« 鹿男あをによし 第6話 | TOPページへ | 王様の心臓~リア王より~ DVD再見 »

2008年02月22日

● バレンタイン草加煎餅2008(その3)


娘が二人とも帰宅していない… 




世の多くの方々は そんな事ぐらいでオタオタしてどうする…と、笑い飛ばすのかもしれない。


しかし、私には それだけで体調も機嫌も悪くなる充分な理由となる。


嫁に怒られ、仕方なく寝室に行き ベッドに横になるが眠れるわけが無い。


寝室のテレビをつけて ながら見しつつ、読みかけの本の続きを読む。


しかしながら 薬の副作用なのか、いつの間にか寝てしまい ふと目覚めたら もうとっくの昔に陽が昇っている。


嫁は いつの間にか隣のベッドで寝て、そして いつの間にか既に起きたらしく、その間 私はずっと爆睡していたようだ。


私はベッドを抜けだし、トイレで用をたして居間に行くと、娘達はもいつの間にか帰ってきて、そして朝になって出かけていったようで、嫁が一人で台所にこもり、漬け物を仕込む下ごしらえをしている。


私の姿に気がつくと 嫁は鼻でフフと笑い


「ちゃんと、アナタが寝たすぐ後に二人とも帰ってきて 二人とも、もう出かけて行ったわよ」


そう聞いても 何かが釈然としない私。^^;


しかし、そこでどうこう言っても仕方がないし、それでなくても 私は嫁に勝てない。


何も応えず、目覚めのコーヒーを自分でサーバーから愛用のマグカップに注ぎ、それを飲みながら新聞を読んでいたら…


小さめのお盆に 7分目におかゆを盛った小どんぶりと、明太子がひとかけら入れられた小鉢を嫁が持ってきて


「お父っつあん お粥が出来たわよ


 と、言う


「そりゃ、娘が言う台詞で 嫁が言っても意味が違うだろが」


苦笑して私が言うと


「馬鹿ねぇ、このお粥は長女 明太子を小鉢に入れたのは次女よ

 夕べ、二人が帰ってきた時に ちゃんと私が言い聞かせたのよ

 そしたら、今朝 起きてきた二人が、お父さんが起きたら食べさせてあげて…って」


嫁の話の途中で もう既に涙ぐんでいる私。(ToT)


「そうか… 娘達の為にも 早く良くならなきゃな…」


まるで、余命の数ヶ月の患者の様な台詞を呟き 差し出されたお粥を食べながら


「なんか、このお粥 塩っぱいなぁ… あ、俺の涙か 塩っぱいのは」


なんて呟く私。


そんな私に


「元気な時に話したら 具合悪くして寝込むだろうから…

 せっかく、風邪ひいて具合悪くしている今だから ついでに言っておくけど…


 どうやら、(娘達)二人とも 彼氏が出来たみたいよ^^


 大学出てから付き合う相手は 結婚を意識して付き合いなさいね…って

 前からアタシがキツく言ってあるから 二人とも、それぐらい心得ていると思うのね

 だから、アナタ(ブタネコ)も心しておいてね」


と、トンでも無い事をサラリという嫁。


私は 持っていた小どんぶりを嫁に差し出し


「おい、おかわりをくれ」


すると、嫁は


「あら? どうしたの食欲出るぐらい元気になったの?」


と言うので


「うん、早く良くなって 娘に手を出そうとするバカタレ共をブッ飛ばしてやる」


目をギラッと光らせて 差し出されたおかわりのお粥をガツガツと食べる私だった。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『バレンタイン煎餅』関連の記事

コメント

14日の出来事を放置するようなことは無いと思ってましたが、
次なる作戦に備えるのですね。ブタネコさんの逆襲を楽しみにしてます。

★ うっち~ さん

なかなかオヤジはオヤジで辛いんです。^^;

ブタネコさんへ
本当は、こちらにコメントしようと思ったのですが、余り立ち入るのも憚られて映画のほうにコメントした次第です。いよいよ運命の日のカウントダウンが始まったみたいですね、最初からとっちめようとは思わず暖かい目で見てあげてください。僕は経験していないので軽はずみな事は言えませんが世のお父さんたるもの皆同じような経験をしているはずですから、’案ずるより産むが易し’なのかも知れません。
奥様とブタネコさんに鍛えられた娘さん達ですから、あまり変なのを連れてくるようなことはないでしょうから、その点では少し安心なのではと推察しております、只健闘を祈ります。でもね本音はブタネコさんが羨ましいのです、僕も一度で良いから経験したかった、いいなー。

★ タンク さん

とっちめようとは思っておりません。^^

彼氏にとって 超えねばならぬ試練をキッチリと用意してやるだけの事です。^^

ただね、ちゃんと礼儀をわきまえて目の前に現れる彼氏に対しては その心意気は認めるつもりです

遊び半分で… なんてアホが現れた時は 真の意味での地獄を教えてやりますが。^^;


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。