« 真木よう子 & 小日向文世 in グータンヌーボ♪ | TOPページへ | Nobさんに捧げるオリオン座 »

2008年01月11日

● キサラギ DVD再見


映画「キサラギ」のDVDを入手したので観た。




キサラギ

キサラギ

この映画を映画館で見た時、物語の内容もさることながら いろんな事を考えさせられた、というか 気づかされた。


主な出演者は


キサラギ

「小栗旬」


キサラギ

「小出恵介」


キサラギ

「香川照之」


キサラギ

「塚地武雄」


キサラギ

「ユースケ・サンタマリア」


という5人で 他にも数名出演するが それらはどうでも良い。


キサラギ


初期設定としては


キサラギ

一般的には売れてないアイドルの死から ちょうど1年後、そのアイドルのファンが集う掲示板で知り合った5人が集まって一周忌をする…というものだが、


キサラギ

集って話し合っているうちに、アイドルの死が自殺では無いという事が判っていく。


ま、作品自体がミステリー・タッチなので内容には触れないが 私としては、個人的にこの映画はとても面白いと感じている。


で、この映画を観て思った事は 台詞の「間」とか、カット割りの「間」などが巧妙で とてもテンポが良い。


冒頭のオフ会準備から 宍戸錠が出てくるシーンまでは ずっと引き込まれっぱなしだった。


しかしながら、もし、これがTVの2時間ドラマだったならば、途中に数回のCMが割り込む事になり このテンポを維持するのは無理だろう…って事 


そう考えると、この映画の魅力は半減とまではいかずとも、1/3減にはなるだろう。


つまり、視点を変えれば「映画ならでは」という効果には そういう部分があるという事に あらためて気づかされる。




この「キサラギ」は 大部分を5人の出演者による密室劇の構成なのだが、このてのつくりの映画で面白いと感じたのは 三谷幸喜による「12人の優しい日本人」以来かなぁ…


5人の役者達も 彼らが今まで演じてきたキャラとは随分と異なるキャラを好演しており、特に「香川照之」の時折見せたキモチ悪さと 「小栗旬」がいじけて泣く姿には感動すらおぼえた。


が、いずれにせよ、この映画の最大の魅力は 脚本の妙が発揮された結果による面白さ… これに尽きる。


ゆえに、残念なのは 宍戸錠が出てくるシーン以降の「付け足し」部分。


これは いらなかった。^^;


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『コメディ』関連の記事

コメント

今頃見ました。
け、傑作じゃないですか‥。

伏線とかも素晴らしいですけど、「想うとは、想われるとは」みたいなものが凝縮されてるのもすごく好きです。

小栗旬にも驚かされました。
すごく良かった。

ラストは‥コテコテにしたくないみたいな「照れ」が出ちゃったんですかね(笑)

★ さんばるばり さん

ね、傑作ですよね これ^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。