« 怨み屋本舗スペシャル | TOPページへ | 最近のCM2本+1(1月8日) »

2008年01月08日

● 小日向文世 in めざまし広人苑Ⅱ


「小日向文世」が めざましテレビの広人苑Ⅱで取り上げられているのを見た。




広人苑Ⅱ

とうとう「小日向文世」に陽が当たりはじめた。


広人苑Ⅱ広人苑Ⅱ

広人苑Ⅱ

広人苑Ⅱ

今度は とうとう主役だという。


広人苑Ⅱ広人苑Ⅱ

広人苑Ⅱ広人苑Ⅱ

広人苑Ⅱ広人苑Ⅱ

広人苑Ⅱ広人苑Ⅱ

広人苑Ⅱ広人苑Ⅱ

広人苑Ⅱ広人苑Ⅱ

広人苑Ⅱ広人苑Ⅱ

広人苑Ⅱ広人苑Ⅱ

広人苑Ⅱ広人苑Ⅱ

広人苑Ⅱ広人苑Ⅱ

広人苑Ⅱ広人苑Ⅱ

広人苑Ⅱ広人苑Ⅱ

広人苑Ⅱ広人苑Ⅱ

広人苑Ⅱ広人苑Ⅱ

広人苑Ⅱ広人苑Ⅱ

広人苑Ⅱ広人苑Ⅱ

広人苑Ⅱ広人苑Ⅱ

広人苑Ⅱ広人苑Ⅱ

広人苑Ⅱ広人苑Ⅱ

広人苑Ⅱ広人苑Ⅱ

広人苑Ⅱ広人苑Ⅱ

「小日向文世」を ありきたりの一言「苦労人」と 私は呼びたくない。


しかし、いろんな経験が 今の彼の演技の肥やしになっている事は間違い無いと思うし、「小日向文世」を私が大好きに感じる最大の理由は 彼のオリジナリティにある。


他人には無くて 自分ならではの個性… 役者として、そこに拘り、そこを磨き、それを武器にする。


これは、似た様な役を のんべんだらりと同じように演ずるのでは無く、その個々において設定の違いを演じ分けようと努力した結果の賜であると


ゆえに、端から見れば「遅咲き」と、言われるのかもしれないが 人気先行に頼り切ったままで 若い頃はもてはやされていた小日向と同年代の俳優達の今はどうなんだろう?と 見た時に、ちゃんと生き残っているのは何人いるだろう?


私は 若手の俳優達に願うのは そういう小日向の様な姿勢というか考え方なのだ。


20代でもてはやされていれば 30代のあたまぐらいまでは、それなりに活躍の場を与えられるかもしれないが、人気先行型は人気が陰ればそれでおしまい 40代、50代には忘れ去られてしまう。


熱狂的に見えるファンも 実は物凄くいい加減で薄情なんだよね^^;


40代、50代になって 渋い演技を見せる実力と、見せられる場を はたして今の若手は何人が得られるのだろう?


私が「お気に入り」にするか否かの判断基準は そこにある。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『小日向文世』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。