« 過去ログが見やすい様に… | TOPページへ | ガリレオ 第8話 »

2007年12月03日

● ブタネコ的2007年邦画アカデミー賞


ちょっと気が早いとは思うけど…




今、このブログの付録的コンテンツを作っているのだが その作業の最中で ふと思いついて 今年(2007年)公開された邦画で 私が劇場もしくはDVDで見たものをリストアップしてみた。

(以下、あいうえお順)


    ● あしたの私のつくり方

    ● アルゼンチンババア

    ● アンフェア the movie

    ● エクステ

    ● ALWAYS 続・三丁目の夕日

    ● オリヲン座からの招待状

    ● 俺は、君のためにこそ死ににいく

    ● 怪談

    ● 監督・ばんざい!

    ● 学校の階段

    ● 黄色い涙

    ● キサラギ

    ● きみにしか聞こえない

    ● クローズ ZERO

    ● クローズド・ノート

    ● クワイエットルームにようこそ

    ● ゲゲゲの鬼太郎

    ● 恋しくて

    ● 恋する日曜日 私。恋した

    ● 恋するマドリ

    ● 恋空

    ● サイドカーに犬

    ● 西遊記

    ● サウスバウンド

    ● さくらん

    ● しゃべれども しゃべれども

    ● 自虐の詩

    ● 神童

    ● スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ

    ● 図鑑に載ってない虫

    ● そのときは彼によろしく

    ● それでもボクはやってない

    ● 憑神〈つきがみ〉

    ● 天国は待ってくれる

    ● 転々

    ● 天然コケッコー

    ● Dear Friends

    ● 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

    ● 遠くの空に消えた

    ● どろろ

    ● 犯人に告ぐ

    ● バッテリー

    ● バブルへGO!! タイムマシンはドラム式

    ● HERO

    ● 人が人を愛することのどうしようもなさ

    ● 眉山

    ● Presents うに煎餅

    ● 包帯クラブ

    ● 舞妓Haaaan!!!

    ● ミッドナイト イーグル

    ● 未来予想図 ~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~

    ● 蟲師

    ● 夕凪の街 桜の国

    ● 龍が如く 劇場版

    ● 檸檬のころ


で、近々 映画館に見に行こうと思っているのが

    ● 椿三十郎

    ● Little DJ 小さな恋の物語


という2本


で、この中からブタネコ的ベスト10を選び その理由を述べてみたい。

(以下、あいうえお順)


● ALWAYS 続・三丁目の夕日


この作品は映画ならではの楽しみ方を存分に味合わせてくれた1本…という思いが強い。

何よりも この作品が優れていると思うのはキャスティングの妙であり、出演している役者の魅力を存分に引き出しているところにあると思う。


● 俺は、君のためにこそ死ににいく


「慰霊」という想いを念頭においた 真の意味での戦争映画をようやく見た思いがした。


● 怪談


ヒャッホイと呼ばれようとも、「井上真央」と「木村多江」が素晴らしかった。


● キサラギ


たった5人の主要のキャストが 皆、光っており、特に「小栗旬」と「小出恵介」が秀逸だった。


● きみにしか聞こえない


この作品における「成海璃子」が 何とも言えないぐらいに秀逸であり、「小出恵介」も実に良かった。


● クワイエットルームにようこそ


「蒼井優」がね… 本当に巧かった。


● 恋空


この作品での「新垣結衣」は最強だ。


● 転々


この作品で また「三浦友和」にヤラレた。

他の役者達も 皆、良かったんだけど 結局は「三浦友和」に尽きる。


● 夕凪の街 桜の国


この作品での「麻生久美子」で泣けないヤツは 二度とこのブログに来なくて良い。


● 檸檬のころ


最近見たせいかもしれないが、なんか記憶に残って仕方が無い。

「榮倉奈々」も良かったが、「谷村美月」が気になって仕方が無い。




というわけで、ブタネコ的2007年邦画アカデミーを選ぶと


    ● 主演男優  「キサラギ」の「小栗旬」


    ● 助演男優  「キサラギ」と「きみにしか聞こえない」で「小出恵介」


    ● 主演女優  「夕凪の街 桜の国」の「麻生久美子」


    ● 助演女優  「蟲師」と「クワイエットルームにようこそ」の「蒼井優」


    ● 最優秀作品  「俺は、君のためにこそ死ににいく」


【総評】


主演男優は「転々」の「三浦友和」も捨てがたいと思っているのだが、「キサラギ」で意表を突くコミカルさを見せた「小栗旬」を讃えたい。


助演男優は「小出恵介」以外 思いつく男優がいなかった。


主演女優は「恋空」の「新垣結衣」も一瞬、考えたが 「新垣結衣」の場合は演技がどうこうの前に「可愛い」という思い入れの方が強く、演技でズブズブに泣かされた「麻生久美子」を評価せずにはいられない。


助演女優は「怪談」の「井上真央」や「木村多江」も捨て難いのだが、「蟲師」と「クワイエットルームにようこそ」で全くの別人を演じ分けた「蒼井優」 特に「クワイエットルームにようこそ」で見せた彼女の狂気は秀逸で それを評価せずにはいられない。


