« 恋のから騒ぎ ドラマスペシャル | TOPページへ | 過去ログが見やすい様に… »

2007年12月01日

● こわい童謡 表の章 裏の章


映画「こわい童謡」の「表の章」と「裏の章」と題された2枚のDVDを見た。




こわい童謡


まぁ、12月を迎えた この肌寒い時期に怖い映画を見るのもナンだなぁ…とは思うけど どうかお付き合いを願いたい。


先日、「幽霊ゾンビ」という映画の記事を掲示したが、あれは「水田芙美子」が見たくて入手し見たわけだが その際に、同じホラー系の売り場に新作として この「こわい童謡」の裏と表 2枚のDVDが売られているのに初めて気づいた。


で、パッケージを手にとって「お?」と思い この2枚も購入してきたのだが その理由は…


こわい童謡

まず、「表の章」


物語は とある女子校の音楽部


こわい童謡

そこには 先輩から語り継がれた怪談話があり…


生徒が一人、また一人と不思議な「消え方」をするというもの。


ま、この辺はホラー系の定番みたいな導入ストーリーなわけだが、ここで私が注目したのは


こわい童謡

主演が「多部未華子」だという事。


かつて、とある方の影響で(責任転嫁では無い^^;) 私は「多部未華子」を「地蔵顔」と このブログのとある記事で述べ、数人のファンの方からお叱りを頂戴した事があるのだが…


「地蔵顔」がホラーに出演する事が 相乗効果で吉となるか、さもなくば裏目に出てコメディ化するか… そんな不純な好奇心がこのDVDのパッケージを手にした時に私の興味を大きく惹いたのだ。^^;


こわい童謡

こわい童謡

で、とりあえず「表の章」だけを見た時点での結論的感想を述べると「多部未華子」は充分に好演しており そこはちゃんと評価すべきだと思ったわけだが、このての映画の場合、脇となる同級生役にパッとしない 半分、エキストラみたいな役者を使うのが通例なのだけど この作品の場合 


こわい童謡

こわい童謡

こわい童謡

こわい童謡

こわい童謡

こわい童謡

「近野成美」なんて優れものを起用している点に好感を抱くと同時に この起用が序盤の展開に実に効果的に働いており、


こわい童謡

先生役の「霧島れいか」と相俟って 実に良い。


それと、やはり同級生役で


こわい童謡

「悠城早矢」という子が出演していたのだが


「この子、どこかで見たんだよなぁ…」


と、思いつつ その作品を思い出せなかったのだが、調べてみて


こわい童謡こわい童謡

「sh15uya」で男の役を演じていた子なんだな^^ (どうりで直ぐに思い出せないはずだ^^;)


で、ホラー系の内容なので ネタバレを申し上げずにおくが、この「表の章」だけを見た限りでは なかなか面白いんだけど、細かい点がいくつかとラストに ちょっと尻切れ感がつきまとうのだが、これに関しては 以下に述べる「裏の章」を見れば 成る程な…と、思う。




こわい童謡

で、「裏の章」


こちらは「表の章」の事件から5年後という設定で


こわい童謡

事件により、廃校となった女子校を取材にTVクルーが訪れる…という 設定的には「呪怨」の続編と似たつくりなわけだが…


こわい童謡

「裏の章」の主人公的存在は「安めぐみ」で 彼女は音響の研究者としてTVクルーに同行してきた…というもの


残された録音テープや 防犯カメラの音声から 5年前の事件の真相を…という流れとなる。


で、この「裏の章」には 回想シーンとして「近野成美」や「霧島れいか」も出演し、「多部未華子」ももちろん出演しているのだが この「裏の章」の「多部未華子」に関して言えば


「この子、ここまで出来る子になったか…」


という思いが強かった。


それと個人的には


こわい童謡

こわい童謡

「津田寛治」が TVクルーのリーダー役として なかなかの好演を見せているのが嬉しかった。^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『多部未華子』関連の記事

コメント

ブタネコさん風に言えば、多部未華子ヒャッホイのワタクシですが、これは未だ見ていないのです、何故か。今度見ようと思います。

>「結城早矢」という子が出演していたのだが

「悠城早矢」ですね。この子は「ダンドリ。~Dance☆Drill~」にも出ていましたね。空手部とかけもちって役でしたが、キレのある突きと蹴りは感心したのを覚えています。

その「ダンドリ。~Dance☆Drill~」は、「西原亜希」と「加藤ローサ」と「松田まどか」が目的で(主役の榮倉奈々は目的ではない・・・)DVDオトナ借りしたのですが、案外好きです。
ダメダメ(もしくは普通の)高校生が、ひとつの目標に向かって、挫折を繰り返しながらも、やる気と努力と友情で乗り越えていくなんてのは大好きなパターンです。
スウィングガールズ、がんばっていきまっしょい、シムソンズ、ウォーターボーイズ、リンダ リンダ リンダ・・・

まだまだありますよね・・・

★ wansama さん

>「悠城早矢」

間違えてましたね 早速、修正しました。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。