« 玉木宏 in 札幌♪ | TOPページへ | 千歳空港(12月下旬PART2) »

2007年12月29日

● 螺鈿迷宮


チーム・バチスタの栄光』の続編的作品 海堂尊:著「螺鈿迷宮」を読んだ。



螺鈿迷宮

角川書店:刊 ISBN4-04-873739-2


この本は一連の物語の舞台となっている東城大学医学部のおちこぼれ生徒が主人公で 白鳥とその部下の姫宮が準主役として登場する。


時代設定は「ナイチンゲールの沈黙」と「ジェネラル・ルージュの凱旋」の少し後という設定で シリーズ全体の物語を踏襲している。


ジャンル的には推理モノと言うよりサスペンス風味、そこそこ飽きずに楽しめた。


惜しむらくは もう少し「小夜」のエピソードを肉付けして欲しかったのだが、もしかしたら続編的存在が視野に入っているのかもしれず、現段階で文句を言うまでの気持ちは無い。^^;


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『海堂尊』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。