« 神童 | TOPページへ | 世の中 上には上の人がいる。^^ »

2007年11月25日

● 花いくさ 追記


この記事は 昨日掲示した『花いくさ』という記事に ある方から頂戴したコメントと それに対する私のレスです。




まずは 頂戴したコメントの全文(但し、送信者の名前は理由あって伏せます。)


初めまして。###と申します。
実は私も『ホームドラマ!』の井上真央さんが一番好きな一人です。なのでブタネコさんの記事をとても興味深く拝見してました。
そして今回の『花いくさ』に対する記事も楽しみにしていました。
私は演技のことはよくわからないので、台詞の抑揚のつけ方がどの作品も同じという意見はとても参考になりました。彼女の今まで演じてきた「気の強い女の子」の役にはそんなに違いが無いということも、私自身薄々感づいてはいました。でも、心のどこかでそんなこと無いと気づかないふりをしていました。やっぱり好きな女優さんがそのことで馬鹿にされたり非難されたら悲しいです。実際に誌面に書かれましたし。
私は『怪談』を観てません。観客の入りがあまり良くなかったみたいで、観ようと思った頃には上映が終了していました。しかたなく観た人の感想を見ていたら、井上真央の演技がギャグとかお久の配役を考えて欲しかったとか所詮テレビ女優だからという厳しい意見が多々ありました。対照的なブタネコさんの「新鮮かつ秀逸」という言葉を読み、自分の眼で井上真央のお久を観たいと思いました。
これからの彼女は『あんみつ姫』『花より男子ファイナル』という、また似たような役が続きます。彼女の演技が観れるという喜びはありますが、正直おきゃんはもういいだろと冷めている自分がいるのも事実です。仕事を選んでいるのか、仕事が来ないのかはわかりませんが、そろそろ違う面を見せてほしいです。だからといって無理に大人っぽい役をするのではなく、等身大でおきゃんではない役とか。
彼女にはまだまだ隠れているものがたくさんあると思うんです。でもそれを出せる作品に出れていないというか・・・なんか上手くいえません。
最近彼女への絶賛の声がとても怖く感じています。井上真央はここまでだと言われているような気がして。まだまだこれからなのに・・・一人の女優さんにこんなに本気で夢中になるなんて、はたからみたらばかばかしいと思われるかもしれません。でも、『ホームドラマ!』のバスでの叫びが本当に忘れられなくて・・・花男花男言われるのが本当に悔しいです。

初めてで挨拶も交わしていないのに、自分勝手な意見を長々と述べてしまいすみませんでした。
でもブタネコさんのこのままでは彼女はワンパターン女優になる可能性が高いという言葉に妙に納得し、怖く感じたので、書き込んでしまいました。
よろしかったら意見を聴かせてもらえませんか。そんなに井上真央には興味ないというなら、そう書いて下さい。ブタネコさんの正直な意見をお願いします。


興味深い内容だなぁ…と思い レスをまとめておりましたところ…


ブタネコさん、やっぱり先ほどのコメントは非公開、そしてコメント自体も削除してもらえませんか。
このような公の場に、ふさわしくない言葉ばかりで恥ずかしくなりました。他の女優さんの記事もたくさんあるのに、本当に自分よがりで情けないです。
本当にすみませんでした。
これからもブログ楽しみにしています。もちろん他の女優さんの記事も。
ありがとうございました。


と、追伸コメントを頂戴した次第。


本来であれば、送信者の御趣旨に添い この二つのコメントは非公開にすべきなのかもしれません。


けど、今回は 送信者の名を伏せ、以後 絶対に他言しない事をお約束した上で 私としては是非、御返答を申し上げたいと思います。


ゆえに、以下は 私のレスです。


★ ### さん


こちらこそ初めまして コメントありがとうございました。


>台詞の抑揚のつけ方がどの作品も同じ

「気の強い女の子」の役を演じている時は…という但し書きつきですけどね。^^

私には そう思えたので そう述べました。


>好きな女優さんがそのことで馬鹿にされたり非難されたら悲しいです。

そうですね、そういう気持ちは理解出来ます。

ただ、私は「好きだからこそ 言いたい事を言いたい」と思う性質なので 思った事、感じた事を そのまま申し上げるだけなのです。

けど、そういう考えで述べる事であって 私としては単純に述べているつもりは無くても「馬鹿にされた~、非難された~」と、感情的に受け止めるファンが少なく無い事を 今までの経験上、知ってもおりますが、だからといって上辺を飾る事だけを述べるのは私の主義では無いので それで嫌われるのなら仕方がありません。


