« 赤い文化住宅の初子 | TOPページへ | 因幡の白うさぎ »

2008年01月30日

● あしたの、喜多善男 第4話


あしたの、喜多善男 第4話を見た。




あしたの、喜多善男

不謹慎発言だとは思うが、この「あしたの、喜多善男」を見ていて 憧れる、というか そんなシチュエーションに巡り会ってみたい…と思う部分がいくつかある。


あしたの、喜多善男

もちろん 若いオネェチャン(しかもアイドル)に振り回されてみたい… というのもあるが、^^;


私の場合、毎日 オカァチャンに室伏のハンマー並みに振り回された挙げ句 放り投げられているので 新規で申し込むつもりはないけどね。


「11日後に死のうと思っているんです」という、さえないオッサンと出会ってみたい…


それが一番、あってみたいシチュエーション。


何故、死にたいのか? どういう風に死にたいのか? そんないろんな事を質問攻めにしてみたい。


つまり、私にとって この「喜多善男」が 何故、死にたいのか? どういう風に死にたいのか? という部分に「成る程なぁ」という説得力を示してくれれば 他人はどうあれ、私の中では「面白いドラマ」として完結するだろう。


で、現時点での感想を言うと「どういう風に死にたいのか?」は これから先の話だからおいておくとして、「何故、死にたいのか?」については 今までの描写の中にいくつか表示はされてはいるけれど 残念ながら、まだ薄い。


あしたの、喜多善男

「今井雅之」が演じる「三波」という男の人物像が少しづつ明らかになっているが、きっとこの男の絡むエピソードが鍵なのだろうから それが判明した時に、どう納得させてくれるのか それが楽しみだ。

あしたの、喜多善男あしたの、喜多善男

あしたの、喜多善男あしたの、喜多善男

あしたの、喜多善男あしたの、喜多善男

あしたの、喜多善男あしたの、喜多善男

あしたの、喜多善男あしたの、喜多善男


あしたの、喜多善男あしたの、喜多善男

「吉高由里子」が 良い具合にはじけてるなぁ…^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『あしたの、喜多善男』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。