを思い出しました。
ということで、このドラマは、カメラの「ライカ」を映像で見ることが出来ただけでもかなり収穫でした(^_^)

★ sei さん

ども、お久しぶりです。^^

そうですね「ライカ」のところは「お?」と私も思いました。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。