« 吉祥天女 | TOPページへ | 千歳空港(12月下旬) »

2007年12月23日

● 天然コケッコー


映画「天然コケッコー」を観た。




天然コケッコー

先日、『ブタネコ的2007年邦画アカデミー賞』という記事を掲示した際に、この「天然コケッコー」に関して あえて触れなかったのは、正直に言うと 映画館で見ている最中に寝てしまい どんな内容かを理解しておらず、ゆえにDVDが出たらじっくりと見よう…と思っていたからだ。^^;


で、この作品の名誉の為に申し添えておくと「内容がつまらなくて寝た」のでは無い。


疲れていたのか、この映画を見る前に食事をし持病の薬を飲んでいたので 満腹感か、さもなくば薬の副作用で寝てしまったんだとDVDを見るまでは思っていたのだが、実は違った。^^;


要は この映画のテンポが実に心地良いからなんだな。


天然コケッコー

天然コケッコー

正直言って「夏帆」が ここまでデキル子だとは思ってもみなかった。


なんて言うのかな… 田舎町にいそうな 可愛いくて、でも、誰とでも親しげで、けど、ちょっと気軽には「僕とつきあって」と言ってはいけないような難しさの漂う子…とでも言おうか そんな女の子をとても巧く演じていると思うのだが、これは本人の力量もさる事ながら 脚本や演出の巧みさの様な気がして ちょいと調べてみたら監督の「山下敦弘」は 『リンダリンダリンダ』の監督で 脚本の「渡辺あや」は『ジョゼと虎と魚たち』の脚本を担当した人なのね

そう気がつくと「リンダリンダリンダ」と「ジョゼと虎と魚たち」の両方の良かった点が この「天然コケッコー」で上手にミックスされているように感じるから不思議だ。^^


で、この映画の不思議な所は 良い点を褒めようと、「どこが一番…」と考えると「際立った部分」が無い。^^;


かと言って では「気に入らない部分は…」と考えても「気に入らない」点も無い。^^;


強いて言えば、もし この映画がロケ地である「島根県浜田市」の 所謂「御当地映画」なのだとしたら この作品は実に素敵な出来だったと思える点が「一番、良いと思った」部分だね。


以前、とある「御当地映画風」の作品について「近畿圏が舞台であるのに主人公達が標準語で話しているのが気に入らない」を貶したところ その御当地の御出身の方に「地元根性丸出しの映画を作るのは如何なものか」と 少々、趣旨の違う御批判を頂戴し、さらに「そもそも映画というのは自己主張の道具などではなく、自然の営みや人間の情愛を描く芸術ではないかと思う」と御教示まで頂戴した事がある。


私に言わせれば「映画が芸術」なんてのは 少し前の邦画に多かった芸術家気取りの巨匠とか呼ばれているクソ監督共の好みそうな自己満足であり、結果的に「こりゃ芸術だ」と作品が評価されるのは 観客がその映画から娯楽以上の「何か」を得て、笑ったり、泣いたり、感動する等の結果を得てからの話。


で、その方の言葉を借りるならば この「天然コケッコー」こそ 御当地の自然の営みや人間の情愛を見事に描いた芸術…と評すのが適当なのだろうけどね、私は この「天然コケッコー」を芸術だとは思わない。


が、「芸術だとは思わない」という言葉の意味には 「天然コケッコー」という作品に対しての侮蔑の意味を込める気なんか全く無く、むしろ逆で ごく平凡な何気ない流れを描いただけなのに 何とも言えない郷愁や、中学生時代の記憶の喚起や、「あぁ、この映画 面白かった…」という安心感の様な満足感は 小賢しく気取った連中の言う「芸術」とやらからは なかなか得られるモンじゃないからだ。


天然コケッコー

天然コケッコー

私は 上の様な場面の情景や その中で交わされる方言での会話に「芸術だとは思わない」素晴らしさを感じ、「浜田」という場所を旅してみたい…とすら思ったからね。


あ、そうそう…


天然コケッコー

「夏川結衣」が さりげなく、渋い演技で母親役を好演してた事をメモ代わりに記しておく。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『夏帆』関連の記事

コメント

ブタネコさんこんばんは。
私は今年同じ映画をもう一度見に行くために足を運んだ作品が、「天然コケッコー」と「アヒルと鴨のコインロッカー」です。
アヒルの方は2度目が千円で見られるキャンペーンだったので(笑)、しかしコケッコーの方は、そよ@夏帆をもう一度見たくって。
何というか今の時代にはたとえ地方でももう見られない絶滅危惧種に出会えたような気持ちです、昔はどこにでも居たのにね。

★ あらん さん

>絶滅危惧種

やっぱ、そうなんですかね…

何とも言えないむなしさを感じます。

ブタネコさん、こんにちわ。シドニーのTakeshiです。実は今シドニー国際映画祭(今年55回目になります)というのが開催されていまして、カンヌで賞をとった黒澤清監督の「TOKYOソナタ」がコンペティション部門に参加していますが、「天然コケッコー」も紹介されています。今日見に行ってきたのですが、去年一時帰国のとき日本で見たときより外国でみる日本の田舎の風景はまた格別のものがあります。英語題名は"A Gentle Breeze in Village(村の優しいそよ風)”と非常にべたなのですが、英語字幕がオーーストラリア英語でかつニィアンスも結構ちゃんと訳されていたので観客にも非常に受けていて、少年少女の淡い恋の雰囲気の受け止め方はどの国でも同じだなあと思いました。劇場は有名なオペラハウスの隣の結構インテリ層が集まるところでしたが、エンドロールが終わると拍手が起こりましたよ。

★ takeshi さn

へぇ…


 最近になって偶然観たのですが、はまりました。主人公達が広島弁をしゃべって
いるので、てっきり「舞台は広島のどこか」だと思っていたのですが、島根県石見な
んですね。石見は広島弁の影響が濃厚なのだそうです。

★ ハウプマン さん

ハウプマンさんがこの記事にコメントを下さった事に驚いてます。

見るんですね、このての映画^^ 

この映画の魅力は風景と方言だと私は思っています。

都会の言葉と風景では味わえない 何とも言えない純朴さがたまりません


ブタネコ様

こんばんは♪
僕も、「天然コケッコー」は、リアルタイムで、映画館で、観ました。
地味ながら、ほのぼのとした良い映画でしたね。
この「地味さ」がこの映画の魅力だと思っています。
ストーリーに、劇的な展開がないので、あっと驚くような感動はないのですが、方言の温かさや風景の美しさと心温まるエピソードの数々に、とても心が癒されました。
中でも、秋祭りのシーンは、観ていて、懐かしい気分になれたので、お気に入りですね♪
お祭りと言えば、子供の頃を思い出します♪
「うん、何?」も、早く見たいなあ~って思っています。
それでは、失礼致します。

★ ひろPOP さん

「うん、何?」は個人的に強くお薦めしますよ^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。