« 花いくさ | TOPページへ | 花いくさ 追記 »

2007年11月24日

● 神童


映画「神童」のDVDを入手したので見た。




神童


主演は

神童

「成海璃子」と


神童

「松山ケンイチ」


神童

「松山ケンイチ」に関して先に述べれば…


けっして力まず、相変わらず安定していると感じた。


変な言い方と思うが ずば抜けて絶賛したくなる様な場面や演技は あるシーンを除いて目に付かないが 逆に鼻につく様なシーンは全く無い。


それが実は素敵なところなのだが… ま、それは置いておく^^


「成海璃子」に関して言えば…


「あしたの私のつくり方」「きみにしか聞こえない」と この「神童」 立て続けに3本の映画で主役を演ずるだけでも大したモンだ…と、言うべきなんだろう。^^


神童

神童

神童

神童

この娘はホントに巧い。^^


神童

台詞が無く、表情と仕草だけで見る者に何かを伝える… 言葉で言えば簡単だし、「俳優」とか「女優」とか「役者」を名乗るのであれば これを演技で実際に出来て当たり前なのだろうけど これが出来ていない、いや 出来ないのに「自分は役者だ」と名乗る烏滸がましいのが結構いるんだな^^;

ま、それはともかく…

上の画のシーンにおける「成海璃子」の演技は秀逸だった。


で、この映画のタイトルである「神童」とは たぶん、「成海璃子」が演じた主人公の女の子が天才的ピアニストである事を意味しているのだろうけど、「女優」という意味で「成海璃子」は既に「神童」である事を考えれば この役を演じる事が出来るのは「成海璃子」か さもなくば、もう一人の「神童」と思える「福田麻由子」ぐらいのモノだろうけど…


映画を見終えて残念に思うのは その「神童」という部分の描き方が今ひとつ いや、今ふたつ…、いやいや、3つぐらい足りてない。^^;


いくつかそれらしいシーンはあったのは認めるよ


例えば、八百屋の二階でいきなり弾くシーンや 大学の展示してあった骨董品の様なピアノを弾くシーンなど


でもね、おそらくは 私に音楽的素養が無いのが最大の原因だと思うんだけど…


「成海璃子」のピアノ演奏の吹き替えと 他の役者達が演奏したピアノの吹き替えの違いが私には理解出来なかったのだ。


ゆえに、神童が演奏するピアノの調べに「素敵だなぁ」と 他者の演奏を圧する様な感動が(私には)伝わらなかった。


神童

神童

で、この点に もし、TV版「のだめカンタービレ」の演奏シーンの様な感動が少しでも伴えば たぶん、私の感想は大いに変わったかもしれないが…


神童

上の画の「成海璃子」と「松山ケンイチ」のシーンは 2人が、ピアノを弾きながら 時折、フッと笑顔を浮かべ それが実に楽しそうに感じられて良いシーンだったとは思うけど…


どうも、ラストの部分が尻切れトンボの様な感が否めず、この部分も含めて 演出・構成に大いに問題アリだと思った次第だ。


ただね、


神童

神童

「吉田日出子」と「串田和美」は その存在感といい、演技といい 実に渋く、秀逸だったし…


神童

神童

神童

「貫地谷しほり」が ちと、一皮剥けた演技を見せてくれたのにも好感を抱いた…という事を記しておかずばなるまいて^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『成海璃子』関連の記事

コメント

映画館で観終わった後の感想は「?、この後はどうなるの?」だったのですが
時間が経つにつれて「いい映画だったなぁ」って思いましてDVD買いました。
時がゆったり流れてて特にブタネコさんも書かれてる最後の2人でピアノを弾くシーンが好きです。
ずーっと「大人びてるなぁ」と思ってた成海璃子ちゃんがやっと少女に見えました。
かわいらしくて演技もしっかりしてて、これからも注目したいです。

★ まっさん さん

まっさん さんが、「きみにしか聞こえない」を見た感想を 是非、伺ってみたいです。^^

 

「きみにしか聞こえない」見逃しちゃったんですよ。
小出恵介も好きなので観たかったのですが。
ブタネコさんが誉めてるので更に気になります。
観てみます。

★ まっさん さん

そうですか、そりゃ残念です。

が、もうすぐDVD化されますんでその時にでも^^

ども、お久しぶりです^^;
Gyaoで神童の撮影をふりかえった成海璃子のインタビューがあります
20分弱とかなり長めで興味深いです、もしまだご覧になられていなかったらと、配信が
いつまでなのかよくわからなかったのでとりあえずお知らせまでと思いまして・・・
知ってたら余計なお世話ってことで^^;
http://www.gyao.jp/variety/gyaomagatv/

