« 点と線 | TOPページへ | 伊藤歩 in サントリー・オールドのCM♪ »

2007年11月27日

● 恋する日曜日 私。恋した


「恋する日曜日 私。恋した」というタイトルのDVDを入手したので見た。




「恋する日曜日」というタイトルのドラマ集的DVDを入手してはいるのだが まだ、見ないまま机の上の山の中


そんな時、たまたま その続編なのか追加版なのかは判らないが 最近、まとまって届いたDVDの中に


恋する日曜日 私。恋した

「堀北真希」が主演の一本が混じっていたので つい、とっとと見た。^^;


恋する日曜日 私。恋した

冒頭のストーリーで「あ痛っ!!」と思い 見るのを止めようかと思ったのだが…^^;


最後まで見て、希有する問題では無かったな…と 自分の過敏な反応を反省した。


さて…


恋する日曜日 私。恋した

この作品に登場する「堀北真希」は 相変わらず暗めの女の子なのだが…


恋する日曜日 私。恋した

どこかがいつもと ちょいと違う。


何が、どう違うのか?と問われれば どう応えて良いか悩む所なのだが、敢えて言うならば「強さ」という点だと思う。


内面の悩みと それを乗り越えようとする強さ… その辺が巧く演じられているせいだろう。


でね、途中 微妙に中だるみ感のある構成と 先の展開が読めてしまう脚本のだらしなさはあるものの


恋する日曜日 私。恋した

ラストで「堀北真希」が見せる長台詞のシーンは 思わず引き込まれて最後には一緒に泣かされた。


考えてみれば「堀北真希」で貰い泣きさせられたのは これが初めてかもしれないな…


そういう意味では 好意的に評価したい…と、思った。


それと、総論的に言えば 私の勝手な思い込みかもしれないが この作品の最初から最後まで醸し出される雰囲気が なんとなく2・30年前にTVで放送されていたドラマや やはり2・30年前に公開されていた「青春映画」(特に「サード」とか「遠雷」みたいな…)の様な雰囲気で ちょっと懐かしく思えた。


あ、そうそう…

恋する日曜日 私。恋した

「吹越満」が一瞬だけ出演してたよ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『堀北真希』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。