« 義経伝説 | TOPページへ | クワイエットルームにようこそ »

2007年11月14日

● 千歳空港(航空自衛隊編)


今まで、何度か千歳空港に行って撮影に挑んできたのだが…




【注意】 この記事に用いた写真を撮影した時期は F-15がとある事情で飛行停止の上、一斉点検の時期だった事を私が知らずに記しています。


いい加減、枚数が貯まってきたので整理を兼ねて記事にしてみようと思った次第。^^;

北海道千歳市美々 (Sorry, this address cannot be resolved.)


千歳空港は地図で見ると判る通り、真ん中を南北に走る道路を挟んで左(東)側2本と右(西)側に2本の 合計4本の滑走路が ほぼ平行に並んでいる。


地図上で見る左側は1988年まで「千歳空港」として使用されてきた滑走路で 現在は主に最も左の滑走路だけを自衛隊が使用しており、民間路線は右側の2本を「新・千歳空港」として利用しているが、4本の滑走路は中央部で接続しているので ごく希に民間機が自衛隊側の滑走路を使用する事もあるらしいが詳細を私は知らない。^^;


で、今回は 東側で離発着する自衛隊機を撮影したものを記そうと思うのだが…


千歳空港

花形である戦闘機「F-15」に関しては 何故か、私が撮影に行く日は駐機している姿はいくつもあるのだが、飛んだ姿を見た事が無い。(ToT)


このところ、よく見かけるのは


千歳空港

「T-4練習機」


千歳空港

ちなみに 上の画は着陸寸前の「T-4」(左上)と 離陸寸前の「U-125A」捜索救難機である。


この直後、


千歳空港

ひときわズングリとした「C-1」輸送機が現れ…


千歳空港

千歳空港

「U-125A」が離陸した後を追う様に「C-1」も離陸して行った。


その後は


千歳空港

千歳空港

ずっと「T-4」が数機、タッチ・アンド・ゴーを何度も繰り返し訓練していたのだが…


千歳空港

不意に同じ「T-4」でも機体カラ-の違うタイプが1機だけ着陸した。


ちなみに、「F-15」に「イ-グル」という愛称がある様に「T-4」にも「ドルフィン」という愛称があるのだが、上の紅白の機体は「レッド・ドルフィン」と呼ばれる機体で浜松基地に所属する機体と思われる。


ま、そんな機体をマグレの様に写真に撮れただけで幸運だったと喜ぶ次第。^^


千歳空港

上の画は ようやく一瞬だけ姿を捉える事が出来たUH-60の空自バージョン^^


で、最後は


千歳空港

千歳空港

千歳空港

「夕暮れに逆光のCH-47(チヌーク)三連発」


お後が宜しい様で…


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『レア機体』関連の記事

コメント

ブタネコさん ゴチですm(_ _)m

っていうか・・・最後の「夕暮れに逆光のCH-47(チヌーク)三連発」
く、く、悔しい・・・
まるで映画のようなシーンじゃないですか!
「してやったり・・・」のブタネコさんの表情が想像できます(^^;)
この写真を撮ったとき「やったね!」って思ったでしょう?(笑)
お見事です!参りました・・・m(_ _)m

でも、羨ましいなあ・・・
こんなにいろいろな飛行機が見れるんですね。
立川駐屯地はヘリばかりです(^^;)
今度 入間に行ってこようかな^^

それにしても、チヌーク・・・かっこいいです。

★ Nob さん

>やったね

実は、この3枚の写真を撮った時は 完全に逆光だったのでチヌークの機体色が判別出来なかったのと、露光に対するシャッタ-スピ-ドをアレンジして試すタイミングが判らず、ただ ヤケクソで撮ってました

けど、帰宅してPCで見た時に「あ、これはこれで良いかも」とムフフ状態でした。^^;

>「入間」

もし、私が関東圏にいるならば…

「木更津」 チヌークの宝庫なので。^^

「館山」  海上自衛隊のメッカなので

「厚木」  米軍機、それに海上自衛隊の実験飛行隊などの変わり種満載なので

この3カ所に行きたいです。^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。