最優秀作品は「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を推す声の方が圧倒的に多いのだろうと私も思う。

「俺は、君のためにこそ死ににいく」のような戦争映画は どうしても特殊なマニアや、右寄り系の者が好む…という先入観も強いだろうし。

けどね、だからこそ私は「俺は、君のためにこそ死ににいく」を評したいとも思うのね。

昨年(2006年) 戦後60年という節目という事で作られた戦争映画の悉くがクソ映画だった事を思えば それらの制作者達には「爪の垢」でも貰えと言いたいしね。


で、最優秀作品に「俺は、君のためにこそ死ににいく」とする理由は 別の角度でもう一つある。


それは ベスト10に選んだ作品のマイナス部分を減点法で採点した結果…という部分


ちなみに、各作品のブタネコ的減点部分を述べると…


● ALWAYS 続・三丁目の夕日


何故、前作の4ヶ月後…という設定なのかが 実は個人的に引っかかって仕方が無い。

特に引っかかるのは 小雪が演じた女は借金を再び稼ぐ為に踊り子に戻ったはずで それが4ヶ月で稼げるとは思えず、仮に「まだ返していない」という設定なのだとすれば 関西に行くのを止めるわけにはいかんだろ?… なんて思っちゃったりするのだ。^^;


● 怪談


「井上真央」と「木村多江」が無ければ ただのクソ映画。


● キサラギ


5人の主要のキャストの それぞれの「実は」という部分が 途中で透けてしまう部分があり、そこが欠点と言えば欠点。
(私には許せる範囲だったけどね^^)


● きみにしか聞こえない


この作品の欠点を述べるには どうしてもネタバレになってしまうのでノーコメント^^;


● クワイエットルームにようこそ


「宮藤官九郎」がね… 力不足。


● 恋空


落ち着いて考えると この作品のストーリーで女子高生がボロ泣き…という部分に釈然としないものを感じる。
(注:もっと判りやすく述べるにはネタバレになるので どうかご容赦を)


● 転々


この作品の場合、「三浦友和」だからヤラレたのであって、それ以外だったら…と考える時、総合点は必ずしも高く出来ない。


● 夕凪の街 桜の国


「夕凪の街」の部分はこれ以上無いぐらいに秀逸なのだが、それだけに「桜の国」の部分 特に「堺正章」が どうしてもミスキャストに思えてならない。


● 檸檬のころ


なんとなく良かった…という感想でしか無いから。^^;


● 俺は、君のためにこそ死ににいく


細かい部分では いろいろと不満はあるけど、「石橋蓮司」の正座シーンがそれらを全て吹き飛ばしたので 文句は全く無い。


以上、これはあくまでもブタネコの個人感ですから悪しからず。^^;


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『邦画』関連の記事

コメント

この企画面白いですね

今までも「この一年を振り返る」みたいなのはあったような気がするけど、ここまで整然とまとめられたのは初めてですよね

個人的には「この作品での「麻生久美子」で泣けないヤツは 二度とこのブログに来なくて良い。」がうけました。

ブタネコさんらしい

こうなるとドラマ版もやらないわけにはいきますまい

「そんなのテレビガイド誌や他人がやってるからやらないよ」とかおっしゃらずに・・・

もう映画版やっちゃったんだから・・・

何なら2004年からのも年度別に振り返ってやっちゃったりして、それをありがちだけど年度別に表になっているのを眺めたら楽しいかも。

こんにちは。

知ってはいましたが 物凄い本数ですね!

他に 洋画も見られているはずで

時間の使い方を 見習いたいです。


お察しのとおり 「夕凪の街 桜の国」及び「麻生久美子」対する

最上級の評価 嬉しい限りです。

来年こそ 「綾瀬はるか」の映画にも期待したいですけど

あの2本じゃ 無理っぽいですね^^;

★ うごるあ さん

とりあえず 一覧表は1997年まで作って それに個人的寸評をつけてみました。^^

★ 虎馬 さん

洋画はね4本しか見てないんです。^^;

バイオハザード3、ダイハード4、ハリポタ、SAW

失礼します。


おぉ~! 蒼井優に助演女優賞を・・・・・・

本当にものすごい本数ですね。しかも加えてテレビドラマまでですから・・・

ところで、ブタネコさんは『アヒルと鴨のコインロッカー』は見なかったのでしょうか?
もし、見ていなくて、見なかった理由が特に無くて、原作を読んでいないのだったらワタクシはオススメします。(って、まだDVDは発売されてないですか・・・)

★ wansama さん

>『アヒルと鴨のコインロッカー』

DVDが出たら まったりと見ようと思ってました。

ただし、記事を書くか否かは見てから決めますので期待しないで下さい。

おおー、10年前までさかのぼりましたか。

ありきたりの感想ですが、当時見ていたドラマ名を見るだけで当時が蘇ります。

「ビーチボーイズ」や「ラブジェネレーション」なんて名前を見ると、もう完全に昔のドラマですね。


998年の深田恭子、同感です。あれが一番良かったです。

というか、良いと思ったのがあれしかないかも。

★ うごるあ さん

10年ひと昔…って言いますからね^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。