« 鹿男あをによし 第2話 | TOPページへ | 世界の中心で、愛をさけぶ DVD3巻再見 »

2008年01月25日

● 千歳空港の滑走路脇で”漢”を見た。^^


いつもの様に写真を撮っていた…。




昨日(1月24日)の北海道は この冬一番の大荒れな天候だった

千歳空港


午後になって 天候は回復したけれど…


千歳空港

千歳空港


札幌の我が家も いきなり30cmの積雪に見舞われ、本来であれば 家で雪かきしながらまったりと過ごさなくてはならないのだが…


そういう時こそ「千歳へ」 それが、ブタネコ流、自称:写真家への道なのだ。


千歳空港

千歳空港

予想通り、空港は大混乱だった。


離陸直前になって機体に故障が見つかって 結局、欠航になったジャンボや…


着陸寸前に加速急上昇してゴーアラウンド(着陸複行)する機体も多く、こういう日でなければ目に出来ない光景が広がっていた。


が、そんな日に 脳天気に写真を撮りに来てる奴なんかいない。^^;


と、思っていたら 一心不乱にビデオカメラを回している御仁がいる。


最初、どうしても撮りたい角度の写真があって その人のそばで


千歳空港

写真を撮っていたのだが、よく見れば その人はビデオカメラで絵だけではなく、音声も真剣に録っている。


なので、タイミングを見計らって


「もしかして、僕のカメラのシャッター音 邪魔になってませんか?」


と、その人に聞いたら ちょっと苦笑いして否定はしなかった。^^;


「あぁ、悪い事しちゃったなぁ…」


そう、思ったのと 撮りたい写真はとりあえず撮ったから、音の邪魔にならい距離まで離れて その後は何も考えず、いつもの様に車で時折、温まりながら まったりと写真を撮っていた。


が、ふとした拍子で「あれ?」と思った。


それは その人のビデオカメラに装着された録音マイクの風除けが どこかで見た様な気がしたのだ。


で、夕闇が広がり「もしかして…」と声をかけてみたら 以前、roadraceさんに教えて頂いて拝見し、心の底から「凄ぇ」と唸った『RW:runway』というサイトを運営されておられる星澤さんだった。^^


やっぱ、この御方は凄い。


私が時々、車で温もり タバコなんか吸ったりしていたにも関わらず ず~っとカメラのモニターを見据えたまま撮影し続けていたのだが、その姿は 旅客機をビデオに録るのが楽しくて仕方が無い…という雰囲気はもちろんの事 カメラのいろんな部分を細かくチェックしたり、調整したり… とにかく、その「楽しんでいる」という姿は 今まで、千歳空港近辺で見かけたカメラマンとは段違いの気合いがあった。


物事に真剣に取り組み、大いに楽しむ… 星澤さんの姿に それを教わった。


しかも、実際に話をさせて頂いたところ とても気さくで楽しい方で、偶然とはいえ、荒れ狂った吹雪の中を 千歳に出かけたのは私にとって大正解だったのだが…


帰宅してみたら 雪かきしないと車庫に車を入れられず…


お陰で、身体は筋肉痛だし なんか朝から微熱だし… orz


星澤さんが また腰を抜かさせられる様な動画を見せて下さるのを期待しております。^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『千歳空港』関連の記事

コメント

あの星澤さんと千歳でお会いされたようで、うらやましいです(^^)。

そのお姿はまさに職人のようではありませんでしたか?
趣味とはいえ、星澤さんにはその「本気」を感じさせられます。
また新作が楽しみです~。

それにしても写真の除雪車の連なる絵はスゴイですね(^^;。
さすが千歳といった感じです。

★ roadrace さん

「職人」というよりも 一心不乱に熱中している様は「少年」ですね

これは 私としては是非、見習いたい姿勢でした。

良いお手本を頂戴したと感じております。


>除雪

これでも画角に収まっているのは 全作業車の半分くらいなんですよ^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。