« 美ら海からの年賀状 | TOPページへ | 風林火山 最終回 »

2007年12月16日

● 平岩紙 考


女優『平岩紙』について語ってみる。




名前をどうこう言うのは とても野暮な事だと思う。


ゆえに、けっして馬鹿にする気持ちは無い事を御理解願った上で あえて申し上げたいのは『平岩紙』という名前 それが不思議というか、とても興味をそそるインパクトがある…って事なのだが、この子については その名前のインパクトとは別に 演技のインパクトで網膜に焼き付いていた。


最近、見た映画でも『転々』では綾波レイのコスプレ 『クワイエット・ルームへようこそ』では「ナース山崎」を それぞれ好演していた。


私が「平岩紙」を高く評価したい その最大の理由は「力の抜けた すっとぼけ感」


今、若手の女優で それの巧者といえば『江口のりこ』と この「平岩紙」が双璧だと私は思っている。


平岩紙

平岩紙

平岩紙

平岩紙

平岩紙

「木更津キャッツアイ(日本シリーズ)」より


平岩紙

平岩紙

平岩紙

平岩紙

平岩紙

「富豪刑事デラックス 1・2話」


平岩紙

映画『アイデン&ティティ』より


そして、何よりも「平岩紙」に度肝を抜かれた作品が


平岩紙

平岩紙

映画「木更津キャッツアイ(ワールドシリーズ)」の


平岩紙

このシーンである。^^


今、これが出来る若手女優は やはり「平岩紙」か「江口のりこ」だけだろう…。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『平岩紙』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。