★ K さん

お久しぶりです。

知りませんでした、ありがとうございました。

こんにちは。
GYAOで配信されていたのを観ました。
『きみにしか聞こえない』に続き今更ですが…
これは先に漫画を読んでいたので、映画化されると知った時は、この神童をどう演じるんだろう?この成海璃子ってどんな子なんだろう?と思った事を思い出しました。
因みに、つい昨日『ハチミツとクローバー』の映画を観たのですが、この『神童』とあわせて感じた事は、
やはり、2時間なりの枠に凝縮するのは厳しいんだな…という事。
役者さんに関しては仰るとおり。
松山ケンイチも吉田日出子も串田和美もよかった~♪
そして、成海璃子は本当に凄い!!
今はいくつになったのかしら?
彼女のほかの映画ももっと観てみたいと思いました。
という事で、TUTAYAで宅配レンタルを予約しなくちゃです。
今夜は寝る前に漫画の『神童』を読み返してみようと思います。

★ mariko40 さん

この「神童」が良かった…と思われた方数人から 非公開コメントで私の感想に抗議を頂戴しているんですけど 今でも私の感想は変わっておりません。^^;

挿入されている音楽に 私にでも判る様な違いがあれば… 本当に残念です。


何に対しての抗議なのかあまりピンと来ませんが、確かに、この映画の中で使われた曲、知らない曲が殆どでした。
だから、ブタネコさんの仰るとおり、のだめ程グッと入り込めるものは無かった。
やはり『神童』だし、私達素人が日頃耳にするような曲は弾かないのかしら…
松山ケンイチが受験の日に課題曲を物凄く入り込んで見事弾き終えた時に、オオ!!と思ったのは、
映画の中で繰り返しその曲を練習しているシーンが出てきていたからで、それまで聞いた事のない曲だったし。
ただ、私もピアノは少しばかし弾くので、ピアノのシーンがあるとついまじめに観てしまうんだけど、
成海璃子はもともとピアノを弾いていたそうで、そしてこの役を演じるにあたりずいぶん練習を繰り返したそうで、そこの所は違和感なく観る事が出来ました。
私はあんなに指がすらすら動かない(ノω・、) ウゥ・・・
あんなに綺麗で可愛らしくて、そして尚且つピアノが弾けて羨ましい。
長々と失礼いたしました。
今日は『ショコラの見た世界』を観ます~♪

★ mariko40 さん

「神童」か否か そこを観客を理解が出来るのは「音」しか無いと思ったんです。^^

>今日は『ショコラの見た世界』を観ます

ほぅ、是非 感想を伺いたいですね。^^

こんにちわ。
最近、書道甲子園をTVの放映でみて、再度成海さんを発見して、昔からチョット気になっていた神童を見ました。演奏は、吹き替えが和久井むぎさんで当時10歳前後。この方自身が天才と呼ばれて折り、このピアノ演奏は美味いです。(サウンドトラックCD買っちゃいました)

で、成海さんが練習場でモーツアルトのピアノソナタ#8 No.2を演奏して、弦が切れる場面がありますが、ここの演技はなかなか上手で、本当に引いているようです。また、大学で修理中のピアノを弾く場面も、なかなか上手です。(途中同じアングルで画面の切り替わりがありますけど、ご愛嬌かな) 最後のDuetで弾く場面も松山氏の手はチョットぎこちないけど、彼女はなかなか良い。モーツアルトのピアノソナタ#8も見直しました。
 
神童の才能発揮は、コンチェルトの演奏を楽譜を貰って20分で暗譜して演奏したというところでしょうか。指揮者の顔が第三楽章になると嬉しそうでとっても良い演技です。

映画自体は、漫画を読んでおかないと、セリフも少なく、場面の状況を飲み込めませんでした。構成の失敗なんでしょうね。終わり方もチョット中途半端。

楽しい、ブログでよく見させていただいています。最近はこのブログのおかげで俳優さんの顔を覚える事が出来ています。感謝・感謝。

★ charlestonblue さん

はじめまして コメントありがとうございました。

なるほど、邦画にはよくある残念な作りで 原作マンガを読んでないと判りづらい構成だったんですね

腑に落ちました。


 

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。