>「怪談」

>井上真央の演技がギャグとかお久の配役を考えて欲しかったとか所詮テレビ女優だからという厳しい意見が多々ありました。

う~ん、私には そうは思えませんでしたね。

少なくとも主演のオバチャンの自分に酔った様な演技よりは はるかに「新鮮かつ秀逸」でしたよ^^

「へぇ… こんな女の子を演じれるんだ」と思いましたもん。


>自分の眼で井上真央のお久を観たいと思いました。

そうですね、それで どう感じたか…が 最も重要ですからね^^


>彼女にはまだまだ隠れているものがたくさんあると思うんです

私も「ホームドラマ」での「井上真央」は 良い女優だなぁ…と、思いましたよ 少なくとも「花より男子」よりもね。^^;

だからといって「花より男子」の「井上真央」がダメとは思ってません。

「花より男子」の「井上真央」は それはそれで魅力的なんですけど、「キッズ・ウォー」の役柄の延長線上で 少しだけアレンジした様にも感じるので新鮮味に欠ける…という意味です。



さて…

あくまでも個人的意見ですが、私は ひとつやふたつの役柄しか演じられない様なタレントを「役者」とか「女優」とは呼びたく無いんです。

毎回、違うドラマに出演する度に 同じ様な役ばかりを演じているタレントもそうだけど、特定のタレントに特定の役柄ばかり演じさせる制作者側には「オマエ達の目は節穴か?」と無能者と思うし、そのタレントの所属事務所に対しては「そのタレントを役者として成長させる気がホントにあるの?」と疑うばかりなのです。

だって、考えてみて下さい。

特定のタレントが特定の役柄で出演した瞬間に そのドラマや映画のネタバレと同じなんです。

ひと頃はどの局でも週に一本は枠を作っていた2時間ドラマが 酷くつまらなくなって最近では激減したのも 出演者リストを見た瞬間に「あ、コイツが犯人か」って判ってしまったマンネリ・ネタバレ・キャスティングが 大きな原因のひとつなんです。

私は個別の俳優について好きだ嫌いだと このブログで述べていますが、根本的な部分は役者がどうこう以前に「単なるドラマ(映画)好きのオッサン」であるわけで ドラマを楽しもうとしているのに 見る前に制作者からネタバレをかまされるのは噴飯物なんです。


で、話を戻しますが…

「井上真央」には「気の強い女の子」以外にも 「ホームドラマ」や「怪談」で実際に演じて見せた秀逸な役柄が ちゃんとあるんです。

なのに「気の強い女の子」ばかりを求める制作者や そんな仕事を受ける事務所、似た様な役ばかりと気づきながらも「ちゃんと演じ分けている 素敵な真央ちゃん」と ただ褒め称えるだけのファン…


私は へそ曲がりなもので そんな方々を褒める気も、賛同する気も、労う気も 全くありません。


…というのが 頂戴したコメントに対する私のレスです。


で、今回 匿名にしたとはいえ 何故、非公開希望のコメントへのレスを公開上でしたかというと…


今回は たまたま「井上真央」に関してだったけど 他の俳優や女優に対しても 私は過去に たびたび、否定的感想を述べた事がある。

で、中には「好きだからこそ」述べた批判に対して ただ感情的に受け止めて文句を言うばかり

ちゃんとした日本語で 自分の感想や意見を示した上で問いかけてくれる人が あまりにも少ない事に辟易している。

今回の非公開を希望する追伸コメントに

「このような公の場に、ふさわしくない言葉」

と、述べておられるが まず言えば、このブログはクソ・ブログであって 決して立派なモンじゃ無い

だから、この方の様に 記事の内容に疑問を持たれて、それを精一杯 判りやすい文章で問いかけられた事に対しては 私は真摯に受け止めお応えしたいと思っているし、過去にも その殆どがコメントではなく、残念ながらメ-ルではあったけど、それでもそれなりに御返事申し上げてきたつもりです。

ゆえに、なんの気兼ねも必要ありません。

時間的猶予さえ頂ければ 今回の様に対応させて頂く所存なのです… という意味を あらためて他の方にも申し上げておきたかったので 半公開という形にさせて頂いた次第です。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『井上真央』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。