« 取り立てコンサルタントのA | TOPページへ | 一生忘れない物語 »

2007年12月19日

● 働きマン 最終話


働きマン 最終話を見た。




働きマン

不作揃いの今クールのドラマの中で「働きマン」は面白い方のドラマではあったが、1話完結方式の作りで 良い出来と、つまんない出来の回のギャップが激しく、個人感としては つまらない回の方が数回多かった様に感じている。


だが、元々 私はドラマの内容に関しては最初からそんなに期待していなかったので 出来の良し悪しはオマケの様なものと思っていたわけで…


働きマン働きマン

津田寛治』に関しては そこそこ楽しめて良かったのだが、


働きマン働きマン

吉瀬美智子』に関しては せっかくのキャスティングのわりに見せ場が無さ過ぎて不満。


そんなわけで、最終回を見終えての総体的評価としては 平均点より下で「落第」


以上です。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『吉瀬美智子』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。