« 堀北真希 in カートゥン♪ | TOPページへ | ALWAYS 続・三丁目の夕日 »

2007年11月08日

● バイオハザード3


映画「バイオハザード3」を見た。




最近、まったく このブログでは触れていないが 私はゲーマーだ(注:チーマーでは無い^^;)


バイオハザード3


この映画の基となった「バイオハザード」は全作プレイしているが 初期の1,2 そしてベロニカまでは とても斬新で面白いソフトだった。


突然、ゾンビをはじめとするクリーチャーに襲われ それを回避しつつ脱出する… 最初はそのスリルにドキドキ感を楽しみ 一度クリアした後は、強い武器が手に入るので それを用いてサクサクとクリアする爽快感を味わえたものだ。




まぁ、こういう作品を映画化するには いろいろと制約があるだろうし仕方が無いと思うのだが、映画「バイオハザード」の1を見た時 かなり雰囲気を踏襲しつつも なんか違和感を覚えていた。


で、バイオ2となり ゲーム内で登場したキャラが何人か映像に登場したわけだが 見た目はゲーム内のキャラに非常に似ていて「ほぉ」と思いつつ キャラの設定が微妙に違っている事には「う~ん」って感じで 今回の3に至り、また新たなキャラが登場したが それもまた…


ただ、さすがハリウッドだなと思えるのは 映画が始まって終わるまでが「アッ」という間の様に 中だるみ無くスピード感があった事。


日本のアクション映画は いつもどうでも良い話を盛り込みたがり、特にそんな部分が中だるむ事を考えると 見習うべき点だと思う。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『洋画』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。