« 歌姫 第9話 | TOPページへ | 千歳空港(12月初旬) »

2007年12月08日

● きみにしか聞こえない DVD再見


映画「きみにしか聞こえない」のDVDが届いたので 腰を据えて観た。




君にしか聞こえない

DVDを独りで 誰にも邪魔されずにじっくり観た。


そして、あらためて「こりゃ傑作だ」と思った。


泣けたなぁ… 久しぶりにズブズブに泣けた。


あくまでも私の場合だけかもしれないが…^^;


この映画の凄いトコは 本編が始まって ラストの八千草薫が登場するまでは、もしかしたら 涙もろい人は既に何カ所かでシクシクとかジワッと泣いたのかもしれないが 私は画面に吸い込まれ 泣く事すら忘れてた。


けど、八千草薫のシーンが始まって どんどん目頭が熱くなり、吉田美和の歌声が聞こえた瞬間に 誰かに「もう我慢しなくて良いよ」と優しく言われたかの如く ブワッと涙が溢れ エンドロールが流れる間、もうズブズブ(ToT)


本編が終了し、映倫マークを確認した後は しばし、煙草を吸うのも忘れて放心だ。


私は この映画の原作となった「乙一」の本も既に読んでおり、秀作だなぁ…と思っている。


けど、「乙一」ファンの方には申し訳ないが 私は原作では泣けなかったぶん、ズブズブに泣かされた映画版の方が好きだ。


でね、最近の漫画や小説を映画化とかTVドラマ化したモノが 原作のモチーフやストーリーを改悪するにとどまらず、登場キャラのイメージまで平気で変える手法には辟易としているのだが それは、その結果 殆どのものが良いドラマになる事は無くクソドラマ化するからだ。


それに対して、この映画版は ほぼ原作に忠実に肉付けや微妙な修正はあるけど それは改悪では無く、改良で 原作の良い所をより良く映像化したと思える。


その上で、


きみにしか聞こえない

主人公役に「成海璃子」をキャスティングしたのは いろんな意味で秀逸この上無い。


きみにしか聞こえない

本編初頭は 主人公の孤立感や疎外感を実に巧く表し…


きみにしか聞こえない

きみにしか聞こえない

きみにしか聞こえない

少しづつ心が和らぎ 笑顔からぎこちなさが消えていく。


DVDであらためて観て これが本当に巧すぎると痛感した。


で、「成海璃子」はこの映画と前後して 同時期に「神童」や「あしたの私のつくり方」という2本の それぞれ似た様なキャラの主人公役をこなした関係で この「きみにしか聞こえない」を含めた3本を比較して語る人が多いのは仕方が無い事なのかもしれないので、本来は 比較する事じたいが野暮だと判ってはいるけれど その点について敢えて個人感を述べておくと…


3本のDVDをそれぞれ見て 私が感じた事は「きみにしか聞こえない」に対して 他の2本は その出来映えに関して足下にも及ばないと思う。


誤解の無い様に申し添えれば 「成海璃子」は3作品 それぞれに持っているポテンシャルを発揮し 良い仕事をしていると思う。


問題なのは そんな「良い仕事」を活かし切れた仕上げ方の出来なかった制作陣の編集や構成や演出にある。


ごく判り易い部分をそれぞれひとつだけに絞って批判を述べると…


「神童」では 「この子、本当に神童だ」と感じさせるピアノの音色の違いが無かった。


「あしたのわたしのつくり方」では 主人公の内面と周囲の親や友人とのギャップの表し方が「成海璃子」に頼り切りの手抜きとしか感じられなかった。


それに対して「きみにしか聞こえない」の場合、


きみにしか聞こえない

きみにしか聞こえない

「小出恵介」が演じた青年の内面をも巧く描き


きみにしか聞こえない

主人公と青年の交流の表現は秀逸この上無い。


やっぱ、この「きみにしか聞こえない」は 私にとって素晴らしい名作だと つくづく思った。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『泣ける映画』関連の記事

コメント

今回DVDで観直してみて、その風景のあまりの美しさに愕然としました。
映画館でも「綺麗だなぁ」とは思いましたが、まさかこれほどとは……

比較してみると、劇場での画はピントが甘めのうえ、色も全体に白くとんでいたようで、
「高い入場料払って観させられた映像があれか」と、感動より先にそっちで泣きそうになりましたよ。
(と言いつつ、終盤はやはり内容そのものにボロ泣きだったのですが^^;)

ともあれ、ブタネコさんが秋口に行かれていたご旅行のように、
今度は私もリョウとシンヤの足跡を辿って、この映画のロケ地めぐりなどしてみようかと、
本気で思わされた次第です。

★ ゆびずもう さん

>劇場での画はピントが甘めのうえ、色も全体に白くとんでいたようで、

私が よく見に行く映画館もそうなんですよ^^;

>感動より先にそっちで泣きそうになりましたよ

すいません、思わず笑いました 同感で^^

>旅行

映画やドラマのロケ地や 本の舞台になった場所を旅するのは本当に楽しいですよ

特に その作品が自分にとって素晴らしいモノであればあるほど楽しいです。

是非、お試し下さい。


こんばんは

先日、原作を読んでDVDを買ってきました
久し振りに鼻の奥で涙の塩っ気を感じたところです

いいですねぇー

原作を読んで自分の頭の中に作っていたイメージが
上手く補正されていく感じがして観ていても違和感が
あまりありませんでした
できることなら風景を大きなスクリーンで見たかったです

俳優さんの嬉しそうな笑顔や段々と魅力的になる女優さんの顔
うーん、良かったです^^

ではまたです

★ BangDoll さん

バンちゃんコメントありがとう^^

意外なところにコメントを貰い オジサンちょっとビックリです。^^

毎晩のようにオンゲーの戦場で敵に血祭りにされているバンちゃんが この映画で涙を流す…

あまりにもバンちゃんらしくて微笑ましいです。

いつも敵を血祭りにあげている私と涙する意外な一面
この対比をコメントしてもらったと思ったのですが・・・

読み直してみたら、なんか違う

きぃー悔しい!
いつも凹られている自分を否定できないのが悔しいっ

なんだか、また目頭が熱くなってきちまいやがった
また宜しくです^^

★ BangDoll さん

あ、気づいたか…^^;


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。