« アルゼンチンババア | TOPページへ | 転々 »

2007年12月10日

● 舞妓Haaaan!!!


映画「舞妓Haaaan!!!」を見た。




舞妓Haaaan!!!

先日、「クワイエットルームにようこそ」という映画に関して とある記事で「宮藤官九郎が力不足」と述べたが、それは「役者として」という意味で 「脚本家」としては 私は高く評価しており、特に軽妙な会話のテンポと台詞の奇抜さが好きだ。


舞妓Haaaan!!!

舞妓Haaaan!!!

まぁ、ところどころ ちょっとタルんだストーリーではありながら 小気味の良い笑いを漏らしつつ…


舞妓Haaaan!!!

「阿部サダヲ」


舞妓Haaaan!!!

「堤真一」


舞妓Haaaan!!!

「柴咲コウ」


3人の演技も悪くないと楽しんだが…


舞妓Haaaan!!!

舞妓Haaaan!!!

舞妓Haaaan!!!

特筆すべきは「早織(旧名:小出早織)」の存在だ。


京都出身と言う事もあって 京都弁とは微妙に違う花街言葉を「はんなり」と楽しませてくれる。


それと…


舞妓Haaaan!!!

映画「UDON」で泣かされた親父の姿に 嬉しくなりつつ…


舞妓Haaaan!!!

舞妓Haaaan!!!

一瞬のシーンとはいえ「植木等」の元気な姿に涙が出た。


舞妓Haaaan!!!

実に含蓄のある後ろ姿に 思わず「ありがとうございました。」と心の中で呟く私。


舞妓Haaaan!!!

エンドロールの最後に こういう心遣いに好意を抱きつつ


「やっぱ、植木等は 国民栄誉賞だろ」


と、再び思う私。


総論的には ドタバタ喜劇としてそこそこの出来といった感ではあるが、キャスティングの妙を高く評したいと思っている。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『コメディ』関連の記事

コメント

こんな舞妓さんメイクが似合う若い女優さん、あんまりいない!かわいー
時効警察のとぼけた感じもよかったし、若いのに妙に味がありますね。

★ めい さん

DVDの特典に 短いけど初日の舞台挨拶のシーンがあるんですが、この子 演技の時とかなり違って それがまた清楚で良いんですよ。


ブタネコHaaaan!!!  お久しぶりです~
やっとセルが発売されて買って来ましたぁ~~(*´ω`*)

…私の場合…あまり話し込むとついついネタバレをペロッと言ってしまいそうなので、早々に切り上げますが…
ブタネコさんがCapに挙げてる ショートホープ 鏡に映ってる泡だらけのオジサン 堤さんの(*'I')悦 の時のやり取り  
全てが思い出し笑いですぅ~~~~~!!

小出早織ちゃん ホントに可愛かった(*´ω`*)

植木等さんは結局この作品が遺作になってしまったんですよね… 
物心ついた小さい頃、植木等さんとトニー谷さんが好きでした…(  ̄_ ̄)遠い目…

…すいません…書き忘れました(´;ω;`)

生瀬さんの髪の毛…ブタネコさんはお気づきでしたか?
劇中たしか誰も何もそのことに触れてなかったよ~な気がするんですが…私が見落としてるのか(*'I')

★ Pearl さん

>トニー谷

たしかに、当時を思えば… 欠かせない人物ですね。

>生瀬さんの髪の毛

たしかに誰もツッコミませんでしたね^^

というか、彼の場合 最近の出演作の殆どで なにかしら髪には拘りをみせてますね


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。