« アルバム(11月16日) | TOPページへ | 歌姫 第5、6話 »

2007年11月17日

● 青と白で水色


2001年に放送された単発ドラマ「青と白で水色」のDVDを入手したので見た。




青と白で水色


主演は


青と白で水色

青と白で水色

「宮崎あおい」


青と白で水色

青と白で水色

青と白で水色

相手役が「小栗旬」


青と白で水色

青と白で水色

先生役の「小西真奈美」も含めて パッと見た感じ、最近 制作・放送された…と言われても この3人は違和感が無いのだが…


敢えてもう一度述べるけど これは2001年に放送されたドラマだという事。^^


青と白で水色

青と白で水色

青と白で水色

上の画が「蒼井優」だと知れば、「あぁ、成程…」と 御了解頂けるであろうか


このドラマでは 「宮崎あおい」と「蒼井優」は かつては仲良しだったが、今は「蒼井優」が「宮崎あおい」を虐める関係になっている設定で 虐めっ子の「蒼井優」というのも なかなか迫力がある事を見せつけられるのだが、問題は 何故、「仲良し」から「虐め」へと関係が変わったのか?という部分が 理解出来ないままなので、物語全体を見終えても 物語として「面白い」とはお世辞にも言えない。^^;。


まぁ、このドラマは「シナリオ登龍門大賞2001受賞」として制作されたものなので 脚本には未熟な粗が目立つ為、ストーリー的にどうこうと述べるは止めにするが、ちと 不思議なのは 何故、今頃になってDVD化されたの?って事。


ま、違うヒネクレた見方で考えると 今から6年前、新人脚本の受賞映像化に際して 若手のまだ無名に近い売り出し中の役者を使って映像化したのだが、出演者のうちの3人が その後、人気者になったので 便乗してDVD化したのか?…って感じ。^^


ま、そんな理由はどうであれ 個人的に興味を抱いている「小栗旬」と「蒼井優」の姿が見れるのであれば こちらとしては歓迎だ。


思うに、もし そんな想像が当たっているのだとするならば他の役者の そんな昔の出演作をドンドンDVD化して欲しいと願う次第だ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『蒼井 優』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。