« 綾瀬はるか in 食わず嫌い♪ | TOPページへ | 最近のCM9本(1月18日) »

2008年01月18日

● 鹿男あをによし 第1話


鹿男あをによし 第1話を見た。




鹿男あをによし

原作を読んでいないし、読むつもりも無いので どんな物語か知らなかったぶん、ちょっと意表を突かれた内容で面白かった。


鹿男あをによし鹿男あをによし

「玉木宏」は大好きな役者であるし、お気に入りではある。


ゆえに基本的には「玉木宏」が主役である事も 充分に理解しているつもりでもある。


しかしながら、

鹿男あをによし鹿男あをによし

「綾瀬はるか」が出演…となっては、この時点で私の中では主客が転倒してしまう。^^;


鹿男あをによし鹿男あをによし

鹿男あをによし鹿男あをによし

鹿男あをによし鹿男あをによし


荒んだオッサン心をポワ~ンと包んでくれる「綾瀬はるか」が大好きだからだ。


鹿男あをによし鹿男あをによし

こういう姿を見せてくれるのも嬉しいし…


鹿男あをによし鹿男あをによし

こういう表情も堪らないが…


もっとも癒されるのは


鹿男あをによし鹿男あをによし

こういう表情の変化に出会う時。


熱い湯船に首まで浸かった時の様な温もりを感じ 骨の芯から温まる。^^


鹿男あをによし鹿男あをによし

「多部未華子」のクールさも程良く利いているし…


ちょっと、意外だったのは

鹿男あをによし

この鹿の声が「竹中直人」だとばかり思っていたら「山寺宏一」だったのね聞き分け出来なかったよ。^;


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『鹿男あをによし』関連の記事

コメント

ものすごく今後が楽しみなドラマでした。藤原君キャラはものすごくいいです。

「薔薇の~」の感想を読ませていただき、やはり見ることはないだろうと心新たにしたのですが、どっこい、「鹿」に関しては、比較するのも次元が違いました。

あ~~~~~、嬉やです。ブタネコさんの毎回のアップを楽しみにさせていただきます。
どうぞよろしくお願いします。

ブタネコさん、こんにちは。

第1話面白かったですね~♪
多部未華子さんが好きなので見ようと思った作品です。
実は私も鹿は竹中直人さんだと思ったんですが、エンドテロップで山寺宏一と出ていたのであれ?と思いました。
綾瀬はるかさんは以前は苦手な女優だったのですが、"干物女"を見てからお気に入りの一人になりました。今回も魅力全開ですね。
3人並んだ食事シーンが毎回楽しみになりそうな予感・・・。

しかし、話の筋とはまったく関係なく鹿がうろうろしている姿になんだか癒されてしまいました。奈良はやっぱり景色がいいなあ。

けっこう原作に沿ってますよ~
藤原先生はバスケット部の顧問だったような気もしますが、剣道着姿見れただけで(≧∇≦)b OK牧場!

牡鹿二頭を従える高貴なる雌鹿ってね。。。o(^▽^)oゲラゲラゲラゲラ

とくダネの番宣の最後に小倉さんから
玉木君との3度目の共演について聞かれてましたよね。
「一番楽しいかもしれない」って彼女答えていました^^
これを語る時の彼女の表情がとても嬉しそうだったのが印象的でした。

このドラマ とてもいいと思います!
毎週木曜日が楽しみになりました^^

★ kotetsu552005 さん


「綾瀬はるか」の出演作で 脚本家や他の出演者に鼻につくものが無い限り、内容なんてどうであっても 私にとっては必見なんです。^^;

でも、なんか良いドラマに化ける予感が私の中ではしてます。^^


★ slan さん


>山寺宏一

ですよね^^


★ ピエロ さん


今回、アナタはエキ行ってないの?

鹿役なんて けっこうピッタリ…

あ、体格的に無理か^^;


★ Nob さん


>これを語る時の彼女の表情がとても嬉しそうだったのが印象的でした。

ですね、演じる側が楽しく演じてくれれば 見る方にも楽しさは伝わりますしね^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。