« しゃべれどもしゃべれども | TOPページへ | アルバム(11月16日) »

2007年11月16日

● あしたの私のつくり方


映画「あしたの私のつくり方」のDVDを入手したので見た。




あしたの私のつくり方

「成海璃子」が主演と聞いて見たわけだが…


見て初めて、母親役に「石原真理子」がキャスティングされている事を知り、見るんじゃ無かった…と、激しく後悔した。


個人的意見ではあるが、わざわざ「石原真理子」なんかを使わなくても 他に、充分に より高度な演技を見せる女優は数多いるわけで「石原真理子」を起用する理由は 単に話題作りでしか無い。


つまり、そんな姑息な打算を盛り込まないと営業的に…と考えている時点で そんな制作者にまともな作品を作れるとは思えないからね。


内容的な部分に関しては だから、語るつもりは無いし、語るほどの物語では無い。


ただ、


あしたの私のつくり方

「小学生」


あしたの私のつくり方

「中学生」


あしたの私のつくり方

「高校生」


それぞれの学生時代を演じ分ける「成海璃子」は大したモンだと褒める他なく…


あしたの私のつくり方

あしたの私のつくり方

あしたの私のつくり方

この子の演技力を こんなクソ映画で利用するのは勿体無いだけの事と言うほか無い。^^;


あと、


あしたの私のつくり方

この映画に出演していた「前田敦子」という子に 目を惹かれたが、出来ればもう2本、せめてもう1本の別出演作を見るまでは語らずにおこうと思う。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『成海璃子』関連の記事

コメント

クソ映画、ですか……?
もし、石原真理子に拒否反応を覚えたせいだけでなく、
全体をきちんとご鑑賞されたうえでそのように評価されたのなら、
すごく意外だし残念ですね……とても好きな作品なので。
まあ、感じ方は人それぞれですが……


・最初に知った時、冗談抜きでのけぞった^^;トリビア

前田敦子演じる日南子が転校先で付き合うことになる男子高校生役の桜井通は、
「瑠璃の島」第4話ですったもんだの挙句、瑠璃にシーサーのお守りを渡したあのオスガキ

★ ゆびずもう さん

全体を見ずに「クソ映画」呼ばわりするほど私は傲慢じゃ無いですよ^^

それに ゆびずもうさんが「とても好きな作品」とお感じになられた事に対して文句を言う気もありません。

ただ、私は「~と感じた」と述べただけに過ぎませんので悪しからず。

映画やドラマ等で、自分と他人の評価が分かれるのはよくあることなのですが、
ブタネコさんの記事内では過去にそういうケースが少なかったことと、
今回、その隔たりがあまりにも大きかったことにびっくり&がっかりし、
つい余計な書き込みをしてしまいました。
普段そういう場合にしているのと同じように、軽くスルーすればよかったですね。
すみません。

★ ゆびずもう さん

>過去にそういうケースが少なかったことと

う~ん、そりゃ運が良かったのか悪かったのか判りませんが いずれにせよ こんなクソブログの記事ひとつに「がっかり」までする必要は無いかと思うし、謝る必要は無いですよ。^^;

ただ、余計な事とは思いますが「クソ映画」と表現した意味を なんとなくですが、ただ単純に受け止められて御不満に思われてるのであれば それは短絡だと申し上げたいです。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。