« プロポーズ大作戦 第1話 DVD再見 | TOPページへ | 私が「サッカーを好きじゃない」と言う理由 »

2008年01月05日

● のだめカンタービレ in ヨーロッパ 第一夜


「のだめカンタービレ in ヨーロッパ 第一夜」を観た。



のだめカンタービレ

このドラマを褒めようとする人は


のだめカンタービレ

「玉木宏」と「上野樹里」を褒める。


特に「上野樹里」は


のだめカンタービレのだめカンタービレ

のだめカンタービレのだめカンタービレ

のだめカンタービレのだめカンタービレ

「役柄」と言う名の着ぐるみを自ら繕って身に纏うのが巧く、同じ女の子なのか?と思う程、表情や雰囲気が変わる希有な実力の持ち主だから惹かれるファンも少なくないのであろうと私も思うし、だから私も彼女が好きなのだが…。


良い機会なので触れておくと、「上野樹里」は好きなのだが、率直に言って「上野樹里」のファンと称して このブログを訪れる人の中にはウンザリさせられている人がおり、ゆえに最近では あえて「上野樹里」には触れない様にしている…という点である。


以前、とある俳優の盲目的ファンに対して抱いたのと同じウンザリ気分を「上野樹里」の盲目的なごく一部のファンに対しても私は感じている…という事を明記しておこうと思う。


その辺は「上野樹里」関連の過去ログを御一読頂ければコメントの空気で判る人には簡単にお判り頂ける事と思うのだが、最も感じて欲しい盲目的な方こそ判って頂けないのが辛い所だ。^^;




さて… 本題に入ると やっぱ、このドラマの演出、特に構成・編集は巧いなあ…と思う。


のだめカンタービレ

基本がコメディだから、バレバレの人形を投げ飛ばすシーンが挿入されていても気にならないのだが、この手のドラマの場合 大抵がただドタバタだけの雑な作りであるのが通例なのだが、このドラマはキメが細かいと言う他ない。


以前、『神童』という映画を語った際に


TV版「のだめカンタービレ」の演奏シーンの様な感動が少しでも伴えば たぶん、私の感想は大いに変わったかもしれないが…

「神童」への不満を語る際に つい引き合いに出してしまったのだが、このSP版を見て その時に感じた事の理由が見えた様な気がした。


それは ごく単純な事なのだが…


のだめカンタービレ

のだめカンタービレ

のだめカンタービレのだめカンタービレ

一部分とはいえ、ストラビンスキーによる同じ曲の違うシチュエーションによる演奏シーンが3つある。


最初はジャンが、次に千秋が この二つはリハーサル・シーン そして、最後の千秋の本戦 この3つの演奏が素人の私にもちゃんと聞き分けられるという事、そして 最後の演奏が群を抜いて素晴らしい事が理解出来る…という事。


しかも、その演奏シーンを見ている我々をさらに盛り上げていくのが


のだめカンタービレのだめカンタービレ

この二人の役者の好演であり…


ツボの場面で見せる

のだめカンタービレ

「のだめ」の泣き


で、トドメが前フリとして現れた

のだめカンタービレのだめカンタービレ

この男による

のだめカンタービレ

「ブラボー!」


実に単純な構成なのだが、とても基本を忠実に押さえた演出・構成 ともすれば技巧的な部分だけをクローズアップして「巧い」とか「素晴らしい」と思わせようとする小細工に走りがちだが 聞こえてくる音楽の違い… その基本中の基本を押さえたか否かが「のだめ」と「神童」の違い


こう申し上げれば「神童」における私の記事に御不満のメールを寄越された方は御理解頂けるだろうか?




さてさて…


のだめカンタービレのだめカンタービレ

のだめカンタービレのだめカンタービレ

「小出恵介」や


のだめカンタービレのだめカンタービレ

のだめカンタービレ

「水川あさみ」の顔出しも嬉しかったが、


のだめカンタービレのだめカンタービレ

のだめカンタービレのだめカンタービレ

のだめカンタービレ

福神漬けみたいな存在のエリーこと「吉瀬美智子」が良い。


が、いずれにせよ クラシックで泣かされるのは 最近じゃ、このドラマぐらいのものだと考えれば 本当にこのドラマは秀逸だと思う。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『のだめカンタービレ』関連の記事

コメント

まだヨーロッパ編は観てないのですが。

このドラマの演奏シーンには本当に泣かされました。
自分が30年程楽器をやっていたせいもあるかもしれませんが
普段、映画やドラマで泣かない方なのに4話ではポロポロ涙が出て止まりませんでした。
のだめ、真澄ちゃん、千秋先輩ほか役者の皆さんの演技も毎回見所が多くて好きでした。
全話録画して観てDVDに保存したのはこのドラマが初めてです。
ヨーロッパ編もブタネコさんが誉めてるし期待大です。

ブタネコさん、こんにちは。

>最初はジャンが、次に千秋が この二つはリハーサル・シーン そして、最後の
>千秋の本戦 この3つの演奏が素人の私にもちゃんと聞き分けられるという事、
>そして 最後の演奏が群を抜いて素晴らしい事が理解出来る…という事。

これ、違いがわかりました?
消灯時間後にこっそりと見たのですが、巡回が気になってイヤホンで
小音量で聞いてたりしてたので、あまり細かいことはわかりませんでした。
家では録画してるので、出所したら見直してみます!

★ まっさん さん

「のだめ」は安心して没頭出来る 良いドラマですね。^^


★ あんどう さん

>これ、違いがわかりました?

私は 判った気になりましたよ